fc2ブログ

archive: 2019年04月

今週の「朝日歌壇」より(2019/4/21掲載)

No image

〇 とりかへしのつかぬ過誤なり今帰仁の沖に傷もつジュゴンのむくろ  (埼玉県)酒井忠正 馬場選の首席。 「過誤」とは如何ならむ? 「過誤」と言って済ませるなんて飛んでも発奮! 是は明らかに連合政権に拠る憲法違反の犯罪であり、単なる過誤ではありません。〇 比良八荒おさまり琵琶湖は深呼吸さざ波たちは夏じたく語る  (大津市)隈元直子 佐佐木選の首席。 「波たちが夏じたくを語る」なんて嘘を言うな!なんて...

  • 0
  • -

「秋葉四郎歌集『樹氷まで』」を読む

No image

〇 十六夜の月中空に光りつつ雪ふりをれば人をしのばす〇 敗戦国の少年としてかたくなに育ちきいまだに消ゆることなし〇 街の底泡だつごとく点り来てつづまりに人は夜の灯に憩ふ〇 上山の茂吉の蛍とぶ道を恋しき光身に沁みあゆむ〇 佐太郎の生年越えていよいよに独りとぼとぼと遠き道行く〇 汽水湖のゆゑに潮目のあらはにて雨曇るした波ひかりあり〇 彼岸花咲きて茂吉の赤の冴ゆ墓までの道墓よりの道〇 競ひ合ふ蛍ら同時に...

  • 0
  • -

古雑誌を読む(りとむ・2019年1月号)二訂版

No image

〇 ふたたびの東京オリンピックまた清き日本にされゆく作業  一戸伸衣  「また清き日本にされゆく」とはよくぞ詠んだり! 安倍総理曰く、「放射性物質汚染問題も解決されたる衛生大国日本!」とか!〇 自転車のサドルに片方結び付け縄跳び少女が入れと誘ふ  松繁美吉 少女の独り遊びが一抹の哀れをもたらすのでありましょう。 〇 ホスピタル待合室の電光板株価のやうに待ち順番号        同 件の「待ち順番号」...

  • 0
  • -

「短歌人」会員、各務邦子さんの近作

No image

〇 折り込みチラシ七百グラム新聞は六百グラム元日の朝   各務邦子 「短歌人」2019年3月号より 「折り込みチラシ七百グラム」+「新聞は六百グラム」=千三百グラム! 病の床に在る、作者の体重は如何ほどでありましょうか?〇 病みてのち身の丈を知る日常に八つ手の若木枝広げたり 各務邦子 「短歌人」2019年4月号より 「八つ手の若木」は、これから益々「枝広げたり」して、身の丈を伸ばして行くのに!...

  • 0
  • -

今週の「朝日歌壇」より(2019/4/14掲載)

No image

〇 三月に百十歳を無事迎へ母は五月の改元を待つ  (西宮市)小田部桂子 結果的には平成年間最後の「三月に百十歳を無事迎へ」としても、大正・昭和・平成と三代に亘る百十年間には、震災・戦火・不景気・近親者の死没などと、必ずしも「無事」とは言えない苦難の日々が在ったものと思われます。 それはともかくとして、西宮市の小田部桂子さんのお母堂様に於かれましては、この三月の百十歳のお誕生日、真にお目出とうござい...

  • 0
  • -

今週の「朝日歌壇」より(2019/4/14掲載)

No image

〇 いかなごの親でも子でもなきわれがくぎ煮の姿勢で不漁を詫びる  (宝塚市)萩尾亜矢子 「いかなご」は三年から四年かけて二十㎝くらいまで成長するのであるが、未だ体長十cm程度の一年魚が、集魚灯を用いた敷網漁や定置網漁、船曳網に拠って捕獲されて「くぎ煮」にされるのである。 「いかなごの親でも子でもなきわれが」という上の三句の叙述は、其処の辺りの塩梅を面白可笑しく捉え、ユーモアセンスに溢れた表現となっ...

  • 0
  • -

今週の「朝日歌壇」より(2019/4/14掲載・決定版)

No image

〇 ユーミンと竹内まりや聴く朝は昭和がしみる平成が行く  (新居浜市)高津美代子 人さまざまであり、好みの問題ではありましょうが、「ユーミン」と「竹内まりや」を同列に扱うのは如何でありましょうか? また、「昭和がしみる」と言い、「平成が行く」とも言う! こうした欲張りな表現は、「改元に便乗して何が何でも入選しよう」とする、自らの軽薄さを暴露しているだけの事である。 嗚呼!永田選の首席。  ナベツネ...

  • 0
  • -

古雑誌を読む(短歌研究・2019年3月号)

No image

 短歌総合誌「短歌研究」三月号の<恒例企画>は、「現代代表女性歌人・140人作品集」と銘打っての豪華版である。 各人7首ずつ、総計980首の秀作を読むことが出来るとなれば、私・鳥羽散歩としても勇躍、全980首の短歌作品を、目を皿のようにして読まざるを得ません。〇 年を経て棘うしなひし柊がまろき人語に囲まれてゐる  春日真木子(水甕)〇 いづれ巨大地震の起る列島に永く生きたるも恵のひとつ  尾崎左永...

  • 0
  • -

「栗木京子第十歌集『ランプの精』」再読

No image

〇  半身をけむりのやうになびかせて秋の夜ランプの精出で来ずや〇  戻りなさいと言へばランプの内に消ゆる薄むらさきの秋の恋ごころ〇  筋書きの濃きミステリを読みさして駱駝のまつげふと思ひたり〇  手下ひとり欲しくなりたり月の夜にコンビニおでん買ひにゆくとき〇  土井さんのくちびる赤し男なら「憲法と結婚した」とは言はれず〇  君よりも君の辺にゐしとほき日のわれが愛しも花蘇芳咲く〇  ストローで作りし...

  • 0
  • -

新元号「令和」決定を祝して

No image

〇  新元号「令和」と決まる 敢へて言ふ「令和」の<令>は<冷>にはあらず  鳥羽散歩〇  新元号「令和」と決まる 敢へて問ふ<れい>の二音の<零>にあらずや〇  新元号「令和」と決定 案ずるに<令和>の<令>は<励>にも通ず〇  新元号「令和」の<令>は<冷>ならず <零>にも<霊>にも<励>にもあらず〇  新しき元号決まる 出典は万葉集の詞書なりと〇  初春のつき令令と輝きて民和やかに国とこし...

  • 0
  • -