FC2ブログ

詩歌句誌面

読解なくして論評あらず。

今週の「朝日歌壇」より(2021/2/21掲載)  

     高野公彦選

〇  赤貧とコロナの中へ出獄す失うものを持たぬ青空  (東京都)十亀弘史

 首席。
 「出獄しても待っているのは貧困生活とコロナ禍。しかし作品には生きる気力が凛々と満ちている」とは、選者・高野公彦氏の寸評である。
 迂闊にも、「茨城県ひたちなか市にお住いの十亀弘史」とまで記し、作者の住所欄に目線を遣ったところ「(東京都)十亀弘史」とあったので、朝日歌壇名物の十亀弘史さんか獄舎生活から解放されたことに気付きました。
 『ZENSHIN NEWS NETWORK』(2021.01.16付け)の報じるところに拠ると、「1月13日朝、迎賓館・横田爆取でっち上げ弾圧で4年7カ月の獄中闘争を貫徹した十亀弘史同志が、水戸刑務所から元気に出獄した。3日に出獄した板垣宏同志を始めとする出迎えの人々を前に、『完全黙秘・非転向で頑張りました。勝ったとはまだ言えないが、決して負けなかったと言える。労働者階級の力を示せたと思います』と語った」との事である。
 四年七カ月の牢獄生活から解き放たれたとは言え、本作の作者・十亀弘史さんの前に待っているのは、緊急事態宣言下の東京での暮らしと物見高い世間様の目線だけでありましょう。
 十亀弘史さんは、昭和十九年二月二十一日生まれですから、釈放前々日に喜寿の誕生日を迎えられたはずである。
 故郷の愛媛県東予市では、老齢のご両親がご子息の帰りを待ち焦がれて居られるに違いありません。
     勝ちもせず負けもせずとは言ふけれど寄る年波に勝つこと出来ず!
     「赤貧は洗ふが如し」と云ふけれど洗へど落ちぬ垢をあるんだ!
 

〇  朝の雪コロナ禍の今ありがとう 新聞受けのメッセージに泣く  (甲州市)麻生孝

 次席。
 「新聞の配達先の人から感謝され、感激する作者」とは、選者・高野公彦氏の寸評である。
 山梨県甲州市にお住いの本作の作者・麻生孝さんは朝日新聞を配達する方のご苦労を思い、コロナ禍の朝早く、路面に降り積もる深雪の除雪でもされたのでありましょうか?
     日頃からお世話になつてる人のため除雪作業に勤しむ暇人!
     暇人と言はれたつても構はない暇があるだけ少しは増しだ!


〇  天翔る鳥となるため白鳥は韋駄天走りに泥田を羽搏つ  (羽咋市)北野みや子

 三席。
 「空に浮かぶために必死で泥田を走る白鳥の健気な姿」とは、選者・高野公彦氏の寸評である。
 「白鳥」はその名に相応しからぬ体重であるが故に、一端「天翔」ようとする際には、「韋駄天走りに泥田を羽搏つ」など、並大抵の苦労ではない苦労をしなければならないのである。
     天翔ける鳥になるため格安の搭乗券を求むる吾は!
     大関の貴景勝の体重に劣る筈なき白鳥のそれ!


〇  風花とふ言葉教へし師のありてふるさとしなの麻績小学校  (土浦市)佐藤由美子

 四席。
 「風花・師・ふるさと・しなの」などと、一語だけで詩になるような美しく懐かしい言葉から構成されている一首であるが、それらの中でも取り分けて美しく懐かしいのは、何と言っても「麻績小学校」という校名でありましょう。
 ところで、「麻績村は、長野県東筑摩郡の村である。長野県の中信地区、北国西街道沿いに位置し、麻績宿が設置されていた。村内には聖山(ひじりやま)があり、越後の高僧である聖がこの山を修行山としたことが名前の由来であり、その後も幾つかの寺院が建立された。村内に在る学校は、麻績村立麻績小学校、及び麻績村立筑北中学校の二校だけである」との事、村立の二校を卒業された後、幸・不幸、様々なる人生経験を経られて、原住地・茨城県土浦市にお住いになられる迄の作者の半生が偲ばれる一首である!
     聖山 小高い岡に過ぎません!美味しい兎が獲れるぞたまに!
     麻績川に小鮒を釣りし彼の日々の友達はみな音信不通!


〇  わが前で妻に尾を振る老犬はパワーバランス熟知しており  (福岡県)末松博明

 五席。
 「パワーバランス熟知しており」とは、極めて僻みっぽい言い方であるが、私・鳥羽散歩と連れ合いとの関係も全く同様でありますから、作者の気持ちには同感せざるを得ません!
     犬にまで嫌はれちやつてこれ以上長生きしても楽しみが無い!
     老犬よたまには僕の前でだつて尾ぐらい振つていいではないか!


〇  馬毛島のボーリング調査始まりぬ揺れる小舟に乗る反対派  (西之表市)島田紘一

 七席。
 「時価相場の百層倍の札束を叩いて、自公連立政権が宗主国のアメリカさんの為に入手した!」との噂も高い馬毛島を巡って、過日行われた西之表市長選挙で、在日米軍の空母艦載機訓練の馬毛島への移転計画に反対する現職が八選を果たしたとのことでありますが、その得票差は微差であり、菅政権は移転計画を変更する事なく断行するとの事でありますが、その帰趨は如何ならんや?
     馬毛島に辺野古の海にモリカケに桜を観る会東北新社!


〇  酒あおり久方ぶりに熟睡す永遠の眠りの姉の隣で  (光市)松本進

 八席。
 「久方ぶりに熟睡」と「永遠の眠り」との対比!
 通夜番の一夜、永遠の眠りに就いた姉の亡骸の入った棺の前で未だ息災の年下の兄弟姉妹たちとお酒を飲み交わした後、酒の勢いを借りて二つ折りにした座布団を枕代わりにして熟睡しているのは、山口県光市にお住いの本作の作者・松本進さんである。
 酒の力を借りて「久方ぶりに熟睡」している作者も亦、孰れその裡に、永遠の眠りを就かれるのでありましょうが、その点に就いては、私・鳥羽散歩も全く同様でありましょう。
     酒煽り棺の前に眠りても孰れそのうち死期訪れむ!


〇  告げられしステージⅢは闘病の始まりなだけ死ぬのではない  (向井好美)

 末席。
 昨今の医学の進歩は目覚ましく、「癌」は今や死の病に非ず!
 「ステージⅢ」を宣告されて後、十年以上も息災で三十歳年下の初婚の男性と再婚した八十代の女性が、私・鳥羽散歩の近辺に居たりするのである。
     告げられしステージⅢを武器にして更に一期の市長就任!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

鳥羽散歩

Author:鳥羽散歩
卑しくも<詩歌ブログ>を名乗る以上は、イラストやカラー写真で以て読者に取り入ろうとしてはなりません。ましてや、田舎町の安手のレストランで食べた料理のカラー写真で以て読者を幻惑させようとするのは論外です!当ブログは、カラー写真やイラストの類の夾雑物は一切無しの<詩歌ブログ>です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

短歌 (867)
俳句 (339)
随想 (25)
詩 (8)
川柳 (18)
「朝日新聞」を読む (6)
昨日のトピック (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

designed by たけやん