FC2ブログ

詩歌句誌面

読解なくして論評あらず。

今週の「朝日歌壇」より(2020/9/27掲載)  モリカケや桜や昭恵のみならず前宰相に数多の弱み!  「菅野好投、十二連勝!」の大見出し!「日刊スポーツ」悔し紛れに!  むくむくと遣り始めたのは佳かつたがパンクしたのは計算違ひ!  高尚な街のイメージ損なふな!田園調布学園大学!  私より十七歳も年下の長尾幹也氏にしてこの嘆き!  我が母を高齢者施設に押し込んで実家乗つ取る兄と兄嫁!  次々に録画され行く番組の多くはくだらぬ「お笑ひ物」だ!  「みなみのうお座」の「α星・フォーマルハウト」は迷子になりさう!

     永田和弘選

○  もりかけも桜も説明しないまま辞めていくのね病気とはいえ  (京都市)中尾素子

 首席及び高野選の首席。
 「首相辞任のニュースを聞いて、多くの人がまず思った感想か」とは、選者・永田氏の寸評であり、「長らく政界の頂点に君臨した人に対する京都流のやんわり皮肉」とは、選者・高野氏の寸評である。
     モリカケや桜や昭恵のみならず前宰相に数多の弱み!
     モリカケもサクラも妻女・アキエにも忖度せしや官僚たちは!


○  一面に「首相辞任」の新聞を普段通りにバイクで配る  (甲州市)麻生孝

 次席。
 「<普段通りに>の素っ気なさがいい」とは、選者・永田氏の、少し素っ気ないとも思われる寸評である。
  昭和や平成の中半頃までは、アルバイト学生や退職した高齢者や子供を育て上げた女性が徒歩で新聞配達をしていたのであるが、令和年間の昨今は、未だ退職年齢に達していないと思われる熟年男性が、バイクに乗って配達するのが通例となってしまいました。
 その理由は、我が国の高齢化傾向が漸増するのに伴って、新聞の定期購読者数が激減した事や学生などの若者の多くが新聞そのものを読まなくなった点が上げられましょう!
 平成の初め頃までは、各戸毎に購読していた朝日新聞や読売新聞などの全国紙を定期購読する世帯が、令和二年の今では、一町内に一戸か二戸、百世帯も居住している高層住宅の中に、朝・夕刊を定期購読している世帯が一桁という状態に陥ってしまったのであり、朝日新聞の場合はその傾向が特に著しい。
 従って、「一面に<首相辞任>」の大見出しのある朝日新聞であろうが、「女優・竹内裕子の自殺」を伝える読売新聞であろうが、「普段通りにバイクで配る」のでありましょう!
     「菅野好投、十二連勝!」の大見出し!「日刊スポーツ」悔し紛れに!


○  おばあちゃんのお手玉は怖い数え歌「四んでも尽くすは日本の兵」と  (東京都)上田結香

 三席及び馬場選の四席。
 「上田さんの数え歌は日露戦争後のもの。<三っさと逃げるはロシアの兵>と続く」とは、選者・永田氏の寸評。

       いち(一)れつ談判破裂して 日(ニち)露戦争始まった
       さ(三)っさと逃げるはロシアの兵 死(四)んでも尽くすは日本の兵
       五万の兵を引き連れて 六人残して皆殺し
       七月八日の戦いで ハルピンまでも攻め入って
       ク(九)ロパトキンの首をとり 東(十)郷大将バンバンザイ
 私・鳥羽散歩と同じ町内に住む、四十過ぎの独身男が、夕涼みのベンチに寝転びながら、専ら口にしていたのは、次のような歌詞の春歌でありました!
        一に一郎嫁取って!
        二に二回に上がって!
        三にさっさと帯解いた!
        四にしっかり抱き締めて!
        五にごろりと寝転んで!
        六つむくむく遣り出した!
        七つなかなか抜けません!
        八つやっぱり抜けません!
        九つ子どもに見つけられ!
        十にとうとうパンクした!
     むくむくと遣り始めたのは佳かつたがパンクしたのは計算違ひ!


○  人がみな花火を見てるとしまえんもう動かない遊具を降りて  (東京都)堂本明代
 五席。
○  <としまえん>流れるプール流されて流されるままに生きた青春  (東京都)平井節子
 六席。

 東京都練馬区の遊園地「としまえん」は令和2⃣年8月31日の吉日を以て閉園した。
 同園は、1926年の開園以来94年間続いた、我が国で稀に見る寿命の長い遊戯施設でありました。
 遊園地の名称としての「としまえん」は、八月三十一日限りで消滅しましたが、周辺地域を指す呼び名としての「豊島園」は、駅名などとしてそのまま使われる模様である。
 同園と同時代に開業した遊園地の多くは、歴史の荒波に逆らい得ず姿を消しているが、としまえん開業前後の歴史を繙くと、同園の如き<郊外型の遊園地>が、現代社会の都市生活に与えた影響の甚大さが見えて来るようである。
 同園が開業したのは1926年であり、翌1927年には、同園への来客を目当てにして、西武鉄道の前身・武蔵野鉄道の豊島園駅が開業したのであるが、当時は遊園地も「豊島園」と漢字書きするのが正式な園名であった。
 遊園地「豊島園」の開業当時、武蔵野鉄道と豊島園のと間には、資本関係は無かったが、1941年になると、武蔵野鉄道が遊園地「豊島園」を買収して資本関係が生じ、その後、武蔵野鉄道が西武鉄道となり、西武グループの傘下企業として現在に至ったのである。
 この時代は、首都圏や京阪神地区を中心に<都市郊外型の遊園地>の開業ブームとなって居て、鉄道会社も集客のために積極的に遊園地を開業させたのである。
 「としまえん」と同じく、戦前に関東私鉄沿線に開業した遊園地は、小田急沿線の「向ヶ丘遊園」(1927年開業)、東急沿線の「多摩川園」(1925年開業)と「二子玉川園」(1922年開業)、京王沿線の「京王閣」(1927年開業)、京成沿線の「谷津遊園」(1925年開業)が挙げられるが、それらの孰れもが鉄道会社の系列下の遊園地なのであり、その中の「向ヶ丘遊園・多摩川園・二子玉川園・谷津遊園」は、最寄り駅も遊園地と同じ駅名が採用された。
 敗戦後暫くして、レジャーが多様化すると、これらの遊戯施設の閉園騒ぎが相次いで起こり、「京王閣」が1947年に、「多摩川園」が1979年に、「二子玉川園」が1985年に、「谷津遊園」が1982年に、二十一世紀の2002年には「向ヶ丘遊園」が閉園の憂き目に遭う!
 閉園後の遊園地はどうなるか?
 京王閣は「京王閣競輪場」に名残をとどめ、谷津遊園は習志野市営の「谷津バラ園」として、その名残をとどめ、向ヶ丘遊園の跡地の一部は、「藤子・F・不二雄ミュージアム」となっているが、東急系の「多摩川園」は、テニスクラブを経て「田園調布せせらぎ公園」に、「二子玉川園」の跡地は、大規模再開発をされて「二子玉川ライズ」となった。
 遊園地の名を採った駅には、閉園後まもなく改称(谷津遊園→谷津に)、10年以上の歳月を経て改称(多摩川園→多摩川に・二子玉川園→二子玉川に)、改称せず(向ケ丘遊園)の三つのパターンがある。
 「としまえん」の他に、関東大手私鉄沿線のレジャー施設は、「西武園ゆうえんち」、「東武動物公園」、「よみうりランド」などが在ったが、「としまえん」は、その中でも最古の伝統を誇る遊戯施設であったのであり、閉園後は、テーマ―パーク「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京‐メイキング・オブ ハリー・ポッター」が。その跡地の一部に開園する、との事である。
 関西でも「〇〇園」と名が付く地名・駅名は多く、その代表的な存在は、「甲子園」(阪神鉄道)であるが、他にも「甲陽園」「甲東園」(阪急電鉄)、「香櫨園」(阪神鉄道)、「香里園」(京阪電鉄)などが在るが、これらも戦前に行楽地として栄えた名残である。
 兵庫県西宮市の甲子園駅周辺は、1924年開業の阪神甲子園球場を軸に開発され、1929年には、遊園地の阪神パークが開業した。
 阪神電鉄は香櫨園駅近くの香櫨園遊園地の経営にも参画し、周辺地区一帯を開発した。
 同じく西宮市の甲陽園にも、かつて遊園地・温泉が作られてリゾート地として賑わい、鉄道を敷設した阪急電鉄も学校や住宅を整備する。
 こうして一帯が郊外の行楽地としてイメージが向上すると、西宮七園(甲子園・甲陽園・甲東園・苦楽園・甲風園・香櫨園・昭和園)として高級住宅地のイメージが定着した。
 中には「甲風園」のように、先行する「〇〇園」に因んで命名されたエリアも在る。
 また、京阪の香里(現・香里園)駅近くに1910年に開業した「香里遊園地」は、その後移転し、現在の「ひらパー」こと「ひらかたパーク」になるが、当時の名残が駅名として残っているのであり、「都心から離れた郊外の遊園地」という立ち位置は、「としまえん」に類似している。
 「豊島園」や「甲陽園」などの「〇〇園」という名称に、私たち現代社会に棲息する者が、確たる龍も無しにいいイメージを抱いているのは、戦前の電鉄大手各社が行った、このような土地開発の歴史が影響しているのに違いない!
 遊園地は、ただ単なる遊戯施設であるのみならず、首都圏や京阪神地域の街のイメージ作りにも、大きく貢献して来たのでありましょう。
      高尚な街のイメージ損なふな!田園調布学園大学!


○  絶望はなお絶望に遠かりき健康なりし頃を思えば  (和泉市)長尾幹也

 七席。
 嗚呼、長尾幹也さん!
 長尾幹也さんは、1957年生まれ!
 私・鳥羽散歩は、1940年生まれでありますから、本作の内容は、決して他所事ではありません!
      私より十七歳も年下の長尾幹也氏にしてこの嘆き!


○  清潔な施設よりあの散らかった茶の間にずっといたかった母  (千葉市)高橋好美

 八席。
 「あの散らかった茶の間」とは、なかなか意味深である!
 千葉市にお住いの本作の作者・高橋好美さんの御母上は、呆ける前までは跡取り息子のご長男夫婦(好美さんの実兄)と同居していたのであり、ご長男夫婦は、実家に居座っているくせして、件の「茶の間」のみならず、家中を散らかし放題に散らかしていたものと推測されます!
     我が母を高齢者施設に押し込んで実家乗つ取る兄と兄嫁!


○  次々に録画されゆく番組は昨日逝きし妻の予約なり  (小金井市)神蔵勇

 九席。
 察するに、その大半は<お笑い番組>でありましょう!
     次々に録画され行く番組の多くはくだらぬ「お笑ひ物」だ!


○  一等星フォーマルハウトは目玉だよみなみのうお座の青白い星  (奈良市)山添葵

 末席及び高野選の末席。
 南の空に低く垂れ下がり青白く光る「フォーマルハウト」を「なみだだよ」としたのは、奈良市にお住いの本作の作者・山添葵さんの、小学生らしからぬお手柄である!
     「みなみのうお座」の「α星・フォーマルハウト」は迷子になりさう!
スポンサーサイト



今週の「朝日歌壇」より(2020/9/27掲載)  体調の悪さを理由に二度辞任!<御飯論法>得意な総理!  だうせ無になる人生ならば華の一つや二つは見にやならぬ!  覚えたての愚息の鳴らすウクレレの途切れ途切れが虫歯に刺さる!  照明はLEDに限ります!電気料金三分の一以下!  大臣が「ヤメレ」と言ふから止めるけど午前二時過ぎお迎へするとは!  勝つてなほ長く深々礼をする!さすが天才藤井二冠は!  今日もまた感染予防距離保ち産科医院に居並ぶ妊婦!  

     高野公彦選

○  体調が良くても悪政しか出来ぬ人と言えなくない秋の風  (京都市)森谷弘志

 次席。
 「長らく政界の頂点に君臨した人に対する京都流のやんわり皮肉」とは、選者・高野氏の寸評。
 「体調が良くても悪政しか出来ぬ人と言えなくない」人とは、即ち、「体調が悪化したことを理由にして総理大臣を辞任したが、
体調が良くても悪政しか出来なかったと言えなくない総理大臣」!
 この夏に総理大臣を辞任した安倍晋三氏を指して謂うのであり、「言えなくない」という二重否定の曲折した言い方で以て皮肉ると同時に、その下に「秋の風」という五音を付け足す事に依って、辛うじて定型の三十一音を守り得たのであるが、句跨りに因る語呂の悪さが災いして、短歌表現としては、頗る宜しくありません!
     体調の悪さを理由に二度辞任!<御飯論法>得意な総理!


○  また今日もソーシャルディスタンスと言うの?感染予防距離と言わずに  (神戸市)康哲虎

 三席及び馬場選の六席。
 「近ごろ何でもカタカナ語で言うことが多いが、その風潮への批判」とは、選者・高野氏の寸評。
 神戸市にお住いの本作の作者・康哲虎さんの仰せの如く、「感染予防距離」と言えば済むのに、「ソーシャルディスタンス」などというカタカナ語を殊更に使う東京都知事を肇とした政治家やマスコミなどの存在は、私たち高齢者にとっては迷惑至極なのでありますが、昨今のカタカナ語流行りには、「国際語たる英語などの表現に慣れさせるために、名詞や動詞・形容詞などの言語表現の基幹を成す語を、予めカタカタ語として覚えさせ、習熟させる事に依って、国際語表現を容易に行えるようにし、国際化社会に対応させよう」との、マスコミや学者や為政者の善意が感じられるのである。
 従って、これからの日本語表現には、益々多くのカタカナ語が使用されることになりましょうし、私たち高齢者もそれに対応して行かねばなりません!
     今日もまた感染予防距離保ち産科医院に居並ぶ妊婦!


○  「封じ手」を立会人に手渡して深く礼をする所作の美し  (箕面市)遠藤倫子

 四席。
 「若くして日本人の礼節を身に付けた棋士を讃える歌」とは、選者・高野氏の寸評。
 彼・藤井二冠の所作が取り立てて美しいのではありません!
 私たち日本人の日常生活からお辞儀をする習慣が失われた結果として、相対的に彼の「深々と長く礼をする姿」が美しく感じられるだけの事であり、その上、将棋指しに限らず、プロ野球やプロサッカーや相撲取りの場合でも、勝利者が敗北者よりも長く深々と礼をしたとしたら、礼節を弁えた人物として賞賛されるに決まってますからね!
     勝つてなほ長く深々礼をする!さすが天才藤井二冠は!


○  「宿題はまだステイホームしています」言い切る生徒の意外な機転  (ふじみ野市)片野里名子

 五席。
 「宿題はまだステイホームしています」などと言い切って逃げるとは、小生意気でずる賢い生徒ではありませんか!
     宿題を忘れてきた子にお仕置きとしての黒板消しをさせろ!
     大臣が「ヤメレ」と言ふから止めるけど午前二時過ぎお迎へするとは!


○  虫の来ないLEDの明りとは光であって灯りではなし  (東京都)青木裕之

 六席。
 それは感覚の問題であり、受け止め方の問題である!
     照明はLEDに限ります!電気料金三分の一以下!


○  覚えたての息子の鳴らすウクレレはとぎれとぎれにハワイへ誘う  (笠間市)高野靖子

 七席。
 是も亦、感覚の問題であり、受け止め方の問題でもありましょう。
     覚えたての愚息の鳴らすウクレレの途切れ途切れが虫歯に刺さる!


○  ムがふたつ魂にありいつか無になるまで華のひとつやふたつ  (貝塚市)櫂裕子

 九席。
 「魂」という文字の中に「ム」という文字が二つ含まれているという点は分かる。
 また、「ム」は「無」に通じていて、私たち人間の「魂」は「いつか無」になる定めである、という点についても分かる。
 然しながら、「それから後の表現で以て、作者が何を言おうとしているのか?」という点に就いては、いささか曖昧である!
     だうせ無になる人生ならば華の一つや二つは見にやならぬ!

今週の「朝日歌壇」より(2020/9/27掲載)  和深駅<きのくに線>の無人駅!横堀駅より小さな駅だ!  面体の凄く卑しき飼ひ主よ!犬のウンチは必ず拾へ!  片伯部りつ子さんの所持してる国家資格は管理栄養士!  エルメスのレースハンカチ転用し口と鼻とを塞げる奇腐人!  別人二十面相の母と会ふ光市教育文化会館にて!  「二万円!」アクリル板の彼方から吾に支払ひ迫るレジ嬢!

     佐佐木幸綱選

○  解体で壁こわされて襖絵の鶴は日ざしを真っすぐ受ける  (秋田市)能登谷貴美子

 首席。
 「何十年もしかしたら百年以上、日に当たったことがない鶴の感じるまぶしさが伝わるような作」とは、選者・佐佐木氏の寸評。
 「解体」されたのは、民家でありましょうか?
 それとも、藩主・佐竹氏の菩提寺の天徳寺や三皇熊野神社といった、著名な社寺でありましょうか?
 その孰れにしても、件の「襖絵の鶴」は、「壁」が壊される事に因って百年の眠りから覚醒したのであり、百年ぶりに「真っすぐ受ける日ざし」は、さぞかし眩しい事でありましょう!
      台風で石垣崩れし菩提寺の修復工事に絡む談合?

 
○  和深というきのくに線の無人駅夕べさびしくかなかなの啼く  (東大阪市)池中健一

 次席。
 「和深は枯木灘に面した海が見える駅」とは、選者・佐佐木氏の寸評。
 西日本旅客鉄道(JR西日本)紀勢本線(きのくに線)の和深駅の近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。
 1998年→66人 2000年→46人 2002年→28人 2004年→17人 2006年→25人 2008年→19人
 2010年→13人 2012年→13人 2014年→26人 2016年→16人 2018年→16人
 因みに新総理大臣・菅義偉閣下は、地元の高校(秋田県立湯沢高校)を卒業した後、苺農家の後継者となるのを嫌って、家出同然に<幻の集団就職列車>に乗って上京し、板橋区内の段ボール工場に就職した」とされているが、彼が、仮に、件の<幻の集団就職列車>に乗車したとするならば、その乗車駅は、<東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の横堀駅>という事になり、同駅の近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。
 2000年→347人  2005年→282人  2008年→298人  2010年→248人  2012年→235人
 2014年→212人  2016年→153人  2018年→120人  2019年→118人
     和深駅<きのくに線>の無人駅!横堀駅より小さな駅だ!
     若者を性犯罪に走らする政治を遣つてはいけない総理!


○  エレビスのラジオ特集打ち切られ首相辞任のニュース流れる  (栃木県)川崎利夫

 三席。
 安倍前総理大臣の辞任表明に関わる記者会見が行われたのは、去んぬる八月二十八日の夕刻の事であるが、彼は、件の記者会見に於いて、自らが辞任する理由などに就いて次のように語った。

 猛暑が続く中、国民の皆様には、コロナウイルス対策、熱中症対策、ダブルの対策に万全を期していただいて居りますこと、国や地方自治体からさまざまな要請に対して、ご協力をいただいていることに対して、心から感謝申し上げます。
 コロナウイルス対策に就きましては、今年の1月から正体不明の敵と悪戦苦闘するなか、少しでも感染を抑え、国民の命を守るため、そのときどきの危険のなかで最善の努力を重ねてきたつもりであります。
 そのなかで残念ながら多くの方々か新型コロナウイルスにより、命を絶たれました。
 お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 今この瞬間も、患者の治療に全力を尽くしてくださっている医療従事者の皆様にも重ねて御礼申し上げます。
 本日、夏から秋、そして冬の到来を見据えた、今後のコロナ対策を決定いたしました。
 この半年で多くのことが分かってきました。
 三密を徹底的に回避するといった予防策により経済活動との両立は十分に可能であります。
 レムデシビルなど、症状に応じた治療法も進歩し、40代以下の若い世代の致死率は0.1%を下回ります。
 他方、お亡くなりになった方の半分以上は80代以上の世代です。
 重症化リスクが高いのは高齢者や基礎疾患のある方々であり、一人でも多くの命を守るためには、こうしたみなさんへの対策が最大のカギとなります。
 冬に向けてはコロナに加え、インフルエンザなどの流行で発熱患者の増加が予想されます。
 医療の負担軽減のため、重症化リスクの高い方々に重点を置いた対策へ今から転換する必要があります。
 まずは検査能力を抜本的に拡充することです。
 冬までにインフルエンザとの同時検査が可能となるよう、1日20万件の検査体制を目指します。
 特に重症化リスクの高い方がおられる高齢者施設や病院では、地域の感染状況などを考慮し、職員の皆さんに対し、定期的に一斉検査を行うようにし、高齢者や基礎疾患のある方々への集団感染を防止します。
 医療支援も高齢者の方々など、重症化リスクの高い皆さんに重点化する方針です。
 新型コロナウイルス感染症に就いては、感染症法上、結核やSARS、MARSといった入院感染症以上の扱いをして参りました。
 これまでの知見を踏まえ、今後は政令改正を含め、運用を見直します。
 軽症者や無症状者は、宿泊施設や自宅での療養を徹底し、保険所や医療機関の負担軽減を図って参ります。
 コロナ患者を受け入れている医療機関、大学病院などでは大幅な減収となって居り、国民のために日夜ご尽力いただいているにも関わらず、大変な経営上のご苦労をお掛けして居ります。
 経営上の懸念を払拭する万全の支援を行います。
 インフルエンザ流行期にも十分な医療提供体制を必ず確保します。
 以上の対策について順次、予備費によって措置を行い、ただちに実行に移して参ります。  
 コロナ対策とならんで、一時の空白も許されないのが、我が国をとりまく厳しい安全保障環境への対応でございます。
 北朝鮮は弾道ミサイル能力を大きく向上させています。
 これに対し、迎撃能力を向上させるだけで本当に国民の命と平和な暮らしを守ることが出来るのか、一昨日の国家安全保障会議では、厳しい安全保障環境を踏まえ、ミサイル措置に対する安全保障政策の新たな指針を協議致しました。
 今後速やかに与党調整に入り、その具体化をすすめます。
 以上、2つのことを国民のみなさまにご報告させていただいたうえで私自身の健康上の問題に就いて、お話をさせていただきたいと思います。
 13年前、私の持病である潰瘍性大腸炎が悪化をし、わずか1年で突然総理の職を辞することとなり、国民の皆様には大変なご迷惑をお掛けしました。
 その後、幸い、新しい薬が効いて、体調が万全となり、そして国民の皆様からご支持をいただき、再び総理大臣の重責を担うこととなりました。
 この8年近くの間、しっかりと持病をコントロールしながら、なんら支障なく総理大臣の仕事に毎日全力投球することが出来ました。
 しかし、本年6月の定期健診で、再発の兆候が見られると指摘を受けました。
 その後も薬を使いながら、全力で職務に当って参りましたが、先月中ごろから、体調に異変が生じ、体力をかなり消耗する状態となりました。
 そして8月上旬には潰瘍性大腸炎の再発が確認されました。
 今後の治療として、現在の薬に加えまして、さらに新しい薬の投与を行うことと致しました。
 今週はじめの再検診に於いては、投薬の効果はあることは確認されたものの、この投薬はある程度、継続的な処方が必要であり、予断は許しません。
 政治に於いては最も重要なことは、結果を出す事である。
 私は政権発足以来そう申し上げ、結果を出すために、全身全霊を傾けて参りました。
 病気と治療を抱え、体力が万全でないということのなか、大切な政治判断を誤ること、結果を出せないことがあってはなりません。
 国民の皆様の付託に自信をもって応えられる状況でなくなった以上、総理大臣の地位にありつづけるべきでないと、判断しました。総理大臣の職を辞することと致します。
  最大の課題であるコロナ対応に障害が生じるようなことはできる限り避けなければならない。
 この1カ月その一心でありました。
 悩みに悩みましたがこの足元において7月以降の感染拡大が減少傾向へと転じたこと、そして冬を見据えて実施すべき対応策を取りまとめることが出来たことから、新体制に移行するのであればこのタイミングしかないと判断致しました。
 この7年8カ月様々な課題にチャレンジして参りました。
 残された課題も残念ながら多々ありますが、同時に、様々な課題に挑戦する中で達成出来たこと、実践出来たこともあります。
 すべては国政選挙のたびに力強い信任を与えてくださった背中を押していただいた国民の皆様のおかげであります。
 本当にありがとうございました。
 そうしたご支援をいただいたにも関わらず、任期をまだ1年残し、他の様々な政策が実践途上にある中、コロナ禍の中、職を辞することとなったことに就いて、国民の皆様に、心よりお詫びを申し上げます。
 拉致問題をこの手で解決出来なかったことは、痛恨の極みであります。
 ロシアとの平和条約、また、憲法改正、志半ばで職を去ることは、断腸の思いであります。
 しかしいずれも、自民党として国民の皆様にお約束をした政策であり、新たな強力な体制のもと、さらなる政策推進力を得て、実現に向けて進んでいくものと確信しております。
 もとより次の総理が任命されるまでの間、最後までしっかりとその責任を果たして参ります。
 そして、治療によってなんとか体調を万全とし、新体制を一議員として支えて参りたいと考えて居ります。
 国民の皆さま、8年近くに渡りまして、本当にありがとうございました。

 私たち日本国民にとって、前総理大臣・安倍晋三氏は、必ずしも全幅の信頼を以て政治の全権を託せる存在であるとは、到底、思われません。
 然しながら、彼が約八年間の長きに亘って我が国の政治を担って来た人物である、という事実は否定する事が出来ません。
 その彼が、己の限界を感じて総理大臣の座から退こうするに至った事を伝えるニュースは、何処かのラジオ局が流している、<エルヴィス・プレスリー特集>などよりは、格段に価値あるものでありますから、「エレビスのラジオ特集」が「打ち切られ」て、「首相辞任のニュース」が「流れる」のは、理の当然と言うべきでありましょう。 


○  演習場より坂道ばかりの我が街に砲声響きガラス戸鳴る朝  (富士吉田市)萱沼勝由

 四席。
 山梨県富士吉田市には、陸上自衛隊北富士演習場( 陸上自衛隊北富士駐屯地)などの軍事施設が置かれている。


○  面体のいかつき男がベンチにてハトに弁当分くる様よし  (東京都)渡部鈴代

 五席。
 自分で言うのも何ですが、私・鳥羽散歩は「面体のいかつき男」ではありませんから、井の頭公園の「ベンチにてハトに弁当」を分け与えたりしても、東京都にお住いの本作の作者・渡部鈴代さんに「よし」と言われたりする可能性は皆無なのかも知れません! 
      面体のいかにも卑しきブリーダー!犬のウンチは必ず拾へ!


○  スーパーに手話の上手な人のゐてビニールごしに話の弾む  (延岡市)片伯部りつ子

 六席。
 「スーパー」には、「手話の上手な人」だとか、看護師資格を所持している人だとか、気象予報士資格を所持している人だとか、博物館学芸員資格を所持している人だとか、司書教諭資格を所持している人だとか、介護福祉士資格を所持している人だとか、甲種危険物取扱者資格を所持している人だとか、自家用ヘリコプター操縦免許を所持している人だとかがよく居て、彼らに共通しているのは、新型コロナウイルス感染防止の為にレジの周囲に張り巡らされたビニールの遮蔽幕越しに、来客に対して自慢話をよくする事である。
 宮崎県延岡市にお住いの本作の作者・片伯部りつ子さんに於かれましては、一体全体、如何なる国家資格(民間資格はダメ)をご所持なさっていらっしゃるのありましょうか?
      片伯部りつ子さんの所持してる国家資格は管理栄養士!


○  着ける日日ながくなりては目的を逸れつつおしゃれに傾くマスク  (仙台市)坂本捷子

 七席。
 一時期とは異なり、埼玉県や秋田県に於いても<アベノマスク>一辺倒では無くなりつつある、との事であります!
     エルメスのレースハンカチ転用し口と鼻とを塞げる奇腐人!


○  久々にタブレットにて会う母は別人のごとショートカットで  (光市)松本進

 八席。
 女性は髪をショートカットにすると最低でも十歳ぐらいは若く見られますからね!
     別人二十面相の母と会ふ光市教育文化会館にて!


○  「ここよ!ここよ!」アクリル板を貫くように叫んで終わるだけの面会  (船橋市)美土路順子

 九席。
 受刑者として刑務所に収監されているご子息との「面会」のようにも思われるのですが、内と外とを塞いでいるのが「アクリル板」ですから、高齢者介護施設での母と娘との面会の場面ですね!
     「二万円!」アクリル板の彼方から吾に支払ひ迫るレジ嬢!


○  鍬洗う水連の池は彼岸にもあるらん石川不二子さん逝く  (水戸市)中原千絵子

 末席及び永田選の四席。
 「六月に他界して歌人石川不二子さんの作をふまえた一首」とは、選者・佐佐木氏の寸評。 

       睡蓮の円錐形の蕾浮く池にざぶざぶと鍬洗ふなり        石川不二子
       荒れあれて雪積む夜もをさな児をかき抱きわがけものの眠り
       農業実習明日よりあるべく春の夜を軍手軍足買ひにいでたり
       母山羊と仔山羊がながく呼びかはす合歓の葉すでに眠るゆふべを
       みづみづしき相聞の歌など持たず疲れしときは君に倚りゆく
       化粧水の瓶にやさしき陽がさしてわれのはたちは今日にて終る
       囀りのゆたかなる春の野に住みてわがいふ声は子を叱る声
       紅梅が見たしと思ふ 唐突にせつぱつまりし如くに見たし
       のびあがりあかき罌粟咲く、身をせめて切なきことをわれは歌はぬ
       ルナアルの「博物誌」一冊あてがはれ置去られたるわれとこがらし  『牧歌』所収
       われとおなじ名を持つ林檎も薔薇もありこの世たのしとしばしば思へ
       るりたては瑠璃の紋ある翅ひらくくもりあまねき天より降り  『野の繭』所収
       行々子鳴く足守川のほとりなるグループホームに夫置きて来つ
       よく撓ふのが佳き萩ぞよその萩を見てきて称ふわが白萩を
       七回忌の姑夢に来て機嫌よしなぜか私も死にたくなりぬ
       銀化してガラスは貴くなるものをいつまでかあらんわが歌の命
       寒い日が続き背中がばんばんに凝つて固まる林檎食べよう
       病院の暁に息とまりゐし夫こそよけれ我もしかあれ
       身の細るまへに私の字が痩せて縦長になる 変な感じだ
       ななそぢといふ齢かな新しき死者増えふるき死者とほざかる
       瘠せやせて四十五キロの夫の傍(かたへ)雌かまきりになつた気がする
       嵩たかき妻に苦しみたる人か敵とるごとく病みて耄けぬ   『ゆきあひの空』 所収 

今週の「朝日歌壇」より(2020/9/20掲載) コロナ禍の今を生きねばならぬからマスク必ず掛けねばならぬ! 道端に捨てられてゐるマスクなら<アベノマスク>に決まつてゐます!  欠かせぬは夫の命日墓参り!再婚しても為さざるを得ぬ!  常に似ず薄化粧した連れ合ひと連れ立つて行く正倉院展!  「賭け麻雀!」「ジャパンライフ」と朝日新聞関係者による不祥事続く!  惜しまれて黄泉路を辿る人となり香典さへも辞退せしとふ!  鳥羽さんは「あなにやしえをとこ」なれど口が軽過ぎるのが欠点!  小石らは水切り競ひ川面跳ね水神様のお庭で遊ぶ!

     高野公彦選

○  バスに並びバスを追い抜くウーバーイーツ コロナの今を生きねばならぬ  (東京都)大野紀代

 首席。
 「車の行き来する大通りを自転車で走り抜ける仕事は危険を伴うが、彼らは生きる手段として選んだのだろう」とは、選者・高野氏の冷厳なる寸評である。
 作中の「ウーバーイーツ(Uber Eats)」とは、「アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置くウーバー・テクノロジーが2014年より展開しているオンラインフードデリバリーサービス 。2016年には、日本でもサービスが開始された。モバイルアプリケーションを使って、対応している飲食店に出前を注文できる」との事である。
     コロナ禍の今を生きねばならぬからマスク必ず掛けねばならぬ!


○  布マスク300円も売られおり手作り茄子や胡瓜の側に  (福山市)武暁

 次席。
 「ちょっと買ってみたくなる手作りマスク」とは、選者・高野氏の物見高い性格がよく表れている寸評である。
 「茄子や胡瓜」は、人間の「手」で作る以外には作る事が出来ませんから、「手作り茄子や胡瓜」という言い方は何か変な言い方ではありませんか!
 それに反して、「マスク」の場合はミシンなどの縫製機械で作る事も出来ますから、「手作りマスク」という言い方をしてもちっとも構いませんし、抵抗感も覚えません!
 否、それどころか、<アベノマスク>や<スガノマスク>や<ホカノマスク>などとは、一風趣きを異にした温かみさへ感じられます。
     道端に捨てられてゐるマスクなら<アベノマスク>に決まつてゐます!


○  ベランダに飛来の蟬が長居して鳴き止まぬなり夫の命日  (東京都)笠井順子

 三席。
 「この蟬はもしや夫の身代わりかも、との思い」とは、選者・高野氏の公式的にしてあまりにも幼稚な寸評である。
    欠かせぬは夫の命日墓参り!再婚しても為さざるを得ぬ!


○  常に似ず火床減らした送り火に鐘の音和するコロナ禍の京  (大津市)近藤克己

 四席。
 下掲の記事は、2020年8月16日21時01分付けの『朝日新聞DIGITAL』から転載したものでありますが、私・鳥羽散歩は、父祖以来、九十年余りに亘る朝日新聞の購読者でありますから、無断転載した事に就いては、枉げてご許容賜りたくお願い申し上げます。

 お盆に迎えた先祖の霊を送り出す伝統行事「五山送り火」が16日夜、京都市内であった。今年は新型コロナウイルスの影響で、主催する京都五山送り火連合会が規模を縮小。「火床(ひどこ)」と呼ばれる、点火する場所の数を大幅に減らしたため、「大」などの文字や図形は浮かび上がらなかった。
 五山送り火は例年、同市左京区の如意ケ嶽(にょいがたけ)に「大文字」がともされた後、市街地を囲む山々で東から西へ「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」が順に点火され、夜空に文字や図形が映える。
 こうした文字や図形を形作っているのは、遠くからは点状に見える一つ一つの火床だ。山腹に設けられたそれぞれの火床に割り木を積み上げて、保存会の会員たちが順に火をつけていく。
 しかし、今年は感染予防を重視。見物客らの混雑を避けるために、テレビやインターネットでの中継や配信で見るよう呼びかけたほか、作業にあたる保存会員の密集を避けるために火床の数を大幅に減らした。「大文字」は本来の火床75カ所を6カ所に。「妙」(103カ所)、「法」(63カ所)、船形(79カ所)、左大文字(53カ所)は、いずれも1カ所に。鳥居形は108カ所を2カ所だけにした。
 しかし、今年は感染予防を重視。見物客らの混雑を避けるために、テレビやインターネットでの中継や配信で見るよう呼びかけたほか、作業にあたる保存会員の密集を避けるために火床の数を大幅に減らした。「大文字」は本来の火床75カ所を6カ所に。「妙」(103カ所)、「法」(63カ所)、船形(79カ所)、左大文字(53カ所)は、いずれも1カ所に。鳥居形は108カ所を2カ所だけにした。
     常に似ず薄化粧した連れ合ひと連れ立つて行く正倉院展!


○  コロナ禍に届き続ける新聞は多くの手を経て来た宝物  (東京都)細井恵子

 五席。
 但し、「朝日新聞」に限っての話でありましょうが、「元朝日新聞政治部長が<ジャパンライフ>の顧問として、三千万円という高額の報酬を得ていた!」という話もありますから、今となっては、朝日新聞も「宝物」とは言えません!
 ところで、下掲の記事は、2020年9月18 21時00分付けの「朝日新聞DIGITAL」から無断転載したものである。

 家庭用磁気商品の「オーナー(販売預託)商法」で多額の現金を集めた「ジャパンライフ」元会長の山口隆祥容疑者(78)ら14人が詐欺容疑で逮捕された事件。
 被害弁護団によると、同社の会社案内には複数の報道機関のOBが顧問として紹介されていた。うち一人は元朝日新聞政治部長の橘優氏で、橘氏などによると、顧問だったのは退社2年後の2013年から破綻(はたん)直前の17年夏ごろまで。
 橘氏は取材に対し、「業務には一切関わっていない」と話した。顧問に就いた経緯について、山口容疑者が理事を務める文化系の一般社団法人の代表理事になり、「報酬はジャパンライフの顧問料として支払う」と説明されたという。橘氏は「顧問には便宜的になった」と説明した。
 ジャパンライフは1980年代には国会で「マルチまがい商法」と指摘されていたが、橘氏は「うかつで甘いといわれれば、そうだ。どんな会社か知らなかった」と強調した。同社のチラシに、与党幹部とともに名前や顔写真が掲載されていたが「知らなかった」と話す一方、山口容疑者が同席することになっていた報道機関の幹部やOBらの勉強会で、招待する政治家への出席依頼をしていたという。
 被害者側の弁護団によると、橘氏は同社から計約3千万円の顧問料を受け取っていたといい、被害者から損害賠償を求めて提訴されている。
     『朝日新聞社広報部のコメント』
 元政治部長の在職中の肩書が悪用されたとすれば、誠に遺憾です。退職後に社外から得た報酬などについては、本人の責任で対応すべきものと考えます。   (以上、無断転載終了)
 
広報部のコメントに「元政治部長の在職中の肩書が悪用されたとすれば、誠に遺憾です」とありますが、こと此処に及んで「悪用されたとすれば、誠に遺憾です」とは、何たる言い訳ならん!
 また、「退職後に社外から得た報酬などについては、本人の責任で対応すべきものと考えます」とありますが、それならば、件の元政治部長が在職中に得た報酬を朝日新聞社は、全額返還させて社会福祉事業に寄託すべきである!
     「賭け麻雀!」「ジャパンライフ」と朝日新聞関係者による不祥事続く!


○  生真面目な渡哲也を演じ切り「渡瀬道彦」この世を去りぬ  (香川県)藤井哲夫

 六席及び佐佐木選の末席。
 下掲の記事は、2020年8月14日19時58分付けの『朝日新聞DIGITAL』から、無断転載したものであるが、私・鳥羽散歩が、『朝日新聞DIGITAL』からの無断転載を頻繁に為す理由に就いては、先に釈明した通りでありますから、宜しくご承知置き下さい。

 俳優の渡哲也(わたり・てつや、本名渡瀬道彦=わたせ・みちひこ)さんが10日午後6時30分、肺炎のため、東京都内の病院で死去した。78歳だった。関係者によると、14日に家族葬を終えたという。お別れの会などについては本人の意向で行わない予定。
 64年日活入社。翌年「あばれ騎士道」でデビューした。石原裕次郎や小林旭に続く世代のアクションスターとして活躍。日活時代の代表作には「東京流れ者」「愛と死の記録」「無頼」シリーズなどがある。
 71年に石原プロモーション入り。75~76年には、東映で深作欣二監督の「仁義の墓場」「やくざの墓場・くちなしの花」に主演。後者でブルーリボン賞主演男優賞、毎日映画コンクール男優演技賞を受けるなど、義理や人情にとらわれない鮮烈な人物像を生んだ。
 70年代後半以降はテレビの仕事が増えた。石原プロの俳優たちとともに「大都会」や「西部警察」などに出演。硬派な刑事アクションで一世を風靡(ふうび)する一方で、「浮浪雲」などひょうひょうとした役でも味のある演技を見せた。日活時代から歌手としても活躍。73年の「くちなしの花」が大ヒットし、紅白歌合戦にも出場した。
 闘病を続けながらの俳優人生だ…  (以下省略)

 また、俳優の渡哲也氏のご逝去に就いては、当然の事ながら、マスコミ各社が、各社それぞれの見解に基づき、独自の角度から成る報道をしているのでありますが、その中の『NHK』の記事を、下記の通り無断転載させていただきます。

 日活のアクションスターとして多くの映画に出演したほか、「大都会」や「西部警察」などのテレビドラマで人気を集めた俳優の渡哲也さんが、今月10日、都内の病院で肺炎のため亡くなりました。78歳でした。
 渡さんは兵庫県淡路島出身で、昭和40年に映画「あばれ騎士道」でデビューし、日活のアクションスターとして活躍したあと石原裕次郎さんのプロダクションに入りました。
 その後、「大都会」や「西部警察」など、刑事もののテレビドラマシリーズで人気を不動のものとし、裕次郎さんが亡くなったあとは、いわゆる「石原軍団」を率いて幅広く活躍しました。
 NHKでは大河ドラマ「義経」で平清盛の役やスペシャルドラマ「坂の上の雲」で東郷平八郎の役を演じるなど、凛(りん)としたたたずまいと高い演技力で人気を集めました。
 平成17年には紫綬褒章を、平成25年には旭日小綬章を受章しています。
 渡さんは、平成27年に急性心筋梗塞で手術を受け、その後も肺気腫などを患い、自宅で療養しながらリハビリを続け、テレビコマーシャルへの出演などを続けてきました。
 渡哲也さんが亡くなったことについて、石原プロモーションは「長きにわたり病との闘いの末去る令和2年8月10日午後6時30分に肺炎のため都内の病院にて旅立ちました。ここに生前のご厚誼を深く感謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます」とするコメントを14日午後7時半すぎ公式のツイッターに掲載しました。
 この中で、葬儀については静かに送ってほしいという故人の強い希望により、14日、家族葬という形で執り行い、お別れの会やしのぶ会なども行わないとしています。
 また、香典や弔電などの儀も故人の遺志により、辞退するとのことです。
 そのうえで、「何卒、故人の遺志をご理解いただけますようお願いいたします。皆様のお心の中にて故人への祈りを捧げていただけますことを心よりお願い申し上げます」としています。
 インターネットのツイッターなどには、渡さんと交流のあった著名人から死を悼む声が相次いでいます。
 このうち、俳優の宍戸開さんは「“また一人日活俳優がなくなりました・・・”慎んで渡哲也さんのご冥福をお祈りいたします」とツイッターに投稿しています。
 また、お笑い芸人のドランクドラゴン塚地武雅さんは「渡哲也さん…おいしいごはんというドラマで師弟の役でご一緒させていただきました。椅子を手刀で割るというシーンで本番、いきなり頭で割る姿を見て驚きとサービス精神と漢気を感じ、プロだ!僕もこうならなきゃいけない!と思ったのを覚えています!」また、「渡哲也さん、その節はお世話になりました!1クールという短い時間でしたが近くでいろいろ見せていただいたことは勉強になることばかりで忘れません!謹んでご冥福をお祈り申し上げます!」と投稿しています。
 また、俳優の高橋克典さんは自身のブログに渡哲也さんと一緒に写っている写真を掲載し「心よりご冥福をお祈りします」とコメントしています。
 渡さんと同じ時期に日活で活動し、NHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」などの作品で共演した俳優の高橋英樹さんは「突然の訃報に、大変驚きました。私の中では、いつも元気な彼の姿しか思い浮かびません。共に日活映画時代の青春期を過ごした仲間。哲!早過ぎるよ!お疲れさま!の言葉しか見当たりません。ご冥福をお祈り致します」というコメントを出しました。
 俳優の渡哲也さんが亡くなったことについて、渋谷の街では死を悼む声が聞かれました。
 50代の会社員の男性は「『西部警察』など、昔からドラマでよく見ていた俳優さんです。最近になって、あまりテレビで見かけなくなっていたなと思っていました。78歳で亡くなられたというのは、今の時代ではちょっと早すぎるのではないかと残念です」と話していました。
 また、渡さんと同い年の78歳という理容師の男性は、「亡くなったニュースを知らなかったので、聞いてびっくりしました。同じ世代の人間からするととても寂しい気持ちです」と話していました。
 夫婦で渋谷を訪れていた50代の男性は、「渡さんといえば、西部警察のイメージですね。当時活躍した俳優の人たちが皆さんお年をとられているので、だんだん寂しくなっていきます」と話していました。
 また、女性も「最近までお酒のCMなどにも出演していたと思います。まだ年齢もそこまで高齢というわけでもなかったので、もっとテレビで活躍されると思っていました。とても残念です」と話していました。
     惜しまれて黄泉路を辿る人となり香典さへも辞退せしとふ!


○  「あなにやしえをとこ」なれど半年も夫と籠れば結界を張る  (川口市)春山ふみ子

 七席及び佐佐木選の八席。

 天地が初めて起こった時のことです。
 高天原という場所に神が現れました。
 名は天之御中主の神といいます。
 次に高御産巣日の神、次に神産巣日の神が現れました。
 これら三柱の神は揃って性別のない独り神で、そのまま姿を隠しました。
 その次に、まだ大地は出来たばかりで浮く脂のように、また海月のように漂っていたとき、葦の芽が芽吹いて来るように、物に命を吹き込む神が現れました。名は宇摩志阿斯訶備比古遅の神といいます。
 次に天上界が常にあるようにと現れたのが天之常立の神でした。
これら二柱ふたはしらの神も揃って性別のない独り神で、そのまま姿を隠しました。
 これまでの五柱神は、別天つ神といいます。
 次に神が現れ、名は国が永遠を司るという意味を持つ国之常立の神といいます。
 次に大自然に命を吹き込む豊雲野の神が現れました。
 この二柱の神もまた性別のない独り神で、そのまま姿を隠されました。
 次に神が現れ、名は宇比地迩の神、その妻須比智迩の神といいます。
 次に角杙の神、その妻活杙の神。
 次に意富斗能地の神、その妻大斗乃弁の神。
 次に於母陀流の神、その妻阿夜訶志古泥の神。
 次に伊邪那岐の神、その妻伊邪那美の神が現れました。
 これまでの事柄の中で、国之常立くにのとこたちの神から伊邪那美いざなみの神までを、合わせて神世七代といいます。
 はじめの二柱の性別のない独り神はそれぞれ一代と数え、次の二柱ずつの計十柱の男女一対の神は、それぞれ二神を合わせて一代と数えます。
 こうした事があって、最初に現れた三柱の天つ神が集まり、伊邪那岐命・伊邪那美命の二柱の神に、この漂える国の姿を整え土地を固めるよう命じ、天沼矛を賜わりました。
 そこでこの二柱の神は、天と地を結ぶ浮橋に立ちました。
 そして天つ神から授けられた沼矛を刺し下ろして、その先を動かして許々袁々呂々と鳴るように描きました。
 而して引き上げたところ、その先から垂れ落ちた塩が積み重なり、それが淤能碁呂島となりました。
 その島に天下り、天之御柱を見つけ気に入られ、また八尋殿を見つけ気に入られました。
 そこで、伊邪那岐命が聞きました。「おまえの体は、どのようなつくりになっているか。」
 伊邪那美命は答えました。「私の身体は然るべき形に出来ているのですが、閉じていない所がただ一か所だけあります。」
 伊邪那岐命は言いました。「そうか、私の身体は然るべき形に出来ているのだが飛び出ている所が一か所ある。因って、私のの飛び出ている部分をお前の閉じていない部分に差し塞いで、大地を作って産んだらどうだろうと思う。」
 伊邪那美命は答えました。「そうですね、良いことだと思います。」
 伊邪那岐命が言いました。「それでは、私とお前でこの天之御柱を回って逢い、寝所での交わりをしよう。」そして「おまえは右から回って逢い、私は左から回って逢おう。」と言い約束しました。
 回り終え、伊邪那美命が先に言いました。「まあ、本当に素敵な男性です。」
 その後に、伊邪那岐命が言いました。「ああ、本当に美しい女性だ。」
 それぞれに言った後、その妹に「女人が先に言うのは良くないが、それでも構わないだろう。」と告げて、寝所での交わりをして子を産みました。
 しかし、その子は水蛭子であったので、葦船に乗せて流し去りました。
 次に淡島を生みましたが、この子も不完全だったので子の中に含めません。
 ここに、二柱の神は相談して言いました。「今、私たちが産んだ子は良く有りませんでした。良くなるように天神の所へ行って申しましょう。」「そうですね。一緒に天上界に行って天神がなんと言われるか訊いて参りましょう。」
 そして天つ神が、太占により割れ目から占い、その告げたところによれば、「女が先に言った事が原因で、良くない事になった。もう一度帰って言う順番を改めよ。」という事でした。
 そうして戻り降って、先と同様に天御柱を回られ、今度は伊邪那岐命が先に「ああ、本当に美しい女性だ。」と言い、後に妹の伊邪那美命が「まあ、本当にすてきな男性です。」と言いました。
 こうして言われた通りに終えて、そうしたところ、子の淡道之穗之狹別島を生んだのでした。
 次に伊予之二名島を産みました。この島は、からだ一つに四つの顔があり、顔ごとに名前がありました。その内訳は伊予国は愛比賣といい、讃岐国は飯依比古といい、阿波国は大宜都比売といい、土佐の国は建依別といいます。
 次に隠岐之三子島を産みました。またの名を、天之忍許呂別といいます。
 次に筑紫島を産みました。この島も、からだ一つに四つの顔があり、顔ごとに名前がありました。その内訳は筑紫国は白日別けといい、豊国は豊日別といい、肥国は建日向日豊久士比泥別といい、熊襲国は建日別といいます。
 次に壱岐島を産みました。またの名を、天比登都柱といいます。
 次に対馬を産みました。またの名を、天之狭手依比売といいます。
 次に佐渡の島を産みました。
 次に大倭豊秋津島を産みました。またの名を天御虚空豊秋津根別といいます。
 そして、これまでの八つの島は先に生まれたことによって、大八洲の国といいます。
     鳥羽さんは「あなにやしえをとこ」なれど口が軽過ぎるのが欠点!


○  仁淀川に水切り競う小石跳ね川面はあおき水神の色  (東京都)松本知子

 九席。
 「仁淀川にて小石たちが水切りを競って、碧き川面で跳ねている光景」に見惚れている作者!
 その作者には、「仁淀川の川面の碧さが水神の色」のように見えるのであり、「水切りを競う小石たちは、仁淀川を統べる水神様の碧き境内で遊び戯れている」かの如くにも見えるのでありましょう。
 二句切れであり、「仁淀川に水切り競う」と呼んで一呼吸置くのであるが、情調的には、「仁淀川に水切り競う小石跳ね」と三句切れとして扱いがちである。
     小石らは水切り競ひ川面跳ね水神様のお庭で遊ぶ!     

今週の「朝日歌壇」より(2020/9/20掲載)  表面は反中!ひと皮剝けば中国賛美の入選作か? はにかんで羽織の紐を直すとき年劫経たる鵺想はする! 「参りました」と木村王位が礼をして藤井二冠が誕生したり! 予備校で居眠りばかりしてたから現役合格果たすのは無理! 裸婦像の胸にマスクを嵌めて遣れ!街の風紀を乱さぬやうに!  最果ての駅に降り立ち眺むれば指呼の間に在り北方四島!  経済を回す為ならやむを得ぬ感染者数激増しても!  お互ひに良い点だけを見せ合つて夫婦仲良く暮したいもの!  新しい総理大臣決まつたが施政方針旧態依然!

     永田和弘選

○  しょせん武漢どうせ香港のことなどと言えない明日が日本に来る  (東京都)野上卓

 首席。
 「香港から目を逸らしてはならない。各国が注視し続けることが力となる」とは、本作の作者の思惑を必ずしも理解しているとは思われない選者・永田氏の寸評での弁である。
 マスコミから「ああ言えば上祐」という、輝かしい王冠を奉られたオウム真理教の上祐史浩氏(1962年12月17日 - )はその後どうなったのでありましょうか?
 <地下鉄サリン事件>が起きたのは1995年3月20日のこと!
 当時、私は、横浜市内の或る高校の国語教師であったが、事件から2日経った同年の3月22日に山梨県警と警視庁の合同捜査隊が、<サティアン>と称するオウム真理教の巣窟に、カナリアの入った鳥籠を手にして踏み込んで行った光景を、なけなしの金を叩いて買った大型カラーテレビの画面で見惚れていたのでありました!
 <麻原彰晃こと本名・松本智津夫>を肇とした7人の事件関係者の死刑が執行されたのは、事件後23年の歳月を閲した2018年7月6日の事であり、彼ら7人の死刑囚の死刑執行命令を発令した当時の法務大臣は、菅内閣の法務大臣でもある上川陽子氏であった!
 「ああ言えば上祐」の上祐史宏氏は、<地下鉄サリン事件に直接的には関わらなかった>という事で死刑にはならず、その後、<宗教団体・アーレフ>を立ち上げ、一時期、<アーレフ代表>という肩書で、マスコミ雀たちを煙に巻いていたのであったが、その後の彼の行方は杳として知れません?
 昔語りはこれくらいにして、話題を本筋に戻しますと、本作は一見すると、「中国から目を逸らしてはならない!中国は油断のならない国だから、米英独仏日を肇とした民主主義を信奉している各国が、中国を注視し続けること大切である」といった趣旨の作品のようにも見受けられますが、何かと世知辛い令和の世の中でありますから、朝日歌壇の首席入選作の作者が「ああ言えば上祐」の類の人物である場合だってあり得ましょう。
 であるならば、私・鳥羽散歩としては、本作を評して、「香港から目を逸らしてはならない。各国が注視し続けることが力となる」と述べられた、選者・永田和宏氏の寸評には同調出来ません!
     表面は反中!ひと皮剝けば中国賛美の入選作か?


○  大胆に飛車差す指でぎこちなく羽織の紐を直す青年  (高槻市)寒川のり子

 次席。
 「藤井二冠の歌が多かった。寒川さんははにかんだような清潔な若さを、川野さんは敗れた棋士への注目がいい」とは、選者・永田氏の、次席入選作と三席入選作とを纏めての寸評でありますが、寸評中の「はにかんだような」という文言には同感の意を禁じ得ませんが、「清潔な若さ」という文言には、同感する事が出来ません!
     はにかんで羽織の紐を直すとき年劫経たる鵺想はする!


○  「参りました」右手を将棋盤(ばん)に礼をして木村王位は九段となる  (薩摩川内市)川野雄一

 三席。
 「木村王位は九段となる」という、四・五句目の簡潔なる叙述には感服しますが、「右手を将棋盤に礼をして」という、ニ、三句目の叙述は、言葉を無理矢理詰め込んだような感じであり、感心しません!
     「参りました」と木村王位が礼をして藤井二冠が誕生したり!


○  高校の昼のチャイムで目を覚ますまだ大学に行けない私  (吹田市)赤松みなみ

 四席及び佐佐木選の四席。
 「大学に行けない新一年生」とは、選者・永田氏の寸評でありますが、関西の大学では「一年生」という言い方をしないで「一回生」という言い方をしている、という事でありますから、永田氏の寸評は、「大学に行けない新一回生」と訂正されなければなりません!
     予備校で居眠りばかりしてたから現役合格果たすのは無理!


○  胸像のマスクに裸婦の夏帽子どこの町にも世話好きはゐる  (相馬市)根岸浩一

 五席。
 「胸像のマスクに裸婦の夏帽子」という、上の三句は、言葉を省略せずに言うならば、「(性別不明の)胸像には、自家製のマスクを掛けさせて、裸婦像には自家製の夏帽子を被らせている」という事になりましょうか?
 そんな細々しい事に就いてはどうでも宜しいけれど、日本全国「どこの町にも世話好きはゐる」ものであり、いずれそのうちに、彼らの寄付によって、安倍前総理の銅像が、日本全国各地の峠に建てられたりする事だってあり得ましょう!
     裸婦像の胸にマスクを嵌めて遣れ!街の風紀を乱さぬやうに!


○  最涯の終着駅は始発駅秋茜乗せワンマンカーゆく  (旭川市)廣瀬猛士

 六席。
 「<最果ての終着駅>としないで<最涯の駅>とした点に、本作の作者の細やかな工夫の跡が見受けられる!」とでも、誉めるべき場面ではありましょうが、件の「最涯」の駅に限らず、その方角の東西南北を問わず、「最果ての駅は常に終着駅」であり、また、最果てであると否とに関わらず、「終着駅は常に始発駅」なのである!
 そんな屁理屈はともかくとして、作中の「<最果て>ならぬ<最涯の駅>」とは、「北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の稚内駅」とお見受け致しました。
 また、作中の「秋茜」とは、俗に謂う「赤トンボ」の事でありましょうが、本作の作者・廣瀬猛士さんが本作の下の二句を、「赤トンボ乗せワンマンカーゆく」としないで、「秋茜乗せワンマンカー行く」としたのは、「そちらの方がより文学的で、より芸術的な表現になる」と思われたからなのでありましょう(笑い)!
      最果ての駅に降り立ち眺むれば指呼の間に在り北方四島!


○  僕の名はこうてつとらとカンチョルホ生まれたときから呼び名が二つ  (神戸市)康哲虎

 七席。
 神戸市にお住いの本作の作者・康哲虎さんは、件の呼び名「こうてつとら」と「カンチョルホ」とを使い分けして、過去半生を哀しみと優しさと憤怒の中に生き続けて来られたのでありましょう!
     康(かん)と康(こう)、康田(やすだ)と安田わが姓は自分しだいでいつでも変わる  康哲虎
     康(かん)と康(こう)二つの呼び名で生きており未だ一秒電話で迷う
     サンドバッグを叩きし手われは肩もみ上手な看護師
     ボクサーが元ボクサーになりにけり網膜剥離を告げられたる日
     本名でやってみろよと十代の我を引上げしボクシングの師
     ボクサーの明日を預かるセコンドの心が投げた黄色いタオル       
     地下鉄の吹き上げる風は一瞬のボクサーの夢人ごみに消ゆ       
     もう少し背が高ければボクシングやらなかったよ絵を描いてたよ       
     もし帰化をすれば笑顔で言えますか「日本人でよかったわ」と
     国籍はどうでもいいと嘯けば老いたるアボジ、オモニが黙る
     母国語と母語を隔てる日本海一度も越えず霞むふるさと
     信仰する神はないけど百人ほど信用できる知人はいます
     小六と小五の娘が言い放つ「アッパの短歌は工夫が足りない」
     争いはしない言い負かされてもいい吠えないでくれわが喉仏
     患者さんに殴られたあと少しだけ涙が落ちた看護師なのに
     芸ですか人の頭を叩くのは人を叩いて笑わせるのは 
     美しいニッポンそれは戦争が出来る国です、よね安倍首相
     喪失の底にも芽生えがあることを認知症ケアの醍醐味と知る
     泥水に沈んだ街を見ていない筈はないのにまた武器を買う
     今、生きるためにお金が要るんです戦闘機なんか要らないんです 
     公共放送なら何度でも作るべし辺野古埋め立て特集番組
     泥水に沈んだ街を見ていない筈はないのにまた武器を買う 
     僕は何もしていないだけど苦しくて拉致被害者の顔は見れない
     待っていたときに届かず待っていないときにもやはり来ぬ布マスク 
     新入生、新社会人はどこにいるマスクが並ぶ四月の車内      
     今、生きるためにお金が要るんです戦闘機なんか要らないんです       
     戦争が起きないように武器を買う戦争が出来るくらいの武器を 
     どの国の利益を守るためなのか防衛費27兆円は

     経済を回す為ならやむを得ぬ感染者数激増しても!


○  お互いに良い事だけを話題にし虚しく終わるオンライン帰省  (三原市)池田桂子

 八席。
 「お互いに良い事だけを話題にし」て「虚しく終わる」のが「オンライン帰省」の実態でありましょう!
 広島県三原市にお住いの本作の作者・池田桂子さんのご説には、全く以て同感せざるを得ません!
     お互ひに良い点だけを見せ合つて夫婦仲良く暮したいもの!
 

○  新しい教祖のように迎えられ麩をちぎる子に鯉のざわめく  (奈良市)山添聖子

 九席。
「子」の「ちぎる」「麩」を食べようとして、 庭の池の水面に「ざわめく」「鯉」を隠喩して、「新しい教祖のように」とする、発想の新鮮さに対しては、私・鳥羽散歩も脱帽せざるを得ません!
     新しい総理大臣決まつたが施政方針旧態依然!   

今週の「朝日歌壇」より(2020/9/20掲載)  「よしひで」は日本の総理になつたけどおらにとつてはただの「よしひで」!  看取り無く供花も香華も無き葬儀!直葬なれば致し方無し!  斯くなれば献体するが得策ぞ!医者の卵を育てる為に!  松田家は機械仕掛けの家なれば明けても暮れても貯金チクタク!  神島は三島由紀夫の『潮騒』でその名を馳せし海女さんの島!  レスボス島エーゲ海の北東部・ギリシア領の観光スポット!  県知事の森田健作!本名は鈴木栄治で人気低落!  四連休!またもや帰つて来たけれどパパはやつぱり座敷牢入り!  「ネコジャラシ」狗尾草の別名のイネ科一年生草本だ!  我が父は妾宅住まひ!月一の本宅帰りも欠かすほどなる!  浸みついた上から目線の世界観!科挙の代りの高文試験!  宰相の椅子に座つた菅さんはおらが横浜名誉市民だ!

     馬場あき子選

○  看取りなく通夜葬儀無く斎場で骨壺の来る死者数の一  (沼津市)東川勝範

 首席。
 「コロナで亡くなられた方のお骨を迎えた斎場か。一人一人、数では表せない生涯だが<死者数の一>が心に沁みる」とは、選者・馬場氏の寸評での弁であるが、本作を首席入選作とされたのは、ご主人に先立たれ、自らも老境に在るという選者・馬場あき子氏の思い寄せに因るものと推測される。
 「看取りなく通夜葬儀無く」という二句目までの文意は読み取れるが、「斎場で骨壺の来る死者数の一」という、三句目以下の文意は読み取れません。
 朝日歌壇に限らず、新聞や雑誌の投稿短歌欄の選者諸氏は、当然の事ながら、選者ご自身の経験や好みに応じて選歌されるのでありましょうが、本作の如き、文意の読み取りが困難な作品を入選作として推す事は如何なものでありましょうか?
 選歌という行為は、一に選者の冒険心の発露であり、時と場合に拠っては、常識的、一般的には、問題の在る作品を推す事もあり得ましょうが、本作の如き、文意不明瞭な作品を入選作とするのは如何なものでありましょうか?
 察するに、選者・馬場あき子氏は、本作の材料の良さに惚れ込んで、表現の不味さを敢えて無視なさったのでありましょう!
     看取り無く供花も香華も無き葬儀!直葬なれば致し方無し!
     斯くなれば献体するが得策ぞ!医者の卵を育てる為に!


○  一人暮らしに慣れた私がとまどった規則正しい実家のくらし  (富山市)松田わこ

 次席及び高野選の八席。
 「自立期の少女の素直なとまどいの表情」とは、選者・馬場氏の寸評である。
 いくら「一人暮らしに慣れた私」だからとて、「実家」という言葉は、本作の表現には馴染まなくて、一般常識に逆らうものでありましょう。
 短歌投稿の熟練者たる<松田わこ>さんが、惰性的に詠んだ駄作である!
     独り身の私でさへも手抜きなどしない場面で手抜きするママ!
     松田家は機械仕掛けの家なれば明けても暮れても貯金チクタク!


○  いつまでも母の采配稲を刈る「潮騒」の島鷹渡るころ  (津市)中山道治

 三席。
 「『潮騒』の島は鳥羽の神島。歌の場面も物語風に」とは、選者・馬場氏の寸評である。
 「いつまでも母の采配」とする二句切れでありましょうが、「稲を刈る『潮騒』の島鷹渡るころ」という下の三句は、言葉を詰め過ぎたような感じであり、観光案内的に材料を並べただけの感無きにしもあらず!
 三島由紀夫の小説にあまりにも寄り掛かり過ぎている感無きにしもあらず!
     神島は三島由紀夫の『潮騒』でその名を馳せし海女さんの島!
   

○  千三百人に水栓一つコロナ禍のレスボス島の難民キャンプ  (石川県)瀧上裕幸

 四席。
 「新型コロナウイルス禍」最中の旅行詠ならばまだしも、テレビや新聞・雑誌などから得た知識・情報に基づいての創作ならば、格別に誉めるべき点はありません!
 ただ単に、「レスボス島」という耳新しい土地に対する興味と、マスコミ情報から得た、レスボス島の「難民キャンプ」の深刻な給水事情に着目しての作品であり、それと、朝日歌壇への投稿を事とする作者の安穏たる生活との隔たりが見えて来るだけの事であり、この作品からは、先進国住民と開発途上地域住民との経済格差を糾弾し、私たち、先進国住民を啓発するといった意図は少しも見えて来ません!
     レスボス島エーゲ海の北東部・ギリシア領の観光スポット!


○  ヘルパーさんおらの方言口真似し「きばいやんせ」と活入れらるる  (千葉市)野崎耕二

 五席。
 末尾一句の「活入れらるる」という表現には、問題点無しとせず!
 連文節頭の「活」は「喝」と記すべきであり、「入れらるる」中の助動詞「らるる」は、<受け身の助動詞>なのか、<尊敬の助動詞>なのか判断がつかないような曖昧な使い方が為されている!
 更に言うなれば、本作の眼目とも云うべき、「ヘルパーさん・おら・きばいやんせ」などの俗語や方言の使用は、多分に、作者・野崎浩二さんの<上から目線>てきな発想や、弱者に対する<差別意識>に基いての表現のようにも思われるのである!
     野崎さん差別意識の権化にて「きばいやんせ」と総理を言ひぬ!
     県知事の森田健作!本名は鈴木栄治で人気低落!


○  夏休み帰ってきたよ東京から出ちゃだめパパはかくしておこう  (藤枝市)石塚文人

 六席及び高野選の末席。
 「パパはかくしておこう」などと、ヒットラー治世下のドイツのユダヤ人みたいな扱いである。
     四連休!またもや帰つて来たけれどパパはやつぱり座敷牢入り!
     

○  孫が飼うバッタの餌のネコジャラシ二株抜いて家路を急ぐ  (川越市)西村健児

 七席。
 <エノコログサ>の別名である「ネコジャラシ」は、「イネ科の雑草で駆除しないと庭、空き地、海岸どこでも生えているので、ほとんどの方が目にしたことのある雑草で、イネ科なので葉は細長く稲のようにスラッとしていて草丈は50センチぐらいの大きさです。季節が進み夏になると、この草の最大の特徴である穂が出てきてやがて穂に花が咲きます。やがて花粉が出るように受粉すると穂に実ができます。雑草中の雑草とも云うべき、このイネ科の一年生草本は、最大の特徴である穂の形が犬の尻尾みたいに見えたことから<犬ころ草>から<エノコログサ>になったと言われていて、漢字で書くと<狗尾草>となり、穂が狐の尻尾のようにも見えることから英語では<Foxtail Grass>とも呼ばれていています。また特徴的な穂を猫の前で動かすとよくじゃれつくことから<猫じゃらし>と呼ばれてるようになったのであり、世界中の湿地から乾いた荒れ地までどこでも繁殖する雑草です。さらに詳しいことは分かっていませんが、この草は、他の植物の成長を阻害するアレロパシー物質も発生させていると言われていて、この草が群生している所に他の植物が大きく成長することは少ないなどの、変わった生態を持っていますが、この草は、穀物として食べている粟の原種に当たるため粟との交雑が起こりやすい特徴もあります」との事である。
     「ネコジャラシ」狗尾草の別名のイネ科一年生草本だ!


○  供出を拒みし母の婚約指輪父は帰らず母もまた逝く  (竹原市)大多和紀子

 八席。
 我が家には、「供出を拒む」程の宝物とも云うべき「母の婚約指輪」などは無かったので、少年時代の私は、「供出」という言葉を聞けば、直ぐに思い出すのは、六十㎏入りの米俵に入れた「供出米」なのである。
 ところで、四句目に「父は帰らず」とありますが、「父」が帰らなかった理由は、戦死したからなのでありましょうか?
 それとも、別宅を構えていたからなのでありましょうか?
     我が父は妾宅住まひ!月一の本宅帰りも欠かすほどなる!


○  浸みついた力学的な世界観鎌倉以来の武士に科挙も無く  (大和市)李種太

 九席。
 文意不明、創作意図も不明な一首である!
     浸みついた上から目線の世界観!科挙の代りの高文試験!


○  復員の父を迎へし四歳はをぢさんと呼び後退りせし  (長野県)千葉俊彦

 末席。
 ついこないだまで、「令和おじさん」と呼ばれていた御仁が、総理大臣の椅子に座る世の中ですから、「四歳はをぢさんと呼び後退りせり」なんて言われたって、ピンと来ませんよ!
     宰相の椅子に座つた菅さんはおらが横浜名誉市民だ!
     「よしひで」は日本の総理になつたけどおらにとつてはただの「よしひで」! 

今週の「朝日歌壇」より(2020/9/20掲載)  片耳にマスク靡かせママチャリを漕いで赴く派遣先へと!  <ゴートゥーTRAVELキャンペーン>に乗つかれば凄く手軽に旅行が出来る!  風速が二十メートル手応えのある風に後押しされてのレース!  八年の政治まとめて一絡げ引き受けたのは令和小父さん!  ウェブ授業 顔を出さねばならないし!レポート提出すごく厳しい!  スマホもて米津玄師を聴きながら処暑のいちんち草刈機振る!  炎熱に渇く田圃の堰板を引けば一気に水躍り入る!

     佐佐木幸綱選

○  堰板を一気に引けば炎熱に渇く青田へ水躍り入る  (さいたま市)泉明

 首席。
  「炎熱に渇く青田へ」水を導入する為には、ただ単に「堰板を引けば」宜しいのであって、必ずしも「一気に引く」必要はありません!
 この副詞「一気に」は、「一気に引けば」と、「引けば」を連用修飾する位置に置かないで、「一気に水踊り入る」と、「水踊り入る」という<主述関係を成す連文節>を連用修飾する位置に置く方がより効果的なのである。
 従って、副詞「一気に」を置く位置には、問題無しとしません!
 また、「炎熱に渇く」田圃を「青田」とするのは宜しくありません!
 何故ならば、「青田」とは、<田植えしてしばらく日数が経ち、稲株が生き生きと増殖しつつある田圃>を指して謂う言葉でありますから!
     炎熱に渇く田圃の堰板を引けば一気に水躍り入る!


○  草雲雀畦のかしこに聴きながら処暑の一日を草刈機振る  (西条市)村上敏之

 次席。
 「草刈機振る」という五句目の十四音が抜群に宜しい!
 何故ならば、手持ち式電動草刈機で田圃の畦の草刈りをする場合は、「刈る」と云うよりも、むしろ「振る」と云った思いを込めて、大胆に刈らなければならないのであるから!
     スマホもて米津玄師を聴きながら処暑のいちんち草刈機振る!


○  「ウェブ授業課題でけっこう忙しい」笑うわが娘もパソコンの中  (三重県)中西左恵子

 三席。
 大学での「ウェブ授業」は、必ず出席して聴かなければならないし、その上、爾後に必ず課題レポートを提出しなければならないから、件の「わが娘」の言葉、即ち「課題でけっこう忙しい」には嘘がありません!
     ウェブ授業 顔を出さねばならないし!レポート提出すごく厳しい!


○  百年の暮らしまとめて早送りゴミにしていく実家の片付け  (神戸市)高寺美穂子

 五席。
 神戸市にお住いの本作の作者・高寺美穂子さんのご実家には、跡取りをするご親族が無くて、お気の毒な事に、離れて暮らす苗字の違う高寺美穂子さんが、ご両親の死後の後始末をしなければならないんですね!
 でも、幸いな事に、さしたる値打ちのある家具や道具がありませんから、「百年の暮らし」を十把一絡げに「まとめて早送り」して、「ゴミにしていく」だけのことですから、傍で思って居るよりも、全然楽な「実家の片付け」なんですね!
     八年の政治まとめて一絡げ引き受けたのは令和小父さん!


○  現場には手応えのある風が吹くテレワークなどできないわれら  (ひたちなか市)十亀弘史

 六席。
 収獄中の身の上とあっては、とてもじゃないが「テレワーク」など出来ませんからね!
 でも、監獄の外での作業現場には、それなりに「手応えのある風が吹く」から、必ずしも難儀とは言えません!
 何はともあれ、満期釈放の日が待たれる十亀弘史さんの昨今である!
     風速が二十メートル手応えのある風に後押しされてのレース!


○  母のしぐさ妻のしぐさを偲びつつ野良着を繕う一針ひとはり  (大館市)小林鐐悦

 七席。
 今どき、「母のしぐさ妻のしぐさを偲びつつ」「一針ひとはり」と「野良着を繕う」必要なんかありませんよ!
 折りも折り、平常の販売価格から五割も値引きした運動着を、店舗閉鎖直前のダイエー向ヶ丘遊園店で買って来て着ればいいだけの話ですからね!
     <ゴートゥーTRAVELキャンペーン>に乗つかれば凄く手軽に旅行が出来る!


○  片耳にマスクなびかせペダルこぐサーカスのような八月の朝  (広島市)坊田貴子

 九席。
 「片耳にマスクなびかせ」、自転車の「ペダル」を「こぐ」だけで「サーカスのような」気分に浸れるとは、今年の「八月の朝」は、何て素敵な朝なんでしょう!
 こんな素敵な気分に浸って居られるなら、「ウィズコロナ大歓迎!」って、私は大声で叫びたくもなりますよ!
     片耳にマスク靡かせママチャリを漕いで赴く派遣先へと!

今週の「朝日俳壇」より(2020/9/20掲載)  新撰組・近藤勇が長曽祢虎徹もて木端微塵に割りたる西瓜!  期せずして「流れ星!」との呼び声が重なり合つて驚く二人!  屍は強き訴へ為せざれば彼のトランプの惨敗待つのみ!  七変化わが境涯の如くにて夏の陽射しに耐えず枯れたり!  年ごとに風水害の増し行けば穂草となりて過ぐる待つのみ!

     大串章選

○   剣豪のごと西瓜割る牧師かな  (横浜市)飯島幹也

 首席。
 「<剣豪>が<牧師>とは、拍手喝采間違いなし」とは、選者・大串氏の寸評である。
 「剣豪が己が太刀を振り下ろすような振る舞いにて西瓜を割る牧師さんだなあ!」という一句であるが、私たち朝日俳壇の読者が「剣豪」という言葉を耳にして直ぐ思い起こすのは、<宮本武蔵>だとか<塚原卜伝>だとか<上泉伊勢守>だとか<柳生十兵衛>だとかといった戦国時代の武道の達人でありましょう。
 ところで、熱帯アフリカのサバンナ地帯や砂漠地帯を原産地とする「西瓜」なる野菜(?)が、我が国に入って来た時期に就いては、未だ定説らしき者が無くて、少なくとも室町時代以降とされて居て、天正7年、ポルトガル人が長崎にカボチャとスイカの種を持ち込んだ説や、慶安年間、隠元禅師が中国から種を持ち込んだ説が在る一方、元福岡藩士の宮崎安貞著の『農業全書』(1697年)には、「西瓜ハ昔ハ日本になし。寛永の末初て其種子来り。其後やうやく諸州にひろまる。」と記されているが、その一方、寺島良安により江戸時代中期の正徳2年に編纂された日本の類書(百科事典)・『和漢三才図会』では、慶安年間に隠元禅師が中国大陸から持ち帰った説を採って居て、江戸時代後期に日本全国に広まったのであるが、果肉が赤いことからなかなか受け入れられず、品種改良による大衆化によって栽培面積が増えるのは大正時代になってからである」との事である。
 例に拠って例の如くね俄か覚えの知識を長々と披歴させていただきましたが、要するに、件の剣豪たち、即ち、<宮本武蔵>だとか<塚原卜伝>だとか<上泉伊勢守>だとか<柳生十兵衛>だとかといった戦国時代の武道の達人は、西瓜を食する機会に恵まれなかったであろうし、ましてや、菅新総理の故郷・旧秋田県雄勝郡秋の宮村・川井集落の学童たちの夏休み中の年中行事の一つとされていた<西瓜割り大会>へ参加する事などは、夢にだに叶わなかったであろうと、私・鳥羽散歩には思われるのである。
     新撰組・近藤勇が長曽祢虎徹もて木端微塵に割りたる西瓜!


○   流星に声の重なる二人かな  (霧島市)久野茂樹

 次席。
 「流星を見た瞬間、同時に声を上げたのだ」とは、選者・大串章氏の<言わずもがな>の寸評である。
     期せずして「流れ星!」との呼び声が重なり合つて驚く二人!


○   屍の強き訴え原爆忌  (堺市)田宮美千代

 三席。
 「1945年8月、広島長崎に原爆が投下された。犠牲となった方々の<強き訴え>を忘れてはならない」とは、選者・大串氏の寸評。
 「屍は、あくまでも死体であるからして、『核兵器反対!』などと、声に出して<強き訴え>を為すことが不可能である」とは、私・鳥羽散歩の拙い寸評でありますが、殊更に、黄色人種の居住する我が国を選んで、原爆を二発も投下した米国やそれを支持した英国などの横暴を憎む点に於いては、本作の作者や選者の大串彰氏と全く同じですから、何卒、ご心配なさらずに!
     屍は強き訴へ為せざれば彼のトランプの惨敗待つのみ!


○   七変化わが人生の如くなり  (福岡市)前原善之

 五席。
 人間誰しも「七変化わが人生の如くなり」などと思いがちでありますが、実際には、「三つ子の魂なんとか」で、仮に百年の生涯を生き得たとしても、それほどにも変り映えのしない生き方をしているものである!
     七変化わが境涯の如くにて夏の陽射しに耐えず枯れたり!


○   道端の穂草となりて風を待つ  (神奈川県寒川町)石原美枝子

 六席。
 「道端の穂草となりて風を待つ」の心構えを以てすれば、「畢竟怖れるものは有らず」でありましょう!
     年ごとに風水害の増し行けば穂草となりて過ぐる待つのみ!

今週の「朝日俳壇」より(2020/9/20掲載)  雲の峰 吾に課されし宿題を出来る事なら解いて逝きたし!  諸人の空蟬と化し逝くならばお布施上がらず坊主が困る!  前途ある若者たちを鹿屋から出撃させた大西中将!  若き日の仲村さんの肉体は初穂の如くしなやかなりき!  古希過ぎて一日万歩のお散歩を欠かすこと無き平民の在り!

     長谷川櫂選

○   雲の峰我にも妻の在りし日々  (町田市)鈴木光士

 首席。
 「失って知るのだ。かけがえのない日々だったと」とは、選者・長谷川氏の寸評。
 入道雲の向こう側には何が在るのでしょうか?
 入道雲の向こう側に在るのは、雷様の褌を干している武蔵小杉駅前の高層マンションのアルミ格子に囲まれたベランダだけなのでありましょうか?
 私は、彼の入道雲の向こう側には七重八重に掛け渡された虹の橋が在る筈だ、と固く信じて居る人々と交友を結びたい!
     雲の峰 吾に課されし宿題を出来る事なら解いて逝きたし!


○   空蟬のひと日を経ずに風となる  (西東京市)岡崎実

 次席。
 「たちまた欠片となって消えてしまう」とは、選者・長谷川氏の寸評。
 富士山の青木ヶ原に埋められた女性の死体が完全に白骨化するには、少なくとも七年の歳月を要するとの事でありますが、「空蟬」が「風となる」までに要する時間は、たったの「一日」なのである!
 出来ることならば、私は空蟬になりたい!
 空蟬になって、連れ合いにも子供や孫たちにも、親類縁者や近隣の皆様方にも、檀家寺・浄土寺のお住職にも、キリスト教の牧師さんにも、愛宕神社の宮司さんにも、創○学会や天○教の信者のお婆さんたちにも迷惑を掛けないで風化したいものである。
     諸人の空蟬と化し逝くならばお布施上がらず坊主が困る!


○   若妻を画布に残して出撃す  (横浜市)橋本直樹

 三席。
 「無言館にて。思えば凄まじい時代であった。無季」とは、選者・長谷川氏の寸評でありますが、選者の長谷川櫂氏は、昭和二十九年二月二十日生れの戦争を知らない世代の若者でありましょう。
 その長谷川櫂氏が、掲句を評して「思えば凄まじい時代であった」などと仰る根拠は、奈辺に存在するのでありましょうか?
     前途ある若者たちを鹿屋から出撃させた大西中将!


○   月光や想へば匂ひたるからだ  (東京都)仲村初穂

 七席。
 「想へば匂ひたるからだ」とは、一体全体、何方様の<お身体>でありましょうか?
 「匂ひたるからだ」とは、東京都にお住いの本作の作者・仲村初穂さんの元・彼の<お身体>なのか?
 それとも、仲村初穂さんのご自身の若き頃の<お身体>と謂うよりも<肉体>なのか?
 まさか、法隆寺金堂の薬師三尊像の脇侍の月光菩薩様の清浄なる<御身体>を指して謂うのではありませんよね?
 冗談はともかくとして、「月光」に映える自らの若き頃の肉体を思い出して「想へば匂ひたるからだ」などとお詠みになられたとするならば、本作の作者・仲村初穂さんも、なかなかのナルシストではありませんか!
     若き日の仲村さんの肉体は初穂の如くしなやかなりき!


○  朝顔や日の出の前の一万歩  (尾張旭市)小野薫

 「<七十を過ぎましたが、まだ働きたいです>とある」とは、選者・長谷川氏の寸評。
 この度、総理大臣に就任した<令和小父さん>こと菅義偉氏は、朝一番に赤坂や永田町界隈に小一時間掛けてお散歩なさるとの事でありますが、尾張旭市にお住いの掲句の作者・小野薫さんも亦、「日の出の一万歩」のお散歩を、毎日欠かす事無く続けて居られるのであるならば、それは、菅新総理にも匹敵する並々ならぬご努力でありましょう!
     古希過ぎて一日万歩のお散歩を欠かすこと無き平民の在り!  

今週の「朝日俳壇」より(2020/9/20掲載)  出羽の国・秋ノ宮なる隠れ里!総理・菅氏の生家あるとふ!  故郷の横堀駅から上野まで集団就職列車に揺られたとふ嘘!  虫籠に昨夜の糧の残飯を詰めて狐狸など捕獲せむとす!  緑陰に生ひし令和の小父さんも権勢欲をめらめら燃やす!

     高山れおな選

○   今わたしをかしな秋を生きてます  (武蔵野市)相坂康

 首席。
 「読書の秋、食欲の秋……今年は確かに<をかしな秋>だ」とは、掲句の作者の創作意図をほぼほぼご理解なさっていると思われる、選者・高山れおな氏の行き届いた寸評である。
 私たち庶民からの轟轟たる非難の声に耳を傾けようともしないで、総理大臣の椅子にあくまでも執着していた彼の御仁が、政策に行き詰って政権を捨てたかと思うと、人口よりも熊の数の方が多い、秋田県の山奥(旧・秋の宮村)生れの無粋な御仁が総理の椅子を侵すなど、「今わたし」鳥羽散歩も、確かに「をかしな秋を生きて」いると思います。
 尚、「をかしな秋」とは、「奇妙奇天烈な秋」であると同時に「情趣深い秋」である事も、私たち、朝日俳壇の読者は決して忘れてはなりません!
     出羽の国・秋ノ宮なる隠れ里!総理・菅氏の生家あるとふ!


○   電線に全戸つながる残暑かな  (名古屋市)山内基成

 次席。
 「高柳克弘<ビルディングごとに組織や日の盛>にも通じる、いわば真理の写生」とは、選者・高山れおな氏の注釈を要する寸評である。
 詰まるところ、私たち関東地方の住人の大半は東京電力株式会社の支配下に在るのである。
 「高柳克弘」は「1980年静岡県生まれ。2002年、俳句結社<鷹>に入会、藤田湘子に師事。2004年、第19回俳句研究賞受賞。2005年、藤田湘子が逝去し新主宰・小川軽舟の下、「鷹」編集長に就任。2008年評論集『凛然たる青春』により第22回俳人協会評論新人賞受賞。2009年、第1句集『未踏』を出版、2010年同句集で第1回田中裕明賞を受賞。2016年第二句集『寒林』。2017年、Eテレ<NHK俳句>選者」である。

       ことごとく未踏なりけり冬の星
       一月やうすき影もつ紙コップ
       蝶ふれしところよりわれくづるるか
       大景に雪降りわれに雪降りけり
       てふてふや沼の深さのはかれざる
       卒業は明日シャンプーを泡立たす
       やはらかくなりて噴水了りけり
       缶詰の蓋に油や冬の滝
       人形の頭のうしろ螺子寒し
       白桃の舌のちからにくづれけり
       大会の近づくクロールのしぶき
       大欅夏まぎれなくわが胸に
       ゆびさきに蝶ゐしことのうすれけり
       死に至るやまひの蝶の乱舞かな
       キャラメルの角のゆるくて水澄める
       春昼の卵の中に死せるもの
       蝶々のあそぶ只中蝶生る
       ランボオの肋あらはや蝶生る
       在ることのあやふさ蝶の生まれけり  
       ストローの向き変はりたる春の風
       ナイターの果ての球場遺跡めく
       キューピーの翼小さしみなみかぜ
       雨よりも人しづかなるさくらかな   
       わが拳革命知らず雲の峯
       絵の中のひとはみな死者夏館
       マフラーのわれの十代捨てにけり
       ダウンジャケット金網の跡すぐ消ゆる
       イカロスの羽根冬帽に挿したきは
       うみどりのみなましろなる帰省かな   「高柳克弘第一句集『未踏』(H21.6刊)」より
       皆既日蝕ゼリーふるへてゐたりけり
       瓦礫の石抛る瓦礫に当たるのみ
       サンダルをさがすたましひ名取川
       蝶わたり文字渡り来し夏の海
       ぺらぺらの団扇を配る男かな
       ソーダ水をんな木馬に乗せておく
       夏館画商に犬の吠えかかる
       日盛や動物園は死を見せず
       標無く標求めず寒林行く
       踏み入れば我も影なり夜鳴蕎麦
       ナイターの果ての球場遺跡めく
       神は死んだプールの底の白い線
       ぶらんこに置く身世界は棘だらけ
       絵の少女生者憎める冬館
       小説を伏す船窓の寒潮に
       夏蝶やたちまち荒るる日の中庭
       皆既日蝕ゼリーふるへてゐたりけり
       夜も力抜かぬ鉄路よ去年今年
       手毬つく紅唇すこしゆるみをり
       嗚咽なし悲鳴なし世界地図麗らか
       この国のをはりに雨のかきつばた
       短日や模型の都市の清らなる
       眠られぬこどもの数よ春の星
       見る我に気づかぬ彼ら西瓜割
       雪投げの母子に我は誰でもなし
       冷房に黒き想念湧きやまず
       初茜地を焼く星のいつか降る
       この世から消えたく団扇ぱたぱたと
       名乗らぬ者扉を叩く炎暑かな
       月とペンそして一羽の鸚鵡あれば
       藻を踏みて蝦のあゆめる秋日かな
       絵の少女生者憎める冬館
       馬と眠る旅をしたしよ沙羅の花
       ふるさとを旅するこころ樺桜
       嗚咽なし悲鳴なし世界地図麗らか
       日盛や動物園は死を見せず
       皆既日蝕ゼリーふるへてゐたりけり   
       片隅にグッピーの死や美食会
       浜草履いんちきくきくさき色したる     
       梅雨寒や理工学部の長廊下   「高柳克弘第二句集『寒林』(H28.5刊)」より
     故郷の横堀駅から上野まで集団就職列車に揺られたとふ嘘!


○   虫籠にその日その日の夕餉の香  (東京都)竹内宗一郎

 三席。
 「妙に落ちついた調子と、そらとぼけた内容の合わせわざ」とは、選者・高山れおな氏の空とぼけ風な寸評である。
 今年の短い夏休みに、己が児と連れ立って昆虫採集に歩き廻る隣人の妻女が手にした虫籠の中に漂う「その日その日の夕餉の香」を敏感にも嗅ぎ当てたのは、東京都にお住いの暇人の竹内宗一郎さんなのかも知れません!
      虫籠に昨夜の糧の残飯を詰めて狐狸など捕獲せむとす!


○   緑陰やみな善人になつてをり  (川越市)米田友二郎

 六席。
 「緑陰の下に悪人は無し」とは、よく謂ったものである! 
      緑陰に生ひし令和の小父さんも権勢欲をめらめら燃やす!  

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

鳥羽散歩

Author:鳥羽散歩
卑しくも<詩歌ブログ>を名乗る以上は、イラストやカラー写真で以て読者に取り入ろうとしてはなりません。ましてや、田舎町の安手のレストランで食べた料理のカラー写真で以て読者を幻惑させようとするのは論外です!当ブログは、カラー写真やイラストの類の夾雑物は一切無しの<詩歌ブログ>です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

短歌 (867)
俳句 (339)
随想 (25)
詩 (8)
川柳 (18)
「朝日新聞」を読む (6)
昨日のトピック (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

designed by たけやん