fc2ブログ

archive: 2020年09月

今週の「朝日歌壇」より(2020/9/27掲載)  モリカケや桜や昭恵のみならず前宰相に数多の弱み!  「菅野好投、十二連勝!」の大見出し!「日刊スポーツ」悔し紛れに!  むくむくと遣り始めたのは佳かつたがパンクしたのは計算違ひ!  高尚な街のイメージ損なふな!田園調布学園大学!  私より十七歳も年下の長尾幹也氏にしてこの嘆き!  我が母を高齢者施設に押し込んで実家乗つ取る兄と兄嫁!  次々に録画され行く番組の多くはくだらぬ「お笑ひ物」だ!  「みなみのうお座」の「α星・フォーマルハウト」は迷子になりさう!

No image

     永田和弘選○  もりかけも桜も説明しないまま辞めていくのね病気とはいえ  (京都市)中尾素子 首席及び高野選の首席。 「首相辞任のニュースを聞いて、多くの人がまず思った感想か」とは、選者・永田氏の寸評であり、「長らく政界の頂点に君臨した人に対する京都流のやんわり皮肉」とは、選者・高野氏の寸評である。     モリカケや桜や昭恵のみならず前宰相に数多の弱み!     モリカケもサクラも妻女...

  • 0
  • -

今週の「朝日歌壇」より(2020/9/27掲載)  体調の悪さを理由に二度辞任!<御飯論法>得意な総理!  だうせ無になる人生ならば華の一つや二つは見にやならぬ!  覚えたての愚息の鳴らすウクレレの途切れ途切れが虫歯に刺さる!  照明はLEDに限ります!電気料金三分の一以下!  大臣が「ヤメレ」と言ふから止めるけど午前二時過ぎお迎へするとは!  勝つてなほ長く深々礼をする!さすが天才藤井二冠は!  今日もまた感染予防距離保ち産科医院に居並ぶ妊婦!  

No image

     高野公彦選○  体調が良くても悪政しか出来ぬ人と言えなくない秋の風  (京都市)森谷弘志 次席。 「長らく政界の頂点に君臨した人に対する京都流のやんわり皮肉」とは、選者・高野氏の寸評。 「体調が良くても悪政しか出来ぬ人と言えなくない」人とは、即ち、「体調が悪化したことを理由にして総理大臣を辞任したが、体調が良くても悪政しか出来なかったと言えなくない総理大臣」! この夏に総理大臣を辞任した...

  • 0
  • -

今週の「朝日歌壇」より(2020/9/27掲載)  和深駅<きのくに線>の無人駅!横堀駅より小さな駅だ!  面体の凄く卑しき飼ひ主よ!犬のウンチは必ず拾へ!  片伯部りつ子さんの所持してる国家資格は管理栄養士!  エルメスのレースハンカチ転用し口と鼻とを塞げる奇腐人!  別人二十面相の母と会ふ光市教育文化会館にて!  「二万円!」アクリル板の彼方から吾に支払ひ迫るレジ嬢!

No image

     佐佐木幸綱選○  解体で壁こわされて襖絵の鶴は日ざしを真っすぐ受ける  (秋田市)能登谷貴美子 首席。 「何十年もしかしたら百年以上、日に当たったことがない鶴の感じるまぶしさが伝わるような作」とは、選者・佐佐木氏の寸評。 「解体」されたのは、民家でありましょうか? それとも、藩主・佐竹氏の菩提寺の天徳寺や三皇熊野神社といった、著名な社寺でありましょうか? その孰れにしても、件の「襖絵の鶴...

  • 0
  • -

今週の「朝日歌壇」より(2020/9/20掲載) コロナ禍の今を生きねばならぬからマスク必ず掛けねばならぬ! 道端に捨てられてゐるマスクなら<アベノマスク>に決まつてゐます!  欠かせぬは夫の命日墓参り!再婚しても為さざるを得ぬ!  常に似ず薄化粧した連れ合ひと連れ立つて行く正倉院展!  「賭け麻雀!」「ジャパンライフ」と朝日新聞関係者による不祥事続く!  惜しまれて黄泉路を辿る人となり香典さへも辞退せしとふ!  鳥羽さんは「あなにやしえをとこ」なれど口が軽過ぎるのが欠点!  小石らは水切り競ひ川面跳ね水神様のお庭で遊ぶ!

No image

     高野公彦選○  バスに並びバスを追い抜くウーバーイーツ コロナの今を生きねばならぬ  (東京都)大野紀代 首席。 「車の行き来する大通りを自転車で走り抜ける仕事は危険を伴うが、彼らは生きる手段として選んだのだろう」とは、選者・高野氏の冷厳なる寸評である。 作中の「ウーバーイーツ(Uber Eats)」とは、「アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置くウーバー・テクノロジーが2014年よ...

  • 0
  • -

今週の「朝日歌壇」より(2020/9/20掲載)  表面は反中!ひと皮剝けば中国賛美の入選作か? はにかんで羽織の紐を直すとき年劫経たる鵺想はする! 「参りました」と木村王位が礼をして藤井二冠が誕生したり! 予備校で居眠りばかりしてたから現役合格果たすのは無理! 裸婦像の胸にマスクを嵌めて遣れ!街の風紀を乱さぬやうに!  最果ての駅に降り立ち眺むれば指呼の間に在り北方四島!  経済を回す為ならやむを得ぬ感染者数激増しても!  お互ひに良い点だけを見せ合つて夫婦仲良く暮したいもの!  新しい総理大臣決まつたが施政方針旧態依然!

No image

     永田和弘選○  しょせん武漢どうせ香港のことなどと言えない明日が日本に来る  (東京都)野上卓 首席。 「香港から目を逸らしてはならない。各国が注視し続けることが力となる」とは、本作の作者の思惑を必ずしも理解しているとは思われない選者・永田氏の寸評での弁である。 マスコミから「ああ言えば上祐」という、輝かしい王冠を奉られたオウム真理教の上祐史浩氏(1962年12月17日 - )はその後どうなったので...

  • 0
  • -

今週の「朝日歌壇」より(2020/9/20掲載)  「よしひで」は日本の総理になつたけどおらにとつてはただの「よしひで」!  看取り無く供花も香華も無き葬儀!直葬なれば致し方無し!  斯くなれば献体するが得策ぞ!医者の卵を育てる為に!  松田家は機械仕掛けの家なれば明けても暮れても貯金チクタク!  神島は三島由紀夫の『潮騒』でその名を馳せし海女さんの島!  レスボス島エーゲ海の北東部・ギリシア領の観光スポット!  県知事の森田健作!本名は鈴木栄治で人気低落!  四連休!またもや帰つて来たけれどパパはやつぱり座敷牢入り!  「ネコジャラシ」狗尾草の別名のイネ科一年生草本だ!  我が父は妾宅住まひ!月一の本宅帰りも欠かすほどなる!  浸みついた上から目線の世界観!科挙の代りの高文試験!  宰相の椅子に座つた菅さんはおらが横浜名誉市民だ!

No image

     馬場あき子選○  看取りなく通夜葬儀無く斎場で骨壺の来る死者数の一  (沼津市)東川勝範 首席。 「コロナで亡くなられた方のお骨を迎えた斎場か。一人一人、数では表せない生涯だが<死者数の一>が心に沁みる」とは、選者・馬場氏の寸評での弁であるが、本作を首席入選作とされたのは、ご主人に先立たれ、自らも老境に在るという選者・馬場あき子氏の思い寄せに因るものと推測される。 「看取りなく通夜葬儀無...

  • 0
  • -

今週の「朝日歌壇」より(2020/9/20掲載)  片耳にマスク靡かせママチャリを漕いで赴く派遣先へと!  <ゴートゥーTRAVELキャンペーン>に乗つかれば凄く手軽に旅行が出来る!  風速が二十メートル手応えのある風に後押しされてのレース!  八年の政治まとめて一絡げ引き受けたのは令和小父さん!  ウェブ授業 顔を出さねばならないし!レポート提出すごく厳しい!  スマホもて米津玄師を聴きながら処暑のいちんち草刈機振る!  炎熱に渇く田圃の堰板を引けば一気に水躍り入る!

No image

     佐佐木幸綱選○  堰板を一気に引けば炎熱に渇く青田へ水躍り入る  (さいたま市)泉明 首席。  「炎熱に渇く青田へ」水を導入する為には、ただ単に「堰板を引けば」宜しいのであって、必ずしも「一気に引く」必要はありません! この副詞「一気に」は、「一気に引けば」と、「引けば」を連用修飾する位置に置かないで、「一気に水踊り入る」と、「水踊り入る」という<主述関係を成す連文節>を連用修飾する位置...

  • 0
  • -

今週の「朝日俳壇」より(2020/9/20掲載)  新撰組・近藤勇が長曽祢虎徹もて木端微塵に割りたる西瓜!  期せずして「流れ星!」との呼び声が重なり合つて驚く二人!  屍は強き訴へ為せざれば彼のトランプの惨敗待つのみ!  七変化わが境涯の如くにて夏の陽射しに耐えず枯れたり!  年ごとに風水害の増し行けば穂草となりて過ぐる待つのみ!

No image

     大串章選○   剣豪のごと西瓜割る牧師かな  (横浜市)飯島幹也 首席。 「<剣豪>が<牧師>とは、拍手喝采間違いなし」とは、選者・大串氏の寸評である。 「剣豪が己が太刀を振り下ろすような振る舞いにて西瓜を割る牧師さんだなあ!」という一句であるが、私たち朝日俳壇の読者が「剣豪」という言葉を耳にして直ぐ思い起こすのは、<宮本武蔵>だとか<塚原卜伝>だとか<上泉伊勢守>だとか<柳生十兵衛>だ...

  • 0
  • -

今週の「朝日俳壇」より(2020/9/20掲載)  雲の峰 吾に課されし宿題を出来る事なら解いて逝きたし!  諸人の空蟬と化し逝くならばお布施上がらず坊主が困る!  前途ある若者たちを鹿屋から出撃させた大西中将!  若き日の仲村さんの肉体は初穂の如くしなやかなりき!  古希過ぎて一日万歩のお散歩を欠かすこと無き平民の在り!

No image

     長谷川櫂選○   雲の峰我にも妻の在りし日々  (町田市)鈴木光士 首席。 「失って知るのだ。かけがえのない日々だったと」とは、選者・長谷川氏の寸評。 入道雲の向こう側には何が在るのでしょうか? 入道雲の向こう側に在るのは、雷様の褌を干している武蔵小杉駅前の高層マンションのアルミ格子に囲まれたベランダだけなのでありましょうか? 私は、彼の入道雲の向こう側には七重八重に掛け渡された虹の橋が...

  • 0
  • -

今週の「朝日俳壇」より(2020/9/20掲載)  出羽の国・秋ノ宮なる隠れ里!総理・菅氏の生家あるとふ!  故郷の横堀駅から上野まで集団就職列車に揺られたとふ嘘!  虫籠に昨夜の糧の残飯を詰めて狐狸など捕獲せむとす!  緑陰に生ひし令和の小父さんも権勢欲をめらめら燃やす!

No image

     高山れおな選○   今わたしをかしな秋を生きてます  (武蔵野市)相坂康 首席。 「読書の秋、食欲の秋……今年は確かに<をかしな秋>だ」とは、掲句の作者の創作意図をほぼほぼご理解なさっていると思われる、選者・高山れおな氏の行き届いた寸評である。 私たち庶民からの轟轟たる非難の声に耳を傾けようともしないで、総理大臣の椅子にあくまでも執着していた彼の御仁が、政策に行き詰って政権を捨てたかと思う...

  • 0
  • -