fc2ブログ

archive: 2022年03月

「高島裕第六歌集『盂蘭盆世界』(TOY.・2021年)」を読む(其のⅡ)

No image

〇  里の古老の祖父の代いまだ倶利伽羅の谷に兜の落ちゐしといふ〇  昭和六十二年製造の天ぷら粉、母の冷蔵庫の隅にひそみゐき〇  生家にて一時間ほど眠りたり、足裏(あうら)ひんやり柱に当てて〇  青天のごとき声もて問ふべきに 9条改正論の萎え魔羅〇  戦後左翼・震災後右翼相似つつ群れて正義を四捨五入する〇  対岸の山を流るる霧として東京といふ古き夢あり〇  机から手を離したる数秒の子の独立をわれら称へ...

  • 0
  • -

「高島裕第六歌集『盂蘭盆世界』(TOY.・2021年)」を読む(其のⅠ)

No image

〇  ああ、ここで歌を作つたんだ。おのづから言(こと)を洩らせり傍らの妻へ〇  明け方を手負ひの犬と争ひて青羅のひとのゴミを奪へり〇  明日までは権利下にあるアパートの駐車場にて夜風を受けぬ  〇  ありがたう、ありがたう、われら人語もて送るほかなし、無垢のいのちを〇  一滴の乳を生(な)さざる男(をのこ)の身寂しきままに梅も過ぎたり〇  愛しさは傷みに似つつ吾子見れば気道焼かるるごとき心地す 〇 ...

  • 0
  • -

「森垣岳第一歌集『遺伝子の舟』(現代短歌社・2016年)」を読む(其のⅢ)

No image

 :第二回・現代短歌社賞受賞作の三百首から成る第一歌集であるが、作者の師である小池光氏の「今の目ですべての歌を見直して推敲しなさい」という一言が示す如く、短歌表現としての新機軸を打ち出している訳でも無く、題材以外には何ら取り柄の無い作品群である。 作者の職種が農業高校の教師であったがゆえに、取材源や題材が現代短歌社賞の選者諸氏(鑑賞眼が決定的に欠落した輩)にとっては格別に目新しいものに映ったのかもし...

  • 0
  • -

「森垣岳第一歌集『遺伝子の舟』(現代短歌社・2016年)」を読む(其のⅡ)

No image

〇  帰る地は今さらないが摩耶蘭の根茎白き切片を切る〇  鴉より黒き和牛が売られゆく生徒の群れに手を振られつつ〇  害獣のごとき食欲 信濃より送られて来し林檎を齧る〇  画家となる夢を今更あきらめてウツボカズラに虫を喰わせる〇  キッチンにセルリの青き匂いして君を待つ夜にスープ煮ており〇  草引きを終えた生徒が振り返り「先生僕に母はいないよ」〇  黒々と拡がる天上浮かびおる月に嫦娥の足音〇  けん...

  • 0
  • -

「森垣岳第一歌集『遺伝子の舟』(現代短歌社・2016年)」を読む(其のⅠ)

No image

〇  あかあかと林檎の果肉鮮やかな熱意のごとく教師なるべし〇  鮮やかな海老の話を聞きながら洗濯物を疊みいる妻〇  足早に目の前をゆく女生徒は入学以来マスク外さず〇  アスファルトを剝がす工事の道を越え妻は苺を買いにゆきたり〇  明日もまた勤務日となる金曜に種まく土を混ぜて過ごせり〇  新しい通学用の靴を履き桜の花を踏みしめてゆく〇  アナログは終わりましたと表示され画面は青き空の広がり〇  アン...

  • 0
  • -

「『題詠2009』のお題に寄せる百首歌」(其のⅤ)

No image

⁅081-早⁆ 〇   利尻産早煮昆布とアゴで採る出汁(だし)が秘伝の中華蕎麦召せ⁅082-源⁆〇   源(みなもと)をただせば清和天皇の第六皇子の貞純親王⁅083-憂鬱⁆〇   色褪せし我が青春の愛読書『パリの憂鬱』(ボードレール著)⁅084-河⁆〇   百年の河清を俟(ま)てぬ性(さが)にして行政改革断固遣るのみ⁅085-クリスマス⁆〇   地球上で最も早く一日が始まる島はクリスマス島⁅086-符⁆〇   初場所の升席券を割り符とし取引場...

  • 0
  • -

「『題詠2009』のお題に寄せる百首歌」(其のⅣ)

No image

⁅061-ピンク⁆     気になるわ!セクシーピンクのキャミ画像?関取・宇良の土俵マワシ⁅062-坂⁆     大阪が大坂だった頃のこと あたいの彼氏は秀頼だった⁅063-ゆらり⁆     震度3、ゆらりゆらりと家が揺れ、しばらくしたら収まりました⁅064-宮⁆     宮崎で男を上げてそのまんま東京に来て男を下げた⁅065-選挙⁆     国政に打って出るのか小池氏は?参院議員選挙の成り行き如何!⁅006-角⁆     角界を改...

  • 0
  • -

「『題詠2009』のお題に寄せる百首歌」(其のⅢ)

No image

⁅041-越⁆    伊賀越えは新墾道(にいはりみち)にて怪我多し草鞋替へませ御講中衆⁅042-クリック⁆    トナカイが花嫁乗せた橇を牽くベルクリックとう北欧の村⁅043-係⁆     「係恋」は「忘れ得ぬ情」!妻厭ふ斎藤茂吉に何の係恋?⁅044-わさび⁆     山峡(やまかい)の水辺に生うる草の葉に顔を寄すればわさびの香のす⁅045-幕⁆     営幕を突如どよもす雄叫びの謙信参ると確かに聞こゆ⁅046-常識⁆     常識に悖...

  • 0
  • -

「『題詠2009』のお題に寄せる百首歌」(其のⅡ)

No image

⁅021-くちぱし⁆     くちばしの黄色い秋刀魚が新鮮と妻は秋刀魚を血眼で選る     くちぱしをとんがらせてのゴリ押しに総理やむなく口を閉じたり⁅022-職⁆     「有職」は「故実知る」の意、俗に謂う「無職」とう語の対義語でなし     管理職・汚職・涜職・収賄罪!職を利しての不正所得!⁅023-シャツ⁆     「しまむら」で買い求めたるシャツを着て急行したる殺人現場⁅024-天ぷら⁆     天ぷらや命あっ...

  • 0
  • -

「『題詠2009』のお題に寄せる百首歌」(其のⅠ)

No image

⁅001-笑⁆     あの憎いお笑い野郎にコマサレて二児を孕んだ藤原紀子⁅002-一日⁆     一日に百万円も遣えたら友だちの友達も友だち⁅003-助⁆     助さんも格さんも無き令和の世 吾は天下の人工肛門     助さんや角さんたちに見限られ一年足らずで内閣瓦解⁅004-ひだまり⁆     ひだまりで鞦韆揺らし遊ぶ児の膝のあかぎれ治す軟膏⁅005-調⁆     我が職は人事課付けの調査役 人は私を窓際と云う⁅006-水玉⁆...

  • 0
  • -