FC2ブログ

詩歌句誌面

読解なくして論評あらず。

今週の「朝日俳壇」より(2021/2/21掲載)  初版!出血覚悟の大後悔!

     高山れおな選

〇   たてよこに鳥たわむれる冬木立  (長崎市)下道信雄

 首席。
 「枯木寒鴉など古来の着眼に類するが『たてよこに』でモダンに。桂信子に<たてよこに富士伸びてゐる夏野かな>」とは、選者・高山れおな氏の寸評である。
 掲句を掴まえて「枯木寒鴉など古来の着眼に類するが」と断言するところに高山れおな氏の高山れおな氏たる所以が在る!
     カステラを縦横に切り八等分一切れ食べて残りは後日!


〇   絨毯に優しき人の在りし跡  (新庄市)三浦大三

 次席。
 「故人の家を訪ねての感慨か。詠み口自体も優しい」とは、選者・高山れおな氏の寸評である。
 件の「絨毯」の何処にも井丹凹みが認められないのは、亡き人のお尻が殊の外に小さかったからなのかも知れません!
      殊の外お尻のデカい女ゆゑ凹みの目立つ形見の絨毯!


〇   溜席の美人佐保姫かも知れず  (伊丹市)保理江順子

 三席。
 「先日の初場所の景との事」とは、選者・高山れおな氏の寸評である。
      「相撲中継に映り込む<謎の美女>にネット上は大盛り上がり」!!
 白鵬、鶴竜の両横綱をはじめ、初日から関取16人が休場という異常事態で始まった大相撲初場所。10日目には綱取り場所だった大関・貴景勝まで左足首のケガで休場し、相撲協会は終盤の取組編成に苦労した。大関・正代と前頭・大栄翔と正代の優勝争いは千秋楽までもつれる展開になったとはいえ、見せ場は極めて少ない土俵になってしまった。そんな中、「土俵の外」で話題を集めていたのが、NHKの大相撲中継で向正面の東花道脇(テレビ画面では左上隅)に映り込む、背筋をピンと伸ばした女性だった。
 新型コロナ対策で観客がまばらな溜席の同じ位置、それも先場所から「皆勤」。凛とした佇まいもあいまって、相撲ファンの目に止まった。
 ネット上では、〈毎日同じ場所で観戦している姿勢の良いマスク女性は誰だ〉〈溜席のワンピースの正座女性〉と話題になり、「有名歌手Kの知人のモデル」「大物タニマチTが持っている席だ」などの具体的な書き込みもあった。
 白やピンクのロングワンピース、フレアトップス、プリーツスカートなど、日替わりの清楚系ファッションで、傍らに置かれた高級そうなバックも服装に合わせているのか毎日異なる。14日目となった23日は、白地に花柄をあしらった華やかなワンピース姿だった。
 そして、ネット上では「溜席の妖精」なる呼び名もついた。
 テレビ画面越しだけでなく、国技館で取材する相撲担当記者の間でも初場所序盤から話題になったが、彼女が何者なのかは謎のまま。場内警備を担当する若手親方に聞いてみたが、「いろんな知り合いから聞かれるけど、俺もわからないんだ。親方衆の間でも話題になっているんだけどね」というばかり。
 中日頃には「貴景勝の後援会のメンバーでは」という情報も流れたが、貴景勝の休場後も現われたことで”デマ”と判明した。
 彼女が連日座っている溜席は、「(今場所はコロナ対策で座席数制限を設けており)ネットやプレイガイドでは売り出されない、茶屋の常連客や親方が優先的に使用できる席のひとつです。協会や相撲部屋にそれなりに顔がきかないと、15日間通しで座ることはできないはず。また向正面は必ずテレビに映り込むので、視聴者の目にとまりやすいことはご本人も分かっているとは思います」(若手親方)とのこと。
 13日目の打ち出し後、帰路につく彼女に国技館前で話を聞いてみた。観客が一斉に出てくる中でも、清楚な雰囲気と特徴的な服装でひときわ目を引く。意外だったのは、溜席では背筋をピンと伸ばしているので長身に見えたが、どちらかというと小柄なタイプだったことだ。声をかけると、涼し気な笑顔で会釈してくれた。
 ──テレビ中継で東花道に毎日映る女性として話題になっていますが、お話を伺えませんでしょうか。
 「私は一般人なので…(再び軽く会釈)」
 ──どちらかの部屋の後援会の方でしょうか。
 「私ではなく、家族ですね」
 ──どの関取のファンなのか、聞かせてもらえませんか?
 「いえ、一般人なので…」
 そう言ってもう一度軽く会釈し、両国駅前のタクシー乗り場から乗り込んでいった。
 その後、協会関係者に取材を進めると「二所ノ関一門のある親方がお世話になったタニマチのお嬢さんだと聞いています。それ以上は話せません」ということだった。
 休場力士が相次ぐ中、皆勤を続けた「溜席の妖精」。相撲中継の視聴率にも貢献した(?)のだから、協会は「殊勲賞」として彼女を表彰してもいいのでは。
     マスク取り素顔顕はれ驚きぬ妖精ならぬ醜の御楯だ!


〇   暗いなあと外野手の声つちぐもり  (越谷市)新井高四郎

 四席。
 「外野手」とあるから、ベイスターズからFAでジャイアンツに移籍した梶谷隆幸選手なのかな、と思ったりもしましたが、いくら顔も口も育ちも悪い彼だって、紳士球団の巨人軍の一員となったからには、そんな不満めいたことは言ってられません!
 察するに、件の「外野手」が「暗いなあ!」と愚痴を零したのは、先々週の土曜日に川口市の青木町公園総合運動野球場で行われた草野球の試合での出来事だったのかも知れませんね!
     霾るや「暗いぢやんか!」と呟きて松原聖弥外野に走る!
 

〇   手袋を嵌め煮詰まつてくる答  (東京都)望月清彦

 五席。
 「手袋を嵌め」ると、何故か膠着状態に陥っていた商談も「煮詰まつていくる」から不思議なものですね!
 但し、同じ手袋と言っても「軍手」ではいけませんよ!
 最低でもブランド品の革手!
 出来得れば、「ポロ・ラルフローレン」ぐらいは嵌めてみたいものですね!
     ヘマをして小指三寸詰めたから革手嵌めてもサマにならない!


〇   下萌や生きよと言はれゐるやうな  (高山市)島尻順子

 六席。
 何しろ寒風吹き荒ぶ裏日本の凍土を突き破って姿を現わすんですから、その顕示欲たるや橋本聖子さんのそれに百層倍するものなのかも知れません!
 私・鳥羽散歩は、裏日本の野菜どころに生まれ育ったものですから下萌えした雑草の新芽は勿論の事、例え山菜であろうとも、コゴミだとか、カタクリの花だとか、薊の薹だとか、蕗の薹だとかの食べて美味しくないものは食べません。
そうそう、たったの今、思い出したばかりでありますが、私が<>

下萌の大盤石をもたげたる/高浜虚子
下萌のいたく踏まれて御開帳/芝不器男
相模ノ国国分寺址下萌ゆる 塩田博久
建仁寺八百年の下萌ゆる 宮崎正
南朝の風吹く史跡下萌ゆる 林和子
下萌や引込線の鉄路錆ぶ 石黒興平
下萌の日ごと広がる土手の道 後藤克彦
下萌の荒れ野斜めに過ぎりけり 山本無蓋
下萌や歩幅大きく測量士 佐々木よし子
妻の座の長き月日や下萌ゆる/川口咲子




〇   冒険の赤のセーター落ち着かず  (香川県琴平町)三宅久美子

 七席。

〇  知らんけど推すアイドルが推すおでん  (安曇野市)望月信彦

 末席。           
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

鳥羽散歩

Author:鳥羽散歩
卑しくも<詩歌ブログ>を名乗る以上は、イラストやカラー写真で以て読者に取り入ろうとしてはなりません。ましてや、田舎町の安手のレストランで食べた料理のカラー写真で以て読者を幻惑させようとするのは論外です!当ブログは、カラー写真やイラストの類の夾雑物は一切無しの<詩歌ブログ>です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

短歌 (867)
俳句 (339)
随想 (25)
詩 (8)
川柳 (18)
「朝日新聞」を読む (6)
昨日のトピック (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

designed by たけやん