FC2ブログ

詩歌句誌面

読解なくして論評あらず。

今週の「朝日歌壇」より(2020/4/26掲載)「新型コロナウイルス禍」特集   川口の角上魚類で売つてゐるギバサ恋しきこの頃である

     「新型コロナウイルス禍」特集

〇  おろされたシャッターつづく商店街みんな呼吸をやめてしまった  (さいたま市)丹羽祥子

 佐佐木選の首席と馬場選の次席。
 佐佐木選・全十首<新型コロナウイルス禍>関連の作品として鑑賞させて頂きます。
 「みんな呼吸をやめてしまった」のは、「商店街」である。
 即ち、買い物客が訪れない「商店街」は<死に体>なのである。
      降ろされたシャッター磨いてサビ落しペンキ絵を描く専門校生
      見渡せば鴉ニ、三羽ゴミ漁り閑散とせり浦和駅前
      伊勢丹は地下一階の食関連コーナーのみの限定営業
      秋田新幹線の到着を待つ間大宮駅であおる燗酒
      川口の角上魚類で売つてゐるギバサ恋しきこの頃である


〇  厄除けの火の粉あびたき人らゐてマスクマスクの東大寺の宵  (越前市)内藤丈子  

 佐佐木選の次席。
 コロナ感染の危険をも顧みず、「厄除けの火の粉あびたき」とは、真に信心深き講集団の方々でありますことよ!
      厄除けの火の粉浴びたるお蔭にてコロナ感染せぬか講中  鳥羽散歩
      厄除けの火の粉浴びても新型のコロナウイルス浴びてはならぬ


〇  外出をやめた日曜雪集めはしゃぐ子を見る降ってよかった  (相模原市)岩村美樹

 三席。
 「降ってよかった」とまで言うんかい!
 ならば、子煩悩ママの岩村美樹さんに申し付けるが、事の序でにカマクラでも作って甘酒でも沸かしたら如何ですか!
     喫煙もお酒飲むこと知つたのもみんな横手の鎌倉時代!  鳥羽散歩
     喫煙も性の秘密を知つたのもみんなあの冬カマクラの中!
     梵天の担ぎ手たちは泥酔し往来人に狼藉三昧


〇  昼日中球蹴る少年の背中に少し怒りがにじむ  (中津市)瀬口美子

 四席。
 件の少年」が「球蹴る」事に集中出来ないのも、胸中に<コロナ感染者になるかも知れない>という危惧を抱いているからでありましょう。
     二メートル以上離れて球を蹴る!濃厚接触する惧れ無し!  鳥羽散歩
     球を蹴る!壁に向かつて球を蹴る!濃厚接触惧れつつ蹴る!


〇  風に飛ぶ落ち葉に紛れ三匹の天狗蝶飛ぶ三月の谷  (熊谷市)内野修

 五席。
 折りが折りだけに、「三匹の天狗蝶が三月の谷を飛び舞うのも何かの諭しではないか?」などと思ったりもする、熊谷市の住人・内野修さん作のコロナ禍関連の一首である。
     風に飛ぶ落ち葉紛れに三匹の侍たちのコロナ感染  鳥羽散歩
     風に飛ぶ落ち葉隠れに空を往く米海軍の艦載機かも


〇  目のかぎり広がる春のぶどう棚雲の影のみゆっくり移る  (アメリカ)ソーラー泰子

 六席。
 折りが折りだけに、「目のかぎり広がる春のぶどう棚を雲の影のみがゆっくり移るのも、トランプ大統領が新型コロナウイルス禍対策を誤ったが故ではないか?」と思う、USA住いのソーラー泰子さんなのである。.
     目の限り広がる葡萄棚にさへ影を映して飛ぶかウイルス!  鳥羽散歩
     隔離とは孤絶を強ひる事ならず弱者介護の便法である


〇  曲がりたる先にも赤く続きをり地蔵菩薩の前掛けの列  (可児市)前川泰信

 七席。
 新型コロナウイルス感染を危惧する話題でもちきりの寄り合いからの帰り道に目にした光景であっただけに、件の「曲がりたる先にも赤く続いていた地蔵菩薩の前掛けの列」は、可児市にお住いの前川泰信さんにとっては、普段の日より余計薄気味悪い光景であったに違いありません。
 斯く申す私も、格別に親しくして居た親戚の者に先立たれて涙また涙に暮れていた頃、秋田県仙北郡美郷町六郷集落にて、本作に描かれている光景と瓜二つの光景に出会った事がありますから、前川泰信さんのお気持ちの程はよく解り、他所事とは思われません。
     六郷の美佐小母さんに亡くなられ涙に暮れてゐた頃の吾  鳥羽散歩
     肺癌に命取られし叔父さんの墓に供ふるマイルドセブン


〇  新しき人は黒髪ひっつめて糊利くスーツでパリッと笑う  (倉敷市)山河初實

 八席。
 さすがに「新しき人」ともなれば、私たち先の短い高齢者とはマルキシ異なり、新型コロナウイルス禍感染などは何一つ気にすることなく、「黒髪ひっつめて糊利くスーツ」なんかで粧し込み、時折り「パリッ笑う」んですね!
     この時期に糊利くスーツで粧し込みパリッと笑ふヤツが居たとは  鳥羽散歩
     黒髪をひつつめにして就活の会社訪問ひたすらならむ


〇  ひと頃の庄屋屋敷は荒れ果てて野ばらからまる競売の札  (鴻巣市)佐藤富子

 九席。
 「ひと頃の庄屋屋敷は」とありますが、是はあまりにも言葉足らずで、作者の意図するところがよく解りませんが、或いは、「一時期、庄屋屋敷として町の人々から特別視されていた、茅葺屋根・入母屋造りの古い建物は」という意味でありましょうか?
 それはそれとして、時期が時期だけに、「荒れ果てて野ばらからまる(かつての)庄屋屋敷」に、「競売の札」が立つのは、よく在る事でありましょう。
 たが、新型コロナウイルス禍ゆえに不景気風の吹くのこの数ヶ月間は、いくら販売価格を下げても買い手が現れないことでありましょう。
     鴻巣の庄屋屋敷の荒れ果てつ「売り物です」との立札の立つ  鳥羽散歩
 「荒れ果てて」としないで「荒れ果てつ」と三句切れにした辺りの手際の宜しさは、詠み手の鳥羽散歩も、マルキシの素人と言えませんね!
 なんちゃって、自分で自分が詠んだ歌を褒めてたら、何のお世話もありませんよね!


〇  妻の逝きし病室を出づ夜の窓に映る列車の灯の懐かしき  (鹿沼市)石島崇男

 末席。
 新型コロナウイルス禍騒動のこの時期だけに、鹿沼市にお住いの本作の作者・石島崇男さんにとっては、たとえほんの小一時間であったとしても、死亡診断書の出来上がるまで、「妻の逝きし病室」にたった一人で居ることは、他人には解らないような辛いことであったに違いありません。
 従って、彼・石島さんが「妻の逝きし病室」を出たのは、斯く申す、私・鳥羽散歩の理解し得る範囲の事であり、たまたまの出来事とは言え、その時に、病院の廊下の「夜の窓に映る列車の灯」に懐かしさを感じたのは、極めて自然的、且つ、人間的な感情の発露かと思われます。
 とは言え、下の三句を「夜の窓に映る列車の灯の懐かしき」と、先人の手垢塗れの語句を用いて、無難に収めたあたりには、石川啄木流儀のセンチメンタリスムが感じられて、私・鳥羽散歩としては、それ程にも、高く評価する気にはなりません。
     せつなくて病室出づる吾の目に映る夜汽車の灯の懐かしさよ  鳥羽散歩
 是も亦、例の石川啄木流儀ってヤツですね!


〇  自粛令余命宣告されしごと店主の呻く「もって半年」  (水戸市)中原千絵子

 馬場選の三席。
 「もって三年」と、単刀直入に言って収めた辺りの手際の宜しさに感服させていただきました。.
     「穀蔵の籾激減」と父祖の筆 奥州飢渇の天明年間  鳥羽散歩     


〇  キッチンで春が爆発しています鍋いっぱいに作るふき味噌  (新潟市)太田千鶴子

 四席。
 「キッチンで春が爆発しています」との上の句は、単に「ふき味噌」を作るストウブの鍋が煮え滾っている様を洒落めかして言っただけでは無くて、安倍政権に因る、時ならぬ「緊急事態宣言」の発令に鬱屈する作者ご自身の気分をも合わせて表現しようとしたのでありましょう。
 また、時期が時期だけに、「鍋いっぱいに作るふき味噌」は、イオンモールに買い出しに行く事が出来ない期間の保存食でありましょう。
     トイレにて春子のお尻が爆発す!「出た!出た、やつと!」と春子の喜悦!  鳥羽散歩


〇  豆を煮るブツブツ不満の音がするわたしの心の屈託を煮る  (徳島市)上田由美子

 五席。
       煮豆燃豆萁  
       豆在釜中泣
       本是同根生  
       相煎何太急
 「豆を煮るに豆がらを燃やす。豆は釜中に在りて泣く。本は是れ同根に生ぜしに、相い煮ること何ぞはなはだ急なる」とは、曹操の後継者となった曹丕が、卓越した文才を以て知られた弟の曹操に命じて創らせた五言古詩であるが、徳島市にお住いの上田由美子さんが上掲の一首を詠まれるに当たっても、この五言古詩を脳裏に.置かれていたに違いありません。
 一首の意は、「私は今、大豆を煮ているのであり、私に煮られている大豆は、何の不満があっての事なのかは知らないが、ストウブの分厚い鍋の中でブツブツと不満を漏らすかの如く音を立てて煮え滾っている。しかし乍ら、よくよく思案してみると、私は大豆を煮ているのでは無くて、自らの心に兆している屈託を煮ているのかも知れない」といったところであり、当然の事ながら「屈託」とは、「緊急事態宣言」発令下のそれを指して謂うのでありましょう。
     豆を煮る!吾の心の屈託をストウブの鍋に入れて煮てゐる!  鳥羽散歩
 「豆を煮る時の鍋は、どうしても<ストウブの鍋>でなくてはならないんですか?」などとの幼稚な質問をしてはいけません。


〇  最後までコントか本当か分からない手品のように消えたおじさん  (大阪市)澤田佳世子

 六席。
 この際は、本作が「志村けん」ネタの一首である事を指摘するだけに止めておきましょう。
     志村けん!根がバカだからバカ殿を自然流にて演じて居たり!  鳥羽散歩
     莫大な遺産残せる志村けん!都の財産に編入したい!


〇  彼こそは「変なおじさん」そのもので志村けんさんコロナに死する  (愛知県)清水将一

 七席。
 本作も亦、自然流バカ殿様の志村けんネタの一首であり、それ以外に申し添えるものはありません。
     <けん>こそは「バカな殿様」そのもので常の暮らしもバカ演じてた  鳥羽散歩


〇  コロナ禍に世界が結束する時に哀しチャドでの襲撃の記事  (石川県)瀧上裕幸

 八席。
 作中の「チャドでの襲撃」とは「チャド湖付近でボコ・ハラムの襲撃により軍人6名死亡」事件を指して謂うのであり、「コロナ禍に世界が結束する」べきこの時期に発生した事件としては、やや印象が薄く、且つ、規模が小さ過ぎるので、<新型コロナウイルス禍>と対比させるには、バランスを欠いていると言わざる得ません。
 人間の命は尊くて、「一億人死んだから哀しい」とか、「死者が軍人で、しかも、たったの六人だったから悲しいというには値しない」などとは言えないのかも知れません!
 本作の作者の瀧上裕幸さんは、今やトレンドの<新型コロナウイルス禍>を題材として、少しはカッコいい歌を詠みたいと思うあまりに、件の「チャドでの襲撃の記事」を持ち出したのでありましょう!
 だが、彼の冒険的な試みは、必ずしも成功しているとは言えません。
     傭兵が六人死んだら悲しくて一人死んでも悲しくないか?  鳥羽散歩


〇  武蔵野に生まれし孫を二ケ月も未だに抱けぬ新型コロナ  (昭島市)篠原優子

 九席。
 三句目以下が「二ケ月も未だに抱けぬ新型コロナ」となっているが「未だに」は不要であり、「新型コロナなる存在が武蔵野生まれの孫を二ケ月も抱けないでいる」と誤読される惧れ無しとしません。
 更に付け加えて指摘するならば、「武蔵野に」は不要かと思われる。
 何故ならば、「武蔵野に生まれようとベネズエラに生まれようと、孫というものは可愛いものであり、抱きたくなるものである」からである。
     『武蔵野』に独歩記せる森林の開発されて団地となりぬ  鳥羽散歩


〇  疫病に閉じ込められて過ごす日々人間力をためされている  (相模原市)三木涼子

 高野選の次席。
 出勤や通学や買い物の為の外出しないで自宅に籠っている事で以て、私たちが「人間力をためされている」のであるとしたら、私・鳥羽散歩などは、人間力所有のチャンピオンなのかも知れません。
 何事をするにしても同じ事でありますが、あまりにも大袈裟に構えてすると失敗に終わるものですよ!
     疫病神の吾は尻尾を掴まえた君は頭を掴まえてくれ  鳥羽散歩


〇  預かりて二歳を耳鼻科に七歳を歯科につれゆき妻は早寝す  (茅ケ崎市)大川哲雄

 三席。
 斯かる二歳児や七歳児を称して「<帰宅児童>ならぬ<寄託児童>」と言うのでありましょう。
 但し、両親の親元に寄託された児童はあまりにも可愛がられますから、かえって、成長の妨げになるかも知れません。
     預かりて連勝単式千円と複勝式を百万円分買ふ  鳥羽散歩
 私にお金を預けた彼は、銀行レースと思って複勝式<6─11>を1000000円分も買わせようとしたのでありましょうが、<どうせ的中するはずがありませんから、1000000円を飲んでしまおうか!>などと思ったりもします。


〇  学祭で娘が扮ししバカ殿は語り草です さよなら志村さん  (堺市)梶田有紀子

 四席。
 「学祭で娘が扮ししバカ殿は語り草です」なんて、親馬鹿チャンリンもいいとこ!
 語り草になっているのは、梶田有紀子さんの親馬鹿チャンリンぶりではありませんか!
      学祭で女だてらにバカ殿を演じた挙句停学処分  鳥羽散歩


〇  金ダライすいか早食いヒゲダンス今こそ欲しい茶の間の笑い  (所沢市)木村佑

 五席。
 「茶の間の笑い」がその程度だから、隣り近所から「キムユウんちは馬鹿者一家だ!」なんて言われてて後ろ指差されてんですよ!
     『仮名手本忠臣蔵』の七段目『祇園一力茶屋の場』を観た!  鳥羽散歩
     寺岡がお軽を犠牲に討ち入りのメンバー入りを秘かに謀る!


〇  会見の首相は壮語し自己に酔ふ森友搦みの自殺他人事  (京都市)森谷弘志

 六席。
 「森友搦みの自殺」を「他人事」にするなんて事はまだまだ序の口!
 何と驚いた事に、彼の元・副校長先生が、遊び仲間を50人も連れて、しかも、同行者の中には<変態ドクター>として知られた松久某も居たりして、九州は大分の宇佐神宮参詣と称して、ドンチャン騒ぎの観光旅行をしてんですよ!
      松久某!<変態ドクター>自称して患者アキエとお医者さんごっこ!  鳥羽散歩


〇  選者らは「三つの密」を避けながら数千の歌いかに捌くか  (三鷹市)大谷トミ子

 永田選の首席。
 「数千の歌いかに捌くか」なんちゃってるけど、自分はチャッカリ首席入選してんじゃん!
      選者らも「三つの密」を避けるべく在宅選歌をしてるんだとさ!  鳥羽散歩


〇  ウイルスの世界中の広まりに自分だけはないと考えている  (さいたま市)高橋健興

 次席。
 「自分だけはないと考えている」のは、お医者さんゴッコを遣らかしたアキエ夫人ばっか!
     新型のコロナウイルス飛んで行け!アキエ営む居酒屋の方!


〇  積もりたる借金返す思いにて『資本論(一)』を読み始めたり  (八尾市)水野一也

 三席。
 『資本論』ならまだしも『資本論(一)』と来たからには、是はカンペキに遣らせだね!
     資本論!それもそうだい資本論!これカンペキに遣らせなんだね!  鳥羽散歩


〇  辛い時あんなに笑はせてはくれた父も志村けんも居ないこれから  (さいたま市)齋藤紀子

 四席。
 さて、さいたま市にお住いの齋藤紀子さんは「辛い時あんなに笑はせてはくれた父も志村けんも居ないこれから」を如何にして過ごしになられるのでありましょうか?
     父そして志村けんをも吾が胸に抱いて過ごす人生百年!  鳥羽散歩


〇  ことあれば否応なくて覚える字自粛の「粛」と忖度の「忖」  (半田市)石橋美津子

 六席。
 「こと」とは何か?
 何を基準にして「こと」と認定するのか?
 私の認識するところに拠りますと、<モリカケへの忖度>や<コロナ自粛>に限らず、彼の為す事の全てが「こと」なのである!
     彼の為す事の全てが「こと」であり「こと」で無い事一個だに無し  鳥羽散歩


〇  妻が言う「これで良いわね」コロナ禍の道の辺で観る今年のさくら  (佐倉市)北村耕三

 「道の辺に清水流るる柳陰しばしとてこそ立ちどまりつれ」とは、彼の歌僧・西行法師作の一首である。
 彼曰く、「私は、必ずしも何か目的があってここに立ち止まっているのではない。ただこの道端に流れる小川のせせらぎと小川の畔に立つ柳の影が涼しくて、しばらくの間、ここに立ち止まっているだけなのである」と!
 であるならば、「コロナ禍の道の辺で観る今年のさくら」を掴まえて、「これで良いわね」と言う、妻の言葉をも佳しとしなければなりませんね!
 七席。
     妻曰く「上野公園つまんない!ここで観ようね!今年の桜!」  鳥羽散歩

 
〇  振り向けば先生猶も見詰めおり荒れにしわれらの卒業の日に  (横須賀市)森田行光

 八席。
 「荒れにしわれらの卒業の日」であるだけに、「振り向けば先生猶も見詰め」おるのでありましょう。
     そんなこと知つてて俺は言つてんだ!鳥羽さんなんて余計なお世話!  鳥羽散歩


〇  七列目で見わたしてみる三限目みんな寝ていた朝の数学  (大阪府)大引杏子

 末席。
 普段なら五人掛けのところを二人掛け!
 しかも一列置きの七列目だから、前に居る受講者はたった四人だけ!
 その四人が四人とも眠っていた、三限目の朝の数学!
 大阪府にお住いの大引杏子さんが在籍している大学の一時限目は、午前五時に開講しているのでありましょうか?
     元々の在籍学生過少にて三密の惧れカンペキに無し!  鳥羽散歩
スポンサーサイト



今週の「朝日俳壇」より(2020/4/26掲載)

     長谷川櫂選

〇   九十九が百歳となる遅日かな  (岡崎市)沢博史

 首席。
 日の経つのが遅かろうが速かろうが、九十九歳の人が誕生日を迎えると百歳になるのは当然のことではありませんか!
 それはそれとして、今から四半世紀ほど前ならば、百歳になると、村役場からお祝いの使者が駆け付け、「金・百万円、贈呈致します」との、目録を下げ渡されたものでありますが、沢博史さんがお住いの愛知県岡崎市に於かれましては、そうした良き習慣が残存して居ないでありましょうか?
 冗談はこれくらいにして、本音を申し上げますが、傍から見ると、私たち高齢者の生活は、眠っているのか醒めているのか判らないようなうつらうつらした状態にありますが、ましてや日の長い春日ともなるとそうした状態が増大します。
 春日の毎日をうつらうつらと過ごす高齢者の思いを充分に表現し得た佳作!として鑑賞させていただきました。
     金十万!手にする日をば待ち侘びてうつらうつらと過ごす春日!  鳥羽散歩
     マスク来ず!十万円はまして来ず!国会審議待たるる昨今!


〇   フクシマの巨大焼糞冬ざるる  (いわき市)馬目空

 次席。
 「フクシマ」と言い、「巨大焼糞」とも言い、加えて「冬ざるる」とまで言う!
 殊更に被災者意識を売り物にしただけの作品である。
     福島に注ぎ込まれたる税金は原発設置の見返りならむ!  鳥羽散歩
 福島県はつい先日まで、「うつくしま.福島」を売り物にしていたんじゃないか!
 それを忘れて、今になって<被災地・フクシマ>を売り物にするとは!


〇   花八分朝乃山とは佳き四股名  (高岡市)大山一郎

 三席。
 昨日、大相撲夏場所の新番付が発表されましたが、夏場所は、仮に開催されたとしても、前場所同様の「無観客場所」になること必至!
      村八分!生れ故郷に帰れないままに身を引く力士もあらむ!  鳥羽散歩


〇   福島を離れたままの春惜しむ  (福島県伊達市)佐藤茂

 六席。
 またもや「福島」か!
 「福島を離れたままの春惜しむ」ってか!
 で、それがどうしたってんだよ!
      故郷を離れたままの春惜しむ!出稼ぎもんの思いは同じ!  鳥羽散歩


〇   塗り替へてあとは気長に待つ巣箱  (栃木県壬生町)あらゐひとし

 八席。
  「細工は流流仕上げを御覧じろ!」と言った次第でありましょうか!
 作者がお住いの栃木県は関東地方に在りながらは、様々なる側面で<ゆっくり急がず>といった傾向を示していますので、件の<緊急事態宣言>などとは関わりなく、大方の人々が「あとは気長に待つ」といった生活をしているのでありましょう。
     塗り替えて再び三度使用する<アベノミクス>は目糞鼻糞!  鳥羽散歩
     毛髪が着いていたとかゴミだとか<アベノマスク>は不潔千万!


〇   万歩計四五歩で出会ふ春の風  (東京都)久塚謙一

 九席。
 「四五歩で出会ふ春の風」とは仰いますが、その「春の風」が新型コロナウイルスを運んで来るのではありませんか!
     シャンゼリゼ歩めば直ぐに出会へるは犬の糞かも人間のかも?  鳥羽散歩


〇   チューリップいい人はすぐ忘れられ  (川越市)渡邉隆

 末席。
 チューリップは花の盛りが短いから直ぐに忘れられてしまうのであり、「いい人」も亦………………!
     強烈な匂ひを放つ鬱金香!カザフスタンで開発された?  鳥羽散歩

今週の「朝日俳壇」より(2020/4/26掲載)

     大串章選

〇   春風と長き吊橋わたりけり  (交野市)西向聡

 次席。
 「春風に押されて」でも無ければ、ましてや「春風に逆らって」でもありません!
 彼は今しも<悠揚迫らず>に、折からの「春風」と共に、長い長い「吊橋」を渡ったのである。
 そうした彼の余裕ある姿を目にしていると、悪戯好きの私は、「いよー、千両役者!さすが、交野市民だけの事はあるねー!」だなんて、嫉妬半分、悪戯心半分の掛け声を掛けてやりたくなるのである。
     春風馬堤曲 (謝蕪邨)
 余、一日耆老を故園に問ふ。澱水を渡り馬堤を過ぐ。たまたま女の郷に帰省する者に逢ふ。先後して行くこと数里、相顧みて語る。容姿嬋娟として癡情憐むべし。因りて歌曲十八首を製し、女に代りて意を述ぶ。題して春風馬堤曲と曰ふ。
     春風馬堤曲十八首
 ○ やぶ入や浪花を出て長柄川。 
 ○ 春風や堤長うして家遠し。 
 ○ 堤より下りて芳草を摘めば荊と棘と路を塞ぐ。荊棘の何ぞ無情なるをや。裙を裂き且つ股を傷つく。 
 ○ 渓流の石点々、石を踏んで香芹を撮る。多謝す水上の石、儂をして裙を沾らさざらしむ。 
 ○ 一軒の茶見世の柳老にけり。 
 ○ 茶店の老婆子、儂を見て慇懃に無恙を賀し、且つ儂が春衣を美む。 
 ○ 店中に二客あり、能く江南の語を解す。酒銭三を擲ち、我を迎へ榻を譲りて去る。
 ○ 古駅三両家、猫児妻を呼ぶ。妻来らず。 
 ○ 雛を呼ぶ籬外の鶏の籬外の草地に満つ。雛飛びて籬を越えんと欲するも、籬高うして堕つること三四。 
 ○ 春艸路三叉中に捷径ありて我を迎ふ 
 ○ たんぽぽ花咲けり三々五々。五々は黄に三々は白し。記得す去年此の路よりす。 
 ○ 憐みとる蒲英茎短こうして乳を浥せり。 
 ○ 昔昔しきりにおもふ慈母の恩。慈母の懐袍、別に春あり。 
 ○ 春あり成長して浪花にあり。梅は白し浪花橋辺財主の家。春情まなび得たり浪花風流。
 ○ 郷を辞し弟に負く身三春。本を忘れ末を取る接木の梅。 
 ○ 故郷春深し行々て又行々、楊柳長堤道漸くくだれり。
 ○ 矯首はじめて見る故園の家。黄昏戸に倚る白髪の人、弟を抱き我を待つ。春又春。 
 ○ 君見ずや古人太祗が句    薮入りの寝るやひとりの親の側
     藪入りや東京バナナを手土産に  鳥羽散歩
     藪入りや亀屋のナポナを背に負ひて
     朔太郎大渡橋渡らずも三好達治は踏み石の上 
    

〇   老幹も若木も同じ花咲かせ  (広島市)谷口一好

 五席。
 私・鳥羽散歩も老幹の身の上であれば、真実「同じ花を咲かせたい」と思うのでありますが、そうは問屋は卸しません。
     老幹も若木も同じ花咲かせ七十過ぎまで働くのかい!  鳥羽散歩
     国民総活躍時代到来し安倍氏居座る総理の椅子に


〇   病室の母臥す窓や花吹雪  (立川市)星野芳司

 六席。
 この世の中に在る窓は、凡そ、数百億、数千億の多きを数えましょうが、老母の臥す病室の窓ほど有り難い窓はありません!
     老母臥す病窓はるか見渡せば多摩川の見ゆ水鳥遊ぶ  鳥羽散歩
     またや見む多摩のせせらぎ花吹雪今日の名残りの吟醸酌まむ


〇   断崖に初蝶の影とまどへり  (熊谷市)内野修

 八席。
 「初蝶」にあらずして「初蝶の影」であり、しかも、その「初蝶の影」たるや「断崖」を目前にして「とまどへり」なのである!
 彼の猛暑の街・.熊谷市民、内野修さんの何と云う手際の宜しさよ!
    断崖を前に課長の戸惑へり文書改竄責任の沙汰  鳥羽散歩
    断崖に立ちてしばしも戸惑はず藤村操巌頭之感


〇   風車風に命を吹き込まれ  (千葉市)鈴木一成

 九席。
 彼の下北の恐山のお地蔵様が手にした「風車」さえも「風に命を吹き込まれ」て、くるくるくるくるくるくると、何時何時までも回り続けているのでありました。
     恐山、地蔵菩薩の風車、風に命を吹き返すかな  鳥羽散歩   

今週の「朝日俳壇」より(2020/4/26掲載)

     稲畑汀子選

〇   住み古りし最果ての地よ鐘おぼろ  (平戸市)辻美彌子

 稲畑選の三席。
 「住めば都」ではありませんか!
     切支丹伴天連禁教令!慶長年間二度も発令!  鳥羽散歩


〇   花散るよ流るる月日また疾く  (大阪市)森田幸夫

 五席。
 「月日また疾く」とは、結果論なのである。
     散るよ散る!チルチルミチルの道しるべ!梨の花散るこの夕べかも!  鳥羽散歩  


〇   わが朝寝健康法の一つなり  (高松市)飛田久子

 六席。
 なるほど、飛田さんの仰せの如く、「朝寝」も「健康法の一つ」なのかも知れませんね!
 何せ、世相がこんな世相ですからね!
     ふて寝また健康法の一つかも?おさんどん止めしてみろふて寝!  鳥羽散歩


〇   落椿ベンチに休む老夫婦  (宝塚市)友松悦子

 七席。
 「落椿」と「ベンチに休む老夫婦」とでは、あまりにも付き過ぎではありませんか?
     今日も亦ベンチで休む秋山にメールで叱咤激励しろよ!  鳥羽散歩
     喜多さんが秋山不振にやきもきし写真ブログの更新出来ぬ!


〇   エープリルフールに俳句入門す  (山梨県富士河口湖町)渡辺安裕

 八席。
 「私こと、渡辺安広は、貴俳句会に入会させて頂きたくお願い申し上げます。但し、本日はエープリルフールなり」なんちゃつたりしてね!
     年寄りをおちよくつたりするの止めときな!先の短い年寄りだもの!  鳥羽散歩


〇   堂々と参道過る孕猫  (高松市)白根純子

 九席。
 いくら不倫の挙句の孕み猫だって、金毘羅山の参道ぐらいは正々堂々と通りますよ!
     駕籠に乗り金毘羅山の参道を正々堂々通る三毛猫  鳥羽散歩


〇   上州は半ば山国遅ざくら  (高崎市)山本春樹

 末席。
 うそ仰る勿れ!
 上州は山また山の山国ではありませんか!
     群馬県、半ば以上が山間部!取り分け高き谷川岳は!  鳥羽散歩

今週の「朝日俳壇」より(2020/4/26掲載)

     高山れおな選

〇   馬酔木咲き蝸牛恋せり裏庭に  (宮崎市)池江諭

 首席。
 「蝸牛」は「馬酔木」に恋をしたのでも、馬酔木の咲いた「裏庭」に恋をしたのでも無くて、馬酔木の咲いている裏庭で、誰かと恋の語らいをしている現場を、宮崎市にお住いの池江諭に見つけられて、きつく説諭されたのかも知れません。
 「蝸牛恋せり」という飛躍的にして奇想天外なる発想が愉快な作品である。
     馬酔木咲きカタツムリたちは泥酔し我が裏庭に反吐を吐きをり  鳥羽散歩


〇   飛行機の今日も高くを啄木忌  (岡山市)内田一正

 次席。
      『飛 行 機』 石川啄木    
          1911.6.27.TOKYO.

  見よ、今日も、かの蒼空に
  飛行機の高く飛べるを。
       給仕づとめの少年が
       たまに非番の日曜日、
       肺病やみの母親とたつた二人の家にゐて、
       ひとりせつせとリイダアの獨學をする眼の疲れ……
  見よ、今日も、かの蒼空に
  飛行機の高く飛べるを。
     飛行機の高く飛べるに憧れて肺病やみの啄木が泣く  鳥羽散歩


〇   入学の子と青春の東京へ  (霧島市)久野茂樹

 三席。
 「我が家から目と鼻の先にある牧場への往復が、私たち夫婦の毎朝の散歩コースです。実はこの散歩で、私は専ら妻の後ろを歩くようになりました。/妻は私より七つ年下で、身の丈も184センチの私に30センチほど及びません。小柄な妻が大男の私を引き連れて行く様は、はたから見れば滑稽(こっけい)極まりないでしょう。でも、70歳になった私にはこの位置関係が妙に落ち着くのです。 /私たち団塊の世代はもちろん戦後の生まれですが、それでもまだ「男らしさ」を言われて育った世代です。生来、生真面目で小心者の私は、こうした世間の要望に応えようとけなげに頑張ってきました。いや、頑張ってきたつもりです」とは、鹿児島県霧島市にお住いの久野茂樹さん(70歳)に依る、去る2020年2月17日に「毎日新聞・西部夕刊」に掲載された投稿記事である。
 また、下掲の十一句は、同人が朝日俳壇などの新聞俳壇に投稿した入選句であり、十二句目は川柳として投稿されたものである。
 御年七十歳と言えば、まだまだ若い!
 久野茂樹さんの益々なるご活躍を祈念して、論評にあらざる論評の筆を擱かせていただきます。
     鷲づかみして関取の鬼は外
     はくれんの空の青さでありにけり
     啓蟄や古墳出で来る人の列
     地球春ミラーボールのごと廻る
     早世の友の絶筆冷まじや
     町工場つぎつぎ消えて油照り
     耕人の折り返すとき山仰ぐ
     あたたかや二歳を諭す五歳の子
     うかれ猫年少さんに叱られる
     尉と姥あふるる眼科冴返る
     泣きながら靴へ戻る子運動会
     半分こ言いたいけれどひとり者
       半分ことは言ふけれどその実は独り占めして食べたる団子  鳥羽散歩
       彼の日彼のモリトモへの手土産の百万円の行方や?


〇   蒼海の崖を飛び交ふ燕かな  (川口市)青柳悠

 四席。
 壮大にして蒼炎なる「蒼海の崖」と、孤絶にして爽快なる「燕」の飛翔との対比が見事な一句!
 でも、「蒼海の崖」と言われて、辛うじて能登の「ヤセの断崖」や、福井の「東尋坊」程度の断崖をしか思い付かない私には、到底、この句の素晴らしさを理解する事が不可能なのかも知れません。
 せめて、あのサイパン島の「バンザイクリフ」くらいは連想しなければね!

  「崖」    石垣りん
 
 戦争の終り、
 サイパン島の崖の上から
 次々に身を投げた女たち。
 
 美徳やら義理やら体裁やら
 何やら。
 火だの男だのに追いつめられて。
 
 とばなければならないからとびこんだ。
 ゆき場のないゆき場所。
 (崖はいつも女をまっさかさまにする)
 
 それがねえ
 まだ一人も海にとどかないのだ。
 十五年もたつというのに
 どうしたんだろう。
 あの、
 女。         (詩集『表札など』・1968年刊)       
     あの日あのクリフからあの海へと吾が身を投げたあの女たちよ!  鳥羽散歩


〇   空焦がすほどの夕陽へ帰る雁  (河内長野市)西森正治

 五席。
 「空焦がすほどの夕陽」も亦、私の貧しい想像力を以てしては、到底、理解し難い「夕陽」なのかも知れません。
     あのクリフから身を躍らせた女たちよ!その背に負へる子供たちよ!  鳥羽散歩
 雁たちは、あの北の国・シベリアの地に帰るのではありません。
 雁たちは、ただひたすらに、あの「空焦がすほどの夕陽」に憧れて飛んでいるのです。
     焦熱の空に憧れ飛翔する雁の列さへ「く」の字を描く  鳥羽散歩
 

〇   鳩を追ふ子の片言や初桜  (大阪市)今村久美子

 六席、及び大串選の七席。
 たった一言、「まこと可愛らしい子である事よ!と言わせて下さい。
     ぽっぽっぽっ鳩ぽっぽさん!いくら鳴いてもあげないぞお豆さんは!  鳥羽散歩


〇   AIが風呂に入れと朧より  (広島県)茶屋七軒

 九席。
 丁度いま、私も我が家のお風呂のAIから「お風呂が沸いていますよ!」と、入浴を促されたばかりですから、これで筆を擱かせて下さい。
     「お風呂が沸いていますよ」との呼び声の我が家のBATHはリクシル社製!

今週の「朝日歌壇」より(2020/4/26掲載) 

     馬場あき子選

〇  夜学証見せて定期を買う父は駅員驚かす中学生なり  (寝屋川市)今西富幸

 首席。
 敗戦のどさくさ紛れに義務教育も碌々受けられなかった方々が、ご退職後に勉強の遣り直しという事で夜間中学に通われる、というケースもある、との事でありますが、寝屋川市にお住いの今西富幸さんのご尊父様の場合も、そうしたケースでありましょうか!
 だとしたら、年齢が年齢でありますから、並大抵の苦労ではありませんね!
     高齢者手帳を見せて無料で入る川崎の日本民家園  鳥羽散歩
     お薬手帳を提示しても川崎の日本民家園には入場不可能
     岡本太郎美術館にも無料で入場可能な高齢者手帳
     等々力の川崎市民ミュージアムは昨秋以来休館中
     大方の東京都内の美術館も緊急事態で休館中
     警官は警察手帳を提示して駅のホームに自由に出入り
     昭恵さんが団体さんと同行し宇佐参拝時の移動手段


〇  部活の日道場に入りふと気づく弦音にある冬のおとずれ  (吹田市)辻正貴

 末席。
 「弦音」とあったので、本作の作者の辻正貴さんは、高校の管弦楽部の顧問の先生かと思ってしまいましたが、本当は、まだ学生で弓道部員なんですね!
 ところで、弓の弦の張り具合は、気温の関係で、夏と冬とではマルキシ違うという話を聞いた事がありますが、夏はダラリとしてて、冬はピリッとしてるんでしょうか?
 それともう一つ、弓道場の弓を射る場所から的までの距離がどれ位なのかは知りませんが、的中を期して弓を射る場合は、的に向かって直線的に矢を射るのではなくて、山なりに射るんですってよね!
 でも、一口に<山なりに射る>と言っても、どの程度の<山なり>かは自分の過去の体験に照らし合わせてみなければ判らないんですよね!
 吉田兼好の『徒然草』に、「或人、弓射る事を習ふに、諸矢をたばさみて的に向ふ。師の云はく、『初心の人、二つの矢を持つ事なかれ。後の矢を頼みて、始めの矢に等閑の心あり。毎度、たゞ、得失なく、この一矢に定むべしと思へ』と云ふ。わづかに二つの矢、師の前にて一つをおろかにせんと思はんや。懈怠の心、みづから知らずといへども、師これを知る。この戒め、万事にわたるべし。 道を学する人、夕には朝あらん事を思ひ、朝には夕あらん事を思ひて、重ねてねんごろに修せんことを期す。況んや、一刹那の中において、懈怠の心ある事を知らんや。何ぞ、たゞ今の一念において、直ちにする事の甚だ難き」とありますが、人間は、万事に亘って<懈怠の心>なんか持ってはならないんですね!
     海が鳴り山鳴りがする霜月に男鹿に寄せ来る鱩ならむ  鳥羽散歩
     山なりに弾を放られ桑子真帆!小澤征爾の愚息と熱愛!
     鷗友学園、桑子真帆氏の出身校!開校当初の偏差値30台! 

今週の「朝日歌壇」より(2020/4/26掲載)  前選者・金子兜太の穴埋めてお釣り来るかも高山れおな!  枝打ちや下草刈りを怠れば杉も怒りて花粉バラ撒く!

     永田和弘選

〇  兜太亡き秩父路行けば噴煙の流るるごとき杉花粉見ゆ  (前橋市)荻原葉月

 九席。
 「兜太亡き」後の「秩父路」とは、「<クリープを入れない珈琲>の如し」などと、苔の生えた太鼓橋みたいな事を言ったら、満天下の短歌ファンの方々の失笑を買いましょうか?
 それにしても、「杉花粉」には全く困らせられますね!
 私の郷里は、かつては能代市と共に秋田杉の集散地として知られた土地柄でありましたが、同地の山林業者の多くは、今から半世紀以上も前に、「輸入材に押されて建築材としての秋田杉に限界が見えた!」という事で秋田杉の育成に見切りをつけて、「枝打ち・下草刈り」といった良材を育成する為の作業を怠るようになったのであり、その結果としては、<かつての秋田杉の集散地が、令和の今日に於いては、スギ花粉症患者の集散地的な様相を呈している!>というのが同地の現状である。
 五句目に「杉花粉見ゆ」とありますが、自分の実体験に照らし合わせてみても、これは必ずしも短歌特有の誇張表現では無くて、本作の作者・荻原葉月さんの実体験に基づいた表現でありましょう。
     枝打ちや下草刈りを怠れば杉も怒りて花粉バラ撒く!  鳥羽散歩
     森林の手入れ怠る事なくば秩父の山にも美林復活
     秋ノ宮国有林に分け入れば手入れ怠る杉林のみ
     湯ノ岱の民有林に目立つのは下刈りしてない杉の木林
     失職し故郷に帰れば菅長官スギ花粉症病み即時入院
     風をのみ頼りに受粉を為すがゆゑ花粉ばら撒く杉や檜は
     「風媒花」風力のみを媒介に受粉を為せる草木の呼び名
     『風媒花』第一次戦後派作家・武田泰淳の小説である
     武田泰淳、第一次戦後派作家にして代表作は『風媒花』など
     前選者・金子兜太の穴埋めてお釣り来るかも高山れおな!     

今週の「朝日歌壇」より(2020/4/26掲載)   殊更に目から放したコンタクト探して呉れた今の彼氏よ!  末の子が私の身の丈抜いたとき私はとっくに還暦過ぎてた!

     高野公彦選

〇  北帰行の白鳥三羽若鳥をつねに真中にダム湖に憩う  (日立市)鰐淵仁子

 首席。
 「若鳥」と聞けば、私・鳥羽散歩の場合は、すぐさま、「<若鳥の手羽焼き>だとか<若鳥の大蒜入り串焼き>」だとかと、どちらかと言うと、若鳥を捌いて、その肉を食する事ばかりを思い出します。
 下の三句に「若鳥をつねに真中にダム湖に憩う」とありますが、「(虚弱な)若鳥を(人間などの自分たちの敵から守るために)つねに真中に」するのは宜しいけれども、「北帰行の白鳥」たちは、「つねに」「ダム湖」にばかり「憩う」のでありましょうか?
     北帰行の白鳥三羽憩ふとき若鳥つねに真中にする  鳥羽散歩
     北帰行の途上番ひの白鳥は若鳥守りて水辺に憩ふ
 連用修飾語「つねに」の置かれた位置が問題なんですね!
 高野選の首席入選作に相応しからぬ、推敲不足の作品である。
     二羽で来て三羽で帰る白鳥の常に憩ふは八郎潟だ!  鳥羽散歩


〇  毎日の三時のおやつは守るのに九時の就寝守らない子ら  (奈良市)山添聖子

 七席。
 末尾に「子ら」と在りますから、「毎日の三時のおやつは守るのに九時の就寝守らない」のは、末っ子の「やまぞえそうすけ」君のみならず、小学三年生のお姉さんの「山添葵」さんもなんですね!
 未だ就学前のそうすけ君が守らないのは許せるとしても、お姉さんの葵さんは、そろそろ四年生になるというのに、そんなにも聞き分けがないなんて、流石の私・鳥羽散歩も呆れて注意する気にもなりません。
 山添姉弟が就寝時間を守れないのは、もしかしたら、短歌を詠むのに手間取っているからではありませんか?
 だとしたら、それは、お母さんの山添聖子さんにも責任がありますよ!
     ケジメなさい!そうすけ君と葵さん!短歌は日中詠むものですよ!  鳥羽散歩


〇  アフリカの岩を語れば眼の光る諏訪兼位の声やはらかし  (名古屋市)犬飼亮介

 八席。
 先般、ご逝去の諏訪兼位氏への追悼歌の入選作は、本作を含めて既に十指に余るほどの多きに達している!
 本作の作者の犬飼亮介さんは、諏訪氏同様に、名古屋市にお住いとのことでありますから、或いは、諏訪氏の謦咳に、常に接して居られたのかも知れません!
 否、「居られたのかも知れません」では無くて、確実に接して居られた!
 と、言うのは、作中に「眼の光る」とあったり「声やはらかし」と在るからこその断定であります。
     豪州の岩の話はしなかった?今は亡き人・諏訪兼位氏!  鳥羽散歩
     アリゾナの大渓谷を語るとき手に汗握る諏訪兼位氏!      


〇  コンタクト落ちなかったら探してくれた君と一緒の今はなかった  (さいたま市)丹羽祥子

 九席。
 よく耳にする話ですよね!
     殊更に目から放したコンタクト探して呉れた今の彼氏よ!  鳥羽散歩


〇  子どもらが我が身長を抜くたびに気づく成長ちびでよかった  (高槻市)長畑亜由美

 末席。
 「抜くたびに」とありますから、高槻市にお住いの長畑亜由美さんには、お子様が一ダースもお在りかと判断される。
     末の子が私の身の丈抜いたとき私はとっくに還暦過ぎてた!  鳥羽散歩

今週の「朝日歌壇」より(2020/4/26掲載)

     佐佐木幸綱選

 全十首、共に「新型コロナウイルス禍」特集にて論評させて頂きます。

今週の「詩歌句誌面」より(2020/4/25掲載)  被験者の第一号の婿どんが完治したらば持つ第二号!  もしかして縁戚筋のあの会社?モリカケ可笑し株式会社!

〇  アビガンの生体実験被験者のトンビ夫妻の娘の婿どん  (喜多区)南岡日向

 「アビガン」って言ったら、元来はアレに効くとされている薬なんだけど、コレにも効くという説が為されて、最近、どっかの病院で生体実験が行われたんだって。
 作中の「トンビ夫妻の娘の婿どん」は、その「被験者」第一号だったんだね。
 鳥羽選の首席。
     被験者の第一号の婿どんが完治したらば持つ第二号  鳥羽散歩


〇  濃厚接触自粛中なれど例外的にキスする事も  (羽後湯沢市)谷川渓谷

 「例外的にキスする事も」だって!
 本作の作者の谷川渓谷さんったら、口と鼻からの感染を怖れて居ないんだね!
 同選の次席。
     キスるって?アベノマスクを掛けたまま?穴が開いてるから出来るんだ!  鳥羽散歩  


〇   伊藤忠と興和の他にもう一社?他の一社は公表しない!  (長州中市)安倍悪志

 
 ある筋から当ブログに寄せられた情報に拠りますと、「政府が配布を始めた布マスクの一部から不良品が見つかった問題で、マスクを納入している伊藤忠商事と興和はまだ配布していないマスクをすべて回収すると発表しました。深刻なマスク不足に対応するため、政府が配布を始めた布マスクの一部に「虫が入っていた」などの報告が相次いでいます。これを受け、マスクを納入している大手商社「伊藤忠商事」と大手医薬品メーカー「興和」はまだ配布していないマスクをすべて回収すると発表しました。両社のマスクは海外の工場で生産されたもので、伊藤忠は今後、現地の縫製工場での検品に加え、輸入前に外部の業者による検品を行い、さらに日本国内でもすべてのマスクを検品する方針です。興和も現地での検品に加え、国内ですべてのマスクを検品することにしています」とのこと。
 それはそれとして、彼らがひた隠しにしている「他の一社」って、一旦全体、何ちゅう会社なんでしょうね?
 同選の三席。
     もしかして縁戚筋のあの会社?モリカケ可笑し株式会社!  鳥羽散歩


〇  「ご卒煙おめでとう」とは孫からのマイセン党の夫へのメール!  (尾西福嶋市)長嶋歌子

 「ご卒煙おめでとう」とは、未だ入学式にも出られない一年生のクセして、尾西福嶋市にお住いの長嶋歌子さんのお孫さんもなかなか遣りますね!
 私・鳥羽散歩は、そんなにも可愛らしくてお利口さんのお孫さんをお餅の、長嶋歌子さんに激しい嫉妬心を抱いている昨今なのである。
 同選の末席。
     「ご卒娑婆おめでとう」とは、斯く申す鳥羽に寄せたる殺し文句か?  鳥羽散歩

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

鳥羽散歩

Author:鳥羽散歩
自己紹介を要するほどの存在ではありません。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

短歌 (648)
俳句 (233)
随想 (11)
詩 (8)
川柳 (18)
「朝日新聞」を読む (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

designed by たけやん