FC2ブログ

詩歌句誌面

読解なくして論評あらず。

今週の「朝日歌壇」より(2021/1/24掲載)

     永田和宏選

〇  六歳は柩の中の母に向きこらえつつ言う「死んでないよね」  (亀岡市)俣野右内

 首席。
 「死の意味がようやく朧げにわかりかけてきた六歳の孫。母に向かって『死んでないよね』と、必死の問いかけが悲しい」とは、選者・永田和宏氏の涙ながらの寸評である。
 「こらえつつ言う『死んでないよね』」という、下二句の十四音が泣かせる一首である。
     朧げに死ぬとふ事の意味を知り「かあさん死ぬな!」と縋り付きたり!


〇  監督に抱きつく勝者と監督に抱かれる敗者に分かつ勝負は  (観音寺市)篠原俊則

 次席。
 「ゲーム終了時の悲喜交々のシーン。<抱きつく勝者>と<抱かれる敗者>は成程見事な把握」とは、選者・永田氏の寸評。
 過日、無観客で行われた、卓球の日本選手権の女子シングルスの決勝が石川佳純選手の勝利で終わった折に「監督に抱きつく勝者と監督に抱かれる敗者」という涙ながらの名場面が展開されましたが、毎年の暮れに京都で行われる、高校駅伝の全国大会に於いては、しばしば斯かる場面が展開されるのである。
 こうした場面は、選手や監督が男女の区別に関わらず展開されていると思われるのであるが、私・鳥羽散歩は、世間並みの常識を持ち合わせている所為なのか、特に女子選手がゴールした時に男性監督の胸に抱き付いて行ったり、抱かれたりする場面だけが目に付いて致し方がありません。
 それは兎も角として、「監督に抱かれる」と言えば、数年前にマスコミの話題となった出来事でありますが、ある大学の女子柔道選手だったか、女子レスリング選手だったかは忘れてしまいましたが、件の大学に於いては、女子選手が男性の監督に抱かれる事を代償にして全国大会出場の夢を果たしたという事でありました。
 又、大相撲のある部屋では、「部屋持ち親方の女将さんが幕下以下の力士を抱く、というスペッシャルサービス付きで、彼らを励まし、彼らの逃亡を未然に防いで居た」という話もありましたが、あれらの話の結末は如何相成ったのでありましょうか?
     自らを満たす序でに丁髷の結へぬ弟子たちをも満たすサービス!


〇  湯豆腐の湯気の向かふに妻がゐた団欒といふ貴重な時間  (高松市)島田章平

 三席。
 「湯豆腐の湯気の向こかふ妻」が居て、こちら側に夫の私が居てこそ、二人世帯の「団欒」というものが辛うじて保たれているのである。
 それなのに、あの日から十年も経たない今日の夕餉の「湯豆腐の湯気の向かふ」には、当然居るべき筈の「妻」が不在なのである!
 「ある時はありのすさびに憎かりきなくてぞ人の恋しかりける」とは、『源氏物語』桐壺の巻の所収歌であり、宮中の女官たちが、今は亡き桐壷の更衣を偲ぶ場面であるが、宮中の女官ならぬ、高松市有数の愛妻家であったと推測される島田章平さんであってみれば、「ある時はありのすさび」の憎からで思い、「なくて」の後の今日の夕餉の欠落感には、如何とも為し難い思いに囚われ、嘆かれて居られるのでありましょう。
 「今は亡き妻に対する思慕の情」を主題にした名歌は、十指に余るほど数え上げる事が可能である!
 しかしながら、寡聞にして私・鳥羽散歩は、夕餉のおかずの「湯豆腐の湯気の向かふに」という、日常茶飯事的な歌い出しを以て、愛妻の不在を確認し、愛妻の死を今更のように嘆き慕う名歌に出合わせた事はありません!
 香川県高松市にお住いの歌詠み・島田章平さんの女々しさに拍手喝采!
     ある暇のありのすさびの歌評にて言葉足らずをご容赦なされ!
 とは申せ、私は、年末から年明けに掛けてのここ数週間は、相棒のノートパソコンの不調に悩まされ、一時は、「詩歌句誌面」を廃絶しようと迄も思い詰めていたので、この度、島田章平さんの斯かる傑作に出会うを得て、大きな喜びに浸って居る次第なのであります。
 島田章平さん、いついつまでも女々しい歌を詠み続けて居て下さい!


〇  円山から市役所までの若き日のデモのコースを旅人として  (名古屋市)山西喜子

 六席。
 「清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき」なる与謝野晶子の名歌を脳裏に置いての作品ではあるが、「若き日のデモのコースを」に、作者の世相批判の思いが込められているのでありましょうか?
 そう言えば、昨今の若者たちは、春闘ともデモ行進とも無縁の生活に追い遣られているようですね!
     県庁を取り巻きて沸くデモの声「賃金上げろ!暮らしを守れ!」


〇  ひき揚げし舟の形に雪積みて裏日本とふ廃語懐しむ  (佐渡市)小林俊之

 八席。
 「ひき揚げし舟の形に雪を積む」事は、佐渡地方の正月の習俗なのでありましょうか?
 そう!そう!
 新潟県佐渡市にお住いの小林俊之さんと同様に、私・鳥羽散歩は、俗に謂うところの「裏日本」に生まれ合わせた為に、他人に明かすことが出来ないほどの辛苦を味わいました!
 小林俊之さんは、「裏日本といふ廃語懐しむ」などと、裏日本居住者らしからぬ能天気な事を仰いますが、「裏日本」という差別語は、確かに辞書や新聞・雑誌などの誌面上からは消え失せましたが、その実質は、未だに、否、永久に消え失せません!
 例えば、菅総理大臣閣下の不人気振りに付いて考察してみますと、彼には、一国を統べる事が出来るような政治家としての才質に欠けているような側面が見受けられますが、それ以上に注目するべきは、彼の生まれ在所が、東北の秋田県湯沢市秋ノ宮地区(旧・秋田県雄勝郡秋ノ宮村)という、我が国有数の僻陬の地であったという点、更には、彼の国会演説や答弁、記者会見での答弁が「ズーズー弁」として蔑まれている秋田訛りの言葉であるという点でありましょう。
 彼・菅義偉氏は、自らの生まれ在所が「人口よりも熊の数が多い」とされている僻陬の地であるが故に、彼の口から出る言葉が「ズーズー弁」であるが故に、卑しめられ蔑まれなければならないのであり、その分だけ余計に強情を張って見せたりしなければならないのでありましょう。
     法政の夜間部卒を売り物に赤い絨毯踏み締め威張る!
スポンサーサイト



今週の「朝日歌壇」より(2021/1/24掲載)

     馬場あき子選

〇  白血病癒えぬを嘆かひ息絶えし炉心近くに働きし友  (静岡市)半田豊

 首席。
 「福島第一原発一号機の炉心近くで働いていた友の死。こうした犠牲死をとげたような人々がどれだけあったことか。心打たれる」とは、選者・馬場あき子氏の寸評。
 我が国は、今から十年前に発生した東日本大震災や福島原発のメルトダウン事故に因る被災からの復旧、毎年、予め定められているようにして発生する台風に因る風水害や火山噴火に因る国土崩壊からの復旧、更には、北朝鮮に拉致された被害者の救出問題、ロシヤ相手の北方領土の返還交渉、最隣国たる韓国や中国とのぎくしゃくとした国交関係の解決等、早急に解決しなければならない数多の難問を抱えているのであり、それに加えて、昨年度新たに発生した新型コロナウイルス禍からの脱出問題なども加わって、二進も三進も行かない状態に置かれているのである。
 従って、元を糺せば<モリカケ桜総理>こと安倍晋三前総理の、2013年9月7日にアルゼンチンのブエノスアイレスで行われた<IOC総会>での「The situation is under control 」という虚偽演説から始まった<東京オリパラ大会>の開催などは、開催日をいくら延期しても到底為し得ないはずなのである。
 本作は、それらの難問の一つとしての、東京電力福島原発のメルトダウン事故の解決未然に取材した一首であり、何と驚いた事に、本作の作者の友人の一人は、あの東京電力福島原発、第一号炉の炉心近くで危険な労働を強いられたが故に、有ろう事か、白血病に罹患して生命すら虚しくした、との事である。
 であるならば、本作の「白血病癒えぬを嘆かひ息絶えし」という、上三句は、「息絶えし」作者の友は勿論の事、作者ご自身の為政者に対する怨念が込められた表現でありましょう。
 本日、2021年1月26日の午前中、私・鳥羽散歩は、腹痛に苦しみ、ここ数日故障続きのパソコンを膝に置くのを厭う余りに、気の進まないままに、NHK総合テレビで衆議院予算委員会の国会中継を観て過ごしましたが、辻元清美筆頭理事を始めとした立憲民主党側・予算委員の質問に対する菅義偉総理大臣閣下の答弁は相変らずの逃げ口上ばかりで、ただでさえ痛む腹を益々痛ませたばかりでありました。
     今は亡き友をネタにし詠んだ歌!朝日歌壇の首席入選!
 

〇  畑には鼬の頭蓋転がりて石とは違ふ色で光りぬ  (岐阜市)後藤進

 四席。
 「石とは違ふ色で光りぬ」という、下二句の観察の細かさが功を奏しての四席入選でありましょうか。
     畑には蛇の抜け殻などもあり去年の夏のこと思はする!


〇  辺野古には沖縄戦の激戦地の遺骨まじりの土砂埋め立つと  (名古屋市)福田万里子

 五席。
 文意がやや読み取り難い嫌いはありますが、一首の意は、「辺野古には沖縄戦の激戦地が在るが、今また、自公連立政権は、その辺野古の海を、遺骨まじりの土砂で埋め立てをする、という無理難題を沖縄県民に押し付けている」といったところでありましょうか?
 被災の上に更に被災を重ねしむるのが<自公連立政権>の政治ということになりましょうか!
      遺骨もて辺野古の海を埋め立つる鬼畜の如き連立政権!


〇  文化財となりたる友の邸宅に今日はお金を払って入る  (名古屋市)坂倉公子

 六席。
 私・鳥羽散歩は、気持的には、白洲次郎・正子ご夫妻を友人と思っているので、一昨年の夏に、町田のデパートに買い物に出掛けた序でに、白洲次郎・正子ご夫妻の旧邸宅まで足を運んだのでありましたが、何と驚いた事に、彼らご夫妻の邸宅は、今では、「武相荘」などという、皮肉っぽい名称を奉られて、地元・町田市の指定史跡に指定されているとかで、しこたま入場料を取られましたよ!
 でも、決して悪い気分はしませんでした!
 なにしろ、年金暮らしの貧乏人の鳥羽が、お金持ちの白洲次郎さんや正子さんにお金を恵んでやった、という気分を味わう事が出来たんですからね!
 人間なら誰しも、暮らしにゆとりが出来たら、極くたまにはそんな事をやってみたいものですね!
     武相荘!名は人柄を表すとか不愛想なる白洲ご夫妻!


〇  下野したる前川喜平は無給にて夜間中学の講師してをり  (鎌倉市)石川洋一

 七席。
 「我が国を代表する総合機械製造企業(産業用冷凍機等を生産)である<前川製作所>は、1924年に、作中の<前川喜平>氏の祖父・前川喜作氏が創業したものであり、前川喜平氏もその余禄に預かれるはずだから、<無給にて夜間中学の講師>をしたって、痛くも痒くもない筈だ!」などと口にしてしまったら、前川喜平氏に対して、余りに失礼に当たりましょう!
     下野したる鳥羽と言つたら余りにも口が過ぎやう!されど無職だ!


〇  「どちらとも言えない」というにマルがある授業アンケート用紙に見入る  (出雲市)塩田直也

 八席。
 自信たっぷりで「授業アンケート」を取ったりしたのがそもそもの間違いである。
 「どちらとも言えない」に〇をした生徒たちにも、彼らなりの忖度と遠慮と計算があっての事であり、彼らの本心をそのまま表せるならば、「塩田の授業は毒にも薬にもならない!」といったところなのかも知れませんよ!
     五限目の塩田センセの現国は少し早めの睡眠時間!

 
〇  選手らが短き昼を惜しみつつ夕陽まみれにグランド走る  (さいたま市)石塚義夫

 九席。
 一口に「選手」と言ってもピンキリであるが、他でも無く、さいたま市にお住いの石塚義夫が仰る「選手」だから、埼玉栄高等学校の相撲部員なのかも知れません?
     横綱の卵みたいなデブ達が駆けて行くのは荒川の土手!


〇  どつと来て枯木の花と咲く雀みな南向き日向ぼこせり  (前橋市)荻原葉月

 末席。
 「どっと来て」も宜しいが、「みな南向き」は更に宜しい!
    どつと来て僕らの足を洗ふ波!海を知らない群馬県民!

今週の「朝日歌壇」より(2021/1/24掲載)

     「新型コロナウイルス禍」関連作品特集

〇  襁褓してコロナ重症患者らを看護するとう夜勤看護師  (観音寺市)篠原敏則

 高野選の首席。
 「感染予防のための防護服は着脱に手間がかかる。やむを得ずオムツをして一晩中働く」とは、選者・高野公彦氏の寸評である。

 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない中、医療の最前線に身を置く看護師たちがギリギリの闘いを続けている。東京都は医療提供体制の警戒度を最高レベルの「逼迫している」に引き上げ。基幹病院は昼夜を問わず入院患者を受け入れており、使命感で献身する看護師らの疲労困憊(こんぱい)ぶりはもはや限界に近い。「夜間帯の現場は戦場」「どれだけ入院患者が増えても人員が補充されない」。悲痛な叫びは、コロナ対応の長期化と慢性的な人手不足に苦悩する医療現場の実態を示している。(三宅陽子)
都内で連日過去最多の感染者を更新していた今月中旬。入院患者は一時、40人に迫る勢いを見せ、病棟で働く看護師の数を上回った。「患者はどこまで増えていくのか」。多い時で1日10人近くを受け入れたこともある。入院患者の増加はスタッフの負担増に直結するが、人員は補充されないまま時が過ぎている。
 入院してくるのは主に高齢者で、80代や90代の姿も珍しくはない。寝たきりや認知症の人らもおり、看護師らは通常業務のほか、食事や寝起き、排泄(はいせつ)などの介助業務にも追われる。感染が疑われる症状が出て、免疫力が低下していたり、持病があったりする高齢者も受け入れており、病棟には「院内感染は決してあってはいけない」との緊張感が張り詰めている。
 夜勤はさらに過酷だ。稼働する看護師は基本4人だが、夜間帯であっても入院患者は運ばれてくる。ナースコールも鳴りやまず、「苦しい」「早く来て」といった訴えに一つ一つ対応していかなければならない。その間にも、寝返りのできない高齢者が床ずれをしないよう体の向きを変えてあげたり、トイレの介助を行ったり…と必要な仕事は次々とわいてくる。
 夕方から翌朝までの16時間近くを少しの仮眠もとれず、ノンストップで働き続けるスタッフもいる状況だ。別の病院のコロナ病棟で働く看護師の中には、夜勤帯の忙しさを見据え、「トイレに行く時間が取れないこともあるから」と、大人用のオムツをして業務に当たる人もいると聞く。
 だが、どんなに忙しくても患者の訴えを「聞き流すことはできない」と感じている。些細な要望もできる限り応えてあげたい。「この病気の怖さは本人に自覚症状がなくても急激な容体の悪化があること。医師がすぐに対応に当たっても間に合わないこともある」
 コロナに感染して亡くなった人を収容する「納体袋」に包まれた遺体を前にしたときの思いを、どう表現していいか分からない。感染患者と家族は感染防止のため、入院中は面会ができない。愛する人にみとられることも許されず、息を引き取る患者たち。訃報の知らせを受ける家族の思いを考えると、やりきれない気持ちでいっぱいになる。遺族には患者の入院時の様子や言葉を伝えてきた。
 コロナ患者の対応に明け暮れる日々の中で、自身の生活も様変わりした。感染が拡大した今春以降、ほぼ職場と家の往復を続ける。仕事から帰ればすぐに風呂場に向かい、同居する高齢の両親とは同じ部屋で過ごすことや会話もしないように努める。食事は一人、別の部屋で済ませている。
 感染防御は徹底しているが「もし家族を感染させてしまったら」との不安は消えない。入院患者らへの影響を考えれば、休みの日なども不要な外出はしないと決めている。「現場はとにかく人が足りないが、スタッフは必死にストレスに耐えながら、患者と向き合っている」。女性は切実に訴える。(以上の記事は、2020.12.20 09:20付けの『産経新聞・デジタル版』から無断転載したものである。深謝) 
 看護師が襁褓を身に付けて夜間勤務に従事している事に着目し、歌材とした点を評価しての首席入選でありましょう。
     襁褓して夜間勤務に従事する看護師たちを産経報ず!


〇  五十年連れ添う夫に初めての賀状を書けり筆先ふるふ  (市原市)脇坂百代

 次席。
 「たぶん入院中の夫にコロナ禍で面会できないから賀状を書いているのだろう」とは、選者・高野公彦氏の寸評である。
 「五十年連れ添う」と言えば、件のご夫婦は少なく見積もってもご夫妻共に七十代でありましょう。
 その点は我が家も同じような事情を抱えて居りますが、仮に私が、この新型コロナウイルス禍最中に入院したとしたら、我が連れ合いは年賀状など呉れるだろうか?
 その点に就いては、現在の私は、必ずしも確信を持っている訳ではありません!
 何故ならば、我が家では、既に十数年前から年賀状の遣り取りを廃止しているからであり、また、我が家には、夫婦間で手紙の遣り取りは勿論、メールの遣り取りをする習慣さえも無いからでありますが、その事は、私たち夫婦の愛情の深浅の問題とは一切関りがありません。
     病に臥す夫に宛てて手紙書く新派擬きの妻の芝居気!


〇  靴を脱ぐマスクを外す手を洗う部屋着に着替える 自分に帰る  (綾瀬市)小室安弘

 四席。
 本作は、「綾瀬市にお住いの平凡な中年男性(?)が、勤務先から帰宅して物心が付くまでの過程」に取材した一首であるが、私、鳥羽散歩の場合は、「玄関扉を閉める→靴を脱ぐ→両手を丁寧にアルコール消毒する→マスクを外す→外出着を含めた着衣の全てを洗濯機に入れる→INAX社製の最新型のシャワーを使う→着衣を部屋着に着替える→連れ合いに一声掛けた上で洗濯機を回す→両手を再度消毒する」といった順序で事を運ばなければ「自分に帰る」事が出来ないので、昨年の二月以来、私は、滅多矢鱈に外出したりはしないようにしている次第である!
 本作の作者がお住いの神奈川県綾瀬市は、東京都内や横浜市内への通勤者が多く、米軍基地が最寄りに在りますから、新型コロナウイルスに感染したりする危険性無しとしません!その点に就いては、よくよく注意しなければなりませんよ!
     帰宅して先ず為すべきは己が身と着衣全てを洗濯すること!
     何よりも外出したりはしないこと其処が肝要コロナ対策!
     何よりも他人とおしゃべりしないこと妻女なりとも例外ならず!


〇  第九なき師走の街を温めしストリートピアノのクリスマスソング  (相模原市)石井裕乃

 六席。
 昨今、滅多矢鱈に空港や駅構内に置かれていて、外国からの旅行客も含めた大勢の人々が、「下手な横好き」とばかりに、弾いて悦に入っている、あの「ストリートピアノ」とやらは、多分に新型コロナウイルスの感染源となっている怖れ無しとしません!
 従って、その点に就いては、よくよく注意する事が肝要である!
 そうそう、たった今、思い出したばかりなのでありますが、昨年末は、合唱団がプロ歌手だけ十人足らずの「第九」を、どこか民放のテレビで聴きました!
 年末の第九と言えば、合唱団の員数が「多ければ多いほど良し!」と言わんばかりに、素人同然の老若男女を大勢集めた合唱ばかりが例年の如く話題となっていたのでありましたが、今年のは、それとは少し趣きが違ってはおりましたが、あれはあれで、なかなか聴きごたえのある「第九」でありましたよ!
     爺婆が歓喜の声を張り上げて管弦奏者に唾を浴びせる!
     生活にゆとりがあれば入団し第九の舞台でハモりたがる!


〇  年忘れ懐石電話でキャンセルす明るい声でまたよろしゅうと  (岡山市)黒川和子
 七席。
菅義偉総理大臣閣下一押しの<Go To Eat>に便乗しての「年忘れ懐石」までは「よろしゅう」御座いましたが、「電話でキャンセルす」は、必ずしもいただけません!
 昨今は、「宴会の予約を電話一本でキャンセル」などという不届き者が続出するので、飲食業界が立ち行かなくなっている状態なんですよ!
 それに、本作のケースは、同じ電話でのキャンセルでも、固定電話でのそれではなくて、スマホを利用しての極めて安直なそれでありましょう!
     スマホもて宿泊予約をキャンセルす!失礼千万!止しときなはれ!


〇  リモートのあなたの背後に降る雪の話にはじまる首都ワシントン  (アメリカ)ソーラー康子

 永田選の四席。
 せっかく、「首都ワシントン」に居住して居ながら、敢えて西洋歌留多や売電の話題を避けようとする作者・ソーラー康子さんの政治姿勢及び趣味趣向に絶大なる拍手喝采!
     米国の初代統領ワシントン!政治姿勢は少し右寄り!


〇  メルケルの言葉の響き「ガースー」の受け狙いせし虚しき笑い  (埼玉県)島村久夫

 五席。
 「元ネタはガキ使です。プロデューサーかなんかがスガさんという方が業界語でガースーと呼ばれているため、毎年年末のガキ使で出てくる建物の名前にガースーという単語が使われています。(例えばガースー黒光り科学研究所など)今回の総理大臣が菅さんになったことから、『』ガキ使やん』とみんなが言い出してネットなどでガースー黒光り内閣という言葉がブームになりました。それを知った菅さんが自分のことをガースーと読んだ。こんな感じでしょう」とは、『YAHOOJAPAN知恵袋』に掲載されている、昨年末に、匿名の方より寄せられた「ガースーってどういう意味よ?」という質問に対する、「ID非公開さん」の回答である。
     餓鬼んこの使いより劣る菅総理!国会答弁原稿棒読み!


〇  コロナ禍に特効薬なく死者二千なほおそろしき自殺者二万  (横浜市)籾山肇

 七席。
 NHKk
 NHKの報道に依ると、昨日(2021年1月24日)現在のコロナ禍関連の死者は5120名であるとか?
 しかしながら、私の知る範囲に於いても、明らかに新型コロナウイルスに感染しての死亡であるのに、それをひた隠しにしているケースが在るので、その実数は、それに倍するかも知れません。
 その真偽は兎も角として、「120000000の中の5120」は、恐ろしいと言えば恐ろしいが、欧米諸外国と比べれば、まだまだ少な過ぎるような気がしないでもありません!
 それも兎も角として、「コロナ禍に特効薬なく」なんてフェークニュースの垂れ流し的な作品が、朝日歌壇の入選作として、新聞紙上に掲載されるとは、いよいよ末法の世到来なのかも知れません!
     コロナ禍の特効薬の有無よりも東京オリパラ中止するべし!


〇  ひとしきりマスクしたままおしゃべりし生き延びようねと別れる師走  (枚方市)小島節子

 九席。 
 ウイズコロナ社会の現実は、多分こうした調子で明け暮れているのでありましょう。
     タニマチが父親なれば東方花道横で相撲観戦!
 「千秋楽では、白いロングのワンピースに赤いヘッドの長めのネックレスにピンクのマスクでしたよね。テレビの画面の左上の角に丁度入るので気になります。マスSなのかA席なのか一番前の左。カメラと反対側な所がミソですか。優勝決定戦前にモンゴルの照ノ富士さんだっけかが貴景勝に勝った時、両手がおむすびみたいに握っていたので、だれのファンなのか…わかりませんが。ご本人様から返信来たら教えてください。相撲ファンにしてもよく時間ありますね。相席だったら誰と座るのでしょうね。山根さんでも天功さんでもいいけど親方さんの娘さんみたいな印象を持ちました~。 続報お願いしますねっ!」とは、『YAHOOJAPAN知恵袋』に<ID非公開>と仰る方から寄せられた「大相撲東方花道の横に、毎日姿勢善く観戦してみえる女性の方の情報はまだ出てきませんか?」という質問に対する<ベストアンサー>である、との事。
 そう言えば、昨日の国技館の閉会式の<内閣総理大臣杯>授与の際、菅総理大臣閣下ご本人は勿論、いつもの場所ならば、その代理として官僚か内閣関係者が登場していたのに、昨日に限って、そうした代理人さえも登場せずに、理事長がその代行をしていたみたいです。
 もしかしたら、秋田県湯沢市秋ノ宮生まれという辺陬の地に生まれ育ち、根っからの田舎者の総理の代わりに両国国技館まで足を運んで恥を曝すような奇特な官僚は誰一人として居なかったのかも知れませんね!
     人口が熊の数より少なくて凄く寂しい秋ノ宮村!


〇  看護師の母の姿に憧れし娘はナースコロナに奮闘  (坂戸市)安達順子

 馬場選の次席。
 「いまコロナ患者の治療に奮闘する看護師のルーツをみるような歌。頭がさがる」とは、選者・馬場あき子氏の寸評である。
 三越のエレベーターガールと看護婦が秋田おなごの憧れだつた!


〇  ぐにゃぐにゃとGoToトラベル続く世をはかなみもせず土を耕す  (市川市)山本明

 三席。
 ご立派です!
 馬場あき子先生ではありませんが、全く頭が下がります!
     もう直ぐに線引き変更相成りて土を耕す事も無くなる!


〇  「はづせー」と言はれ一斉にマスク取り撮影すます卒業写真  (町田市)村田知子

 佐佐木選の首席及び高野選・永田選の末席。
 「卒業生のアルバム集合写真の撮影風景。コロナ禍の時代ならではの場面」とは、選者・佐佐木幸綱氏の能天気な寸評である。
     先生が「マスク外せ!」と言つたから皆一斉に外して撮つた!


〇  使ひ捨てマスクの多き道掃除老人会もみなマスクして  (別府市)中根剛誠

 五席。
 「使ひ捨てマスク」は一度使った後、洗濯石鹸で念入りに洗えば、再度使えます!
 資源に恵まれない国土に生まれてしまった私たち日本人が、使い捨てだからと言って、一度しか使わないで捨てたりしたら、ご先祖様のバチが当たりますよ!
 で、二回か三回使った後のマスクも、古くなって除菌効果や殺菌効果が無くなったからとて、それを路上に放置したりすると、本作の作者・則ち、大分県別府市にお住いの中根剛誠さんを始めとした「老人会」の方々に迷惑を掛けるばかりでなく、資源の無駄になりますから、その点に就いてもよくよくご注意為されたし!
 使い古しの使い捨てマスクの活用法としては、スマホやタブレットやパソコンやテレビの画面を拭いたりして凄く便利に使う事が出来るんですよ!
     アルミサッシの清拭などに使ったらアベノマスクは凄く便利だ!

今週の「朝日歌壇」より(2021/1/24掲載)

     佐佐木幸綱選

〇  みなさんが思う以上に亡くなった方覚えています介護従事者は  (町田市)村田知子

 次席。
 「日常語そのままの表現がストレートに心に響く。介護施設の職員の作」とは、選者・佐佐木幸綱氏の寸評である。

〇  天井にとぐろ巻くごと雷をりてこの七日間能登に空なし  (羽咋市)北野みや子

 三席。
 「雪おこしの雷。生き物のように表現した上句、うまい」とは、選者・佐佐木氏の寸評。


〇  雪おこしの雷響む予約せしタイヤの付け替えまであと四日  (松江市)田中勝美

 四席。

〇  書き初めの練習始まる教室に三十三の「美しい心」あり  (さいたま市)菊谷伸治

 六席。

〇  レシートに榠樝は野菜と記されて買物袋に薔薇科の香り  (坂戸市)納谷香代子

 七席。

〇  おすそわけ・裏金・わいろ・忖度のスタンプ売ってる街の文具屋  (薩摩川内市)川野雄一

 八席。

〇  寝顔見て今日も一日終わったと安堵する夜わが爪を切る  (尾道市)樋口麻紀子

 九席。

〇  覚えとこう渡り廊下の風の音私のお別れ会がはじまる  (萩市)石飛加名子

 末席。

今週の「朝日歌壇」より(2021/1/24掲載)

   高野公彦選

〇  スマホよりはるかに軽きメモ用紙二枚を持ちて畑に出掛ける  (金沢市)前川久宜

 三席。
 「歌ができたら手軽にメモする」とは、選者・高野氏の寸評。

〇  カピバラが柚子湯に入る冬至かな人間吾れも三個浮かべて  (岐阜県)河村陽子

 五席。

〇  小惑星の砂持ち帰る技術あれど事故炉の内部探り切れない  (郡山市)柴崎茂

 八席。

〇  半分こする夫逝けり食べ残る蜜柑が匂ふ夜のテーブル  (一宮市)園部洋子

 九席。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

鳥羽散歩

Author:鳥羽散歩
卑しくも<詩歌ブログ>を名乗る以上は、イラストやカラー写真で以て読者に取り入ろうとしてはなりません。ましてや、田舎町の安手のレストランで食べた料理のカラー写真で以て読者を幻惑させようとするのは論外です!当ブログは、カラー写真やイラストの類の夾雑物は一切無しの<詩歌ブログ>です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

短歌 (813)
俳句 (323)
随想 (25)
詩 (8)
川柳 (18)
「朝日新聞」を読む (6)
昨日のトピック (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

designed by たけやん