fc2ブログ

archive: 2020年04月

今週の「朝日歌壇」より(2020/4/26掲載)「新型コロナウイルス禍」特集   川口の角上魚類で売つてゐるギバサ恋しきこの頃である

No image

     「新型コロナウイルス禍」特集〇  おろされたシャッターつづく商店街みんな呼吸をやめてしまった  (さいたま市)丹羽祥子 佐佐木選の首席と馬場選の次席。 佐佐木選・全十首<新型コロナウイルス禍>関連の作品として鑑賞させて頂きます。 「みんな呼吸をやめてしまった」のは、「商店街」である。 即ち、買い物客が訪れない「商店街」は<死に体>なのである。      降ろされたシャッター磨いてサビ落し...

  • 0
  • -

今週の「朝日俳壇」より(2020/4/26掲載)

No image

     長谷川櫂選〇   九十九が百歳となる遅日かな  (岡崎市)沢博史 首席。 日の経つのが遅かろうが速かろうが、九十九歳の人が誕生日を迎えると百歳になるのは当然のことではありませんか! それはそれとして、今から四半世紀ほど前ならば、百歳になると、村役場からお祝いの使者が駆け付け、「金・百万円、贈呈致します」との、目録を下げ渡されたものでありますが、沢博史さんがお住いの愛知県岡崎市に於かれまし...

  • 0
  • -

今週の「朝日俳壇」より(2020/4/26掲載)

No image

     大串章選〇   春風と長き吊橋わたりけり  (交野市)西向聡 次席。 「春風に押されて」でも無ければ、ましてや「春風に逆らって」でもありません! 彼は今しも<悠揚迫らず>に、折からの「春風」と共に、長い長い「吊橋」を渡ったのである。 そうした彼の余裕ある姿を目にしていると、悪戯好きの私は、「いよー、千両役者!さすが、交野市民だけの事はあるねー!」だなんて、嫉妬半分、悪戯心半分の掛け声を掛...

  • 0
  • -

今週の「朝日俳壇」より(2020/4/26掲載)

No image

     稲畑汀子選〇   住み古りし最果ての地よ鐘おぼろ  (平戸市)辻美彌子 稲畑選の三席。 「住めば都」ではありませんか!     切支丹伴天連禁教令!慶長年間二度も発令!  鳥羽散歩〇   花散るよ流るる月日また疾く  (大阪市)森田幸夫 五席。 「月日また疾く」とは、結果論なのである。     散るよ散る!チルチルミチルの道しるべ!梨の花散るこの夕べかも!  鳥羽散歩  〇   わが朝寝...

  • 0
  • -

今週の「朝日俳壇」より(2020/4/26掲載)

No image

     高山れおな選〇   馬酔木咲き蝸牛恋せり裏庭に  (宮崎市)池江諭 首席。 「蝸牛」は「馬酔木」に恋をしたのでも、馬酔木の咲いた「裏庭」に恋をしたのでも無くて、馬酔木の咲いている裏庭で、誰かと恋の語らいをしている現場を、宮崎市にお住いの池江諭に見つけられて、きつく説諭されたのかも知れません。 「蝸牛恋せり」という飛躍的にして奇想天外なる発想が愉快な作品である。     馬酔木咲きカタツム...

  • 0
  • -

今週の「朝日歌壇」より(2020/4/26掲載) 

No image

     馬場あき子選〇  夜学証見せて定期を買う父は駅員驚かす中学生なり  (寝屋川市)今西富幸 首席。 敗戦のどさくさ紛れに義務教育も碌々受けられなかった方々が、ご退職後に勉強の遣り直しという事で夜間中学に通われる、というケースもある、との事でありますが、寝屋川市にお住いの今西富幸さんのご尊父様の場合も、そうしたケースでありましょうか! だとしたら、年齢が年齢でありますから、並大抵の苦労ではあ...

  • 0
  • -

今週の「朝日歌壇」より(2020/4/26掲載)  前選者・金子兜太の穴埋めてお釣り来るかも高山れおな!  枝打ちや下草刈りを怠れば杉も怒りて花粉バラ撒く!

No image

     永田和弘選〇  兜太亡き秩父路行けば噴煙の流るるごとき杉花粉見ゆ  (前橋市)荻原葉月 九席。 「兜太亡き」後の「秩父路」とは、「<クリープを入れない珈琲>の如し」などと、苔の生えた太鼓橋みたいな事を言ったら、満天下の短歌ファンの方々の失笑を買いましょうか? それにしても、「杉花粉」には全く困らせられますね! 私の郷里は、かつては能代市と共に秋田杉の集散地として知られた土地柄でありました...

  • 0
  • -

今週の「朝日歌壇」より(2020/4/26掲載)   殊更に目から放したコンタクト探して呉れた今の彼氏よ!  末の子が私の身の丈抜いたとき私はとっくに還暦過ぎてた!

No image

     高野公彦選〇  北帰行の白鳥三羽若鳥をつねに真中にダム湖に憩う  (日立市)鰐淵仁子 首席。 「若鳥」と聞けば、私・鳥羽散歩の場合は、すぐさま、「<若鳥の手羽焼き>だとか<若鳥の大蒜入り串焼き>」だとかと、どちらかと言うと、若鳥を捌いて、その肉を食する事ばかりを思い出します。 下の三句に「若鳥をつねに真中にダム湖に憩う」とありますが、「(虚弱な)若鳥を(人間などの自分たちの敵から守るため...

  • 0
  • -

今週の「朝日歌壇」より(2020/4/26掲載)

No image

     佐佐木幸綱選 全十首、共に「新型コロナウイルス禍」特集にて論評させて頂きます。...

  • 0
  • -

今週の「詩歌句誌面」より(2020/4/25掲載)  被験者の第一号の婿どんが完治したらば持つ第二号!  もしかして縁戚筋のあの会社?モリカケ可笑し株式会社!

No image

〇  アビガンの生体実験被験者のトンビ夫妻の娘の婿どん  (喜多区)南岡日向 「アビガン」って言ったら、元来はアレに効くとされている薬なんだけど、コレにも効くという説が為されて、最近、どっかの病院で生体実験が行われたんだって。 作中の「トンビ夫妻の娘の婿どん」は、その「被験者」第一号だったんだね。 鳥羽選の首席。     被験者の第一号の婿どんが完治したらば持つ第二号  鳥羽散歩〇  濃厚接触自粛...

  • 0
  • -