fc2ブログ

archive: 2018年07月

今週の「朝日俳壇」より(2018/7/29掲載・そのⅠ)

No image

〇   蟻の列死を分解し運び去る   (筑紫野市)二宮正博 食物連鎖という奴でありましょうが、それは自然の摂理でありますから今更どうにもなりませんぞ! 長谷川選の首席。     夏休み蟻は蟬喰う蟻は蟻地獄に嵌められておジャンとなる  鳥羽散歩〇   すだ椎の大ふところに涼みゐる   (多摩市)又木淳一 千葉県匝瑳市安久山の平山家の敷地内に在る、樹齢は約千年、幹周は十m、樹高は二十五mの「すだ椎」の巨木こ...

  • 0
  • -

今週の「朝日歌壇」より(2018/7/29掲載・そのⅣ) お陰様にて詩歌部門の六位にランクされました!本ブログはただ単に戯言を書き散らすだけの事でありますから、これ以上の上位進出は望みませんが、これからも宜しくご愛読賜りたくお願い申し上げます。

No image

〇  サッカーのワールドカップサポーターほどの結集反戦に欲し  (奈良市)矢尾米一 私たち日本国民が「反戦」運動を貫き、かつ、その目的を成し遂げる為には確かに国民相互の「結集」が必要である! 然しながら、本作の作者が述べている「サッカーのワールドカップサポーターほどの結集」とは、量の問題への主張、即ち「人員と熱狂度」の問題への主張であって、質の問題への主張、即ち「戦争は絶対にしてはならない!戦争法案...

  • 0
  • -

今週の「朝日俳壇」より(2018/7/29掲載・そのⅣ) 愛読者諸氏に感謝しての特別公開!!

No image

〇   八日後ははや落蟬となる運命   (芦屋市)酒井湧水 蟬の命は僅かに七日間と言われている。 残された七日間を精一杯、命を懸けて鳴くが宜しい! 稲畑選の首席。     三日後に落武者となる光秀か   鳥羽散歩     三日後に満期になれど利子少し〇   探査機の涼しく着きし小惑星   (長岡市)内藤孝 JAXA(宇宙航空研究開発機構)が七月十九日に行った記者会見にて明らかにした最新の観測結果に依ると...

  • 0
  • -

今週の「朝日歌壇」より(2018/7/29掲載・そのⅡ) 大変お待たせ致しました!昨日はマイブログのランキングが急騰し、何と驚いたことに詩歌部門の第七位という栄誉に輝きました!是も皆様方のお蔭と深く深く感謝致します!

No image

〇  淵の辺にニッコウキスゲは霧の中音させて木道を鹿の来る  (朝霞市)青垣進 「ニッコウキスゲ」及び「木道」の二語に拠って、尾瀬湿原探索に取材した作品かと推測される。 だとしたら、「淵の辺」とは如何か? また、「音させて」とは如何か? 本作は上記二点の疑問点があるので、馬場選の首席に相応しくない凡作と判断される。     すたすたと鹿が木道駈けてゆくニッコウキスゲは霧に隠れつ  鳥羽散歩〇  大雨...

  • 0
  • -

ブログ逍遥「黒田英雄の安輝素日記」より

No image

 下掲の短歌は、孰れも「黒田英雄の安輝素日記」の「№3315・『塔』七月号・陽の当たらない名歌選2~塔を見捨てないで~ 」に掲載されている、結社誌「塔」の今年の七月号に掲載されている作品である。 私が、この度、これらの短歌に就いて触れようと思ったのは、件の記事の後書で黒田英雄氏ご自身が仰って居られるが如く、「『塔』の結社誌が、一時の低迷を抜けて、最近面白くなってきている」と思ったからである。 私は...

  • 0
  • -

今週の「朝日歌壇」より(2018/7/29掲載・そのⅠ) お待たせ致しました!

No image

〇  父の日や父ともならず戦死せし叔父の墓碑銘指先に読む  (長野県)千葉俊彦 「指先に読む」だけが取り柄の一首である。 永田選の首席。    父の日や父であること認めずに父無し子にした男を恨む  鳥羽散歩〇  「疲れた」と言えるうちはまだよくて(つかれた)をただ抱えて眠る  (国立市)佐藤建 日本全国の「疲れた族」は、安倍内閣の「働き方改革」に因ってさぞかし救われることでありましょう。 永田選の次席。...

  • 0
  • -

今週の「朝日俳壇」より(2018/7/22掲載・そのⅡ)

No image

〇   玉の汗流るる一行詩のごとく   (川口市)青柳悠 「一行詩」とは、俳句や短歌の如き一行で以って読み切り、かつ完結する詩歌である。 「玉の汗」が「一行」に流れる有様を「一行詩のごとく」と直喩表現したのである。 長谷川選の首席。     仁王門二行扁額勅願寺   鳥羽散歩〇   夏草や蕪村の越えし与謝峠   (福知山市)森井敏行 国道176号は、京都府宮津市から兵庫県丹波地方を経由して大阪府大阪市北...

  • 0
  • -

今週の「朝日俳壇」より(2018/7/22掲載・そのⅠ)

No image

〇   この齢を乗り切る汗でありにけり   (高崎市)山本春樹 願望ばっかり言って居てはなりません! 「そうは問屋は卸しません」との例しもありますよ! 稲畑選の首席。     〇   子の電話冷房入れて水飲めと   (藤沢市)小田島美紀子 事の序でに、電気料金も水道料金も支払ってくれたら宜しいのにね! 稲畑選の次席。〇   天国に増えしともがら雲の峰   (東京都)大久保白村 全く同感ですね! 稲畑選の...

  • 0
  • -

馬場あき子第七歌集『ふぶき浜』抄

No image

〇   遠きもの霞みてみえぬ春なればおぼろに置かんわれの思いも   「幽居出でて」より〇   きさらぎや逃亡の武者ひとりゆく戦記の故郷梅咲きにけり〇   水と空静謐なれば三月の心さわぎて魚ちらしけり〇   文字渉る夕べのまなこわびしきに対きて蒼ざめ立つ桜あり〇   初夏の陽に箪笥小暗く開かれぬ歩み出でゆく影かぎりなし〇   草刈りし手はほてりつつ午後におりことば生みたき疼きにも似て  「不実ぞ顕つ...

  • 0
  • -

今週の「朝日俳壇」より(2018/7/22掲載・そのⅣ)

No image

〇   曲がりても曲がりても炎ゆ夜の上海   (川越市)横山由紀子 「曲がりても曲がりても」は、単なる不眠都市「上海」の街の街路の複雑さの説明なのでありましょうか! 高山選の首席。     横車押して南沙諸島をせしめたり   鳥羽散歩〇   肋浮く釈迦もイエスも夏衣   (埼玉県宮代町)鈴木清三 痩身者みな聖者という訳ではありません。 高山選の次席。     父の名は骨皮筋右衛門角帯を三重に巻いても尺...

  • 0
  • -