FC2ブログ

詩歌句誌面

読解なくして論評あらず。

今週の「朝日歌壇」より(2021/2/21掲載)  日の丸を掲げ祝ふる家も無く今日は天皇誕生日なり!

     馬場あき子選

〇  冬休み明けラテン語の先生の声は今年も低くつややか  (富山市)松田わこ

 首席並びに高野選の六席。
 「ラテン語の先生は『低くつややか』な声に人物まで浮かぶようだ」とは、選者・馬場あき子氏の寸評である。
 「今年も低くつややか」との着目点の宜しさが評価されての首席入選でありましょうか?
 ところで、「ラテン語の先生」に留意すると、本作の作者・松田わこさんは、昨春、真に目出度くも東京大学に合格し、現在、第三外国語として「ラテン語」を履修して居られるものと推測される?
     冗談は止せよ!松田わこさんは管理栄養士を目指してるんだ!


〇  自らが濃厚接触者と知りし生徒は差別を恐れて泣きぬ  (神戸市)斎賀万智

 次席。
 「幼い濃厚接触者の恐れが痛ましい」とは、選者・馬場あき子氏の寸評である。
 作中の一語「生徒」に留意すると、神戸市にお住いの本作の作者・斎賀万智さんは、件の「生徒」を教え導く立場の人間、則ち、件の生徒が在籍する学校の先生なのかも知れません!
 であるとしたならば、本作の作者・斎賀万智さんは、自らの勤務校の「生徒」がコロナウイルス感染者の「濃厚接触者」であると知らされて級友たちからの「差別を恐れて」泣いているのにも関わらず、件の「生徒」を励まし守り庇おうともせずに、朝日歌壇に投稿する短歌のネタにしているような不届千万なる教師と断定せざるを得ません!
 であるとしても、数多くの先生たちの中には、「佐野朋子のばかころしたろと思ひつつ教室へ行きしが佐野朋子をらず」などという不届千万なる名歌で以て知られた超著名なる歌人も居られますから、私・鳥羽散歩は、本作の作者を一概に貶したりは致しません!
     万智さんもコロナ感染すれば良し!実体験をネタに歌詠め!


〇  唯一の被爆国が加入せぬ核禁条約たくましく発つ  (安中市)鬼形輝男

 三席。
 「同じ嘆きをうたった歌が多くあった」とは、選者・馬場あき子氏の寸評である。
 総合的且つ俯瞰的見地に立っての非加入でありましょうから、私たち庶民は如何様にも出来ません!
     唯一の被爆国にて非加入の理由は日米軍事同盟!


〇  スペイン風邪を生きぬきし詩人を福岡の獄で死なせた治安維持法  (宇治市)紺谷延子

 四席。
 「詩人は尹東柱。民族独立運動の途上で獄死した」とは、選者・馬場あき子氏の寸評である。
 「尹東柱(윤동주)」は、「太平洋戦争中に日本の立教大学に留学し、その後京都の同志社大学に転学し、そこで朝鮮独立運動に関わると疑われ治安維持法違反の容疑で逮捕され、福岡刑務所にて収監されている間にわずか27歳で獄死した。その残された詩は、学校での朝鮮語教育も制限された時代に、全編朝鮮語で書かれていた」との事である。

     死ぬ日まで天を仰ぎ
     一点の恥じ入ることもないことを、
     葉あいにおきる風にさえ
     私は思い煩った
     星を歌う心で
     すべての絶え入るものをいとおしまねば
     そして私に与えられた道を
     歩いてゆかねば。
     今夜も星が 風にかすれて泣いている。
                        (一九四一.一一.二〇)
                   尹東柱詩集『空と風と星と詩』その1「序詩」(金時鐘編訳岩波文庫、2012年)

     残されし少なき日々を惜しみつつ真摯に歌を詠むべし鳥羽も!



〇  蠼螋、百足、蚯蚓らかたまりてなかよく冬越す朽木のうろに  (蓮田市)斎藤哲哉

 五席。
 埼玉県人の「ゲテモノ趣味」とは、よく謂ったものである!
     ワニ・サソリ・マムシ・イグアナ・アナコンダ・ニシキヘビ・セイジカ・カメレオン!
 埼玉県人はだしの「ゲテモノ趣味」に徹しながらも、「ニシキヘビ・セイジカ・カメレオン」とする、下二句十四音に見れらる<句割れ・句跨り>の技巧にご注目あれ!


〇  北関東はやはり寂しい梨盗人は「帰国の金ない」実習生なりき  (水戸市)中原千絵子

 六席。

 下記は、平成三十年十月末現在の「茨城県の外国人雇用届出状況」である。

 ○ 外国人労働者を雇用している県内事業所数は 5,857 事業所【全国 10 位】(前年 10位)で、前年同期と比較すると 598 事業所、11.4%の増加となった。また、県内の外国人労働者数は 35,062 人 【全国 9 位】(前年9位)で、前年同期と比較すると
3,697 人、11.8%の増加となった(平成 19 年 10 月に届出が義務化されて以来、事業所数・労働者数ともに過去最高。)
 ○ 国籍別外国人労働者数は、中国(香港等を含む)の 8,015 人(外国人労働者全体の22.9%)が最も多く、次いでフィリピン、ベトナムの順で、それぞれ 5,997 人(同17.1%)、5,178 人(同 14.8%)となっている。
 ○ 在留資格別の外国人労働者数は、永住者や永住者を配偶者に持つ人等「身分に基づく在留資格」の 14,089 人(外国人労働者全体の 40.2%)が最も多く、次いで「技能実習」が 13,174 人(同 37.6%)、技術・人文知識・国際業務等「専門的・技術的分野の在留資格」が 3,768 人(同 10.7%)となっている。
 ○ 地域別の外国人労働者数は、ハローワーク土浦管内の 8,558 人(県内全体の24.4%)が最も多く、次いでハローワーク常総管内の 6,035 人(同 17.2%)、ハローワーク筑西管内の 4,440 人(同 12.7%)となっている。

 件の「茨城県」に限らず、栃木県・群馬県などの北関東地方には外国人労働者が多く、しかも、その作業内容は、飲食業や風俗業に従事している東京・横浜などの首都圏内のそれとは異にしていて、中小零細企業での工業生産や農作業に従事しているケースが大半なのである。
      茨城は凄く寂しいライバルの栃木に越され人気最下位!


〇  澄みわたる真冬の空の水色を抱きしめる卒論提出日  (富山市)松田梨子

 七席。
 「朝日歌壇」名物の<松田短歌姉妹>のお姉さん・松田梨子さんの先週の投稿作「卒論をプリントアウトしドンドンとそろえる音のうれしい響き」は、馬場あき子選の首席入選作でありましたが、<強い者苛め>の好きな私・鳥羽散歩は、その傑作を評して「<トントンとそろえる音>の軽さがいみじくも<卒論>の内容の軽さを象徴しているのである」などと、嫉妬に駆られた余りに少し意地悪な論評を加えたようにも記憶して居りますが、今週の投稿作は、妹の松田わこさんに後れを取って七席入選である。
 それは兎も角として、「卒論提出」真におめでとうございます!
     トントンと揃える音の軽さには遊び惚けし四年の思ひ!


〇  10分のオンラインなる面会にただ手を振りし病院の妻  (吹田市)船越一英

 八席。
 「ただ手を振る」しか為す術の無い、たった「10分」きりの「オンラインなる面会」だったんですね!
     夫として為すべき事も為し得ずに手を振るだけの六百秒間!


〇  コロナ禍の北吹く野良に勤しめる実習生の交はす母国語  (和歌山県)市ノ瀬伊久男

 九席。
 作中の「実習生」とは、「農業の外国人技能実習生」であり、「その実態は、技能実習との名目で外国人労働者を低賃金で農作業に従事させて、農家の人手不足の解消を図っている」という説も為されているのである。
 「例年ならば年末に一時帰国する筈の実習生諸氏が、コロナ禍の為にそれが叶わず、正月元旦から寒風吹き荒ぶ畑の中で野菜やミカンなどの収穫に勤しんでいた」とのニュースが、朝日新聞を始めとしたマスコミ報道が為されていたことを、私も記憶している。
     コロナ禍に北吹く風が重なつて凄く辛いがお金も欲しい!


〇  御神渡りの期待の結氷打ち砕き零下七度の風吹き渡る  (松本市)馬木和彦

 末席。
 【問】 長野県松本市にお住いの本作の作者・馬木和彦さんは、如何なる理由で以て、「御神渡り」を「期待」してるのでありましょうか?
 【答】 長野県松本市にお住いの本作の作者・馬木和彦さんは、我が国有数の観光県・長野県の県民の一人であるが故に、「御神渡り」を「期待」してるのでありましょう! 
 ところで、「御神渡り」とは、「凍結した湖や沼の氷が堤状にせり上がる自然現象。長野県・諏訪湖のものが有名で、昼夜の寒暖差などにより裂け上がった氷の高さは30センチから1メートル80センチほどになる。湖を横切るようにできるため、神が渡った跡であるかのように思われ、この名がついた。諏訪湖の伝説では、諏訪神社の上社の男神・建御名方神(タケミナカタノカミ)が下社の女神・八坂刀売神(ヤサカトメノカミ)へ会いに通った道とされている。諏訪湖の御神渡りを検分する特殊神事<御渡り神事>は1978年、諏訪市無形民俗文化財に指定された」との事であり、「諏訪湖の御神渡り」に就いては、「結氷が早い年は豊作、遅い年、できない年は不作、また下諏訪側にできた時は豊作、天竜川の河口方面にできた時は不作という言い伝えがある」との事である。
     御神渡り観るため諏訪に押し寄せる観光客がゼロなら不作!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

鳥羽散歩

Author:鳥羽散歩
卑しくも<詩歌ブログ>を名乗る以上は、イラストやカラー写真で以て読者に取り入ろうとしてはなりません。ましてや、田舎町の安手のレストランで食べた料理のカラー写真で以て読者を幻惑させようとするのは論外です!当ブログは、カラー写真やイラストの類の夾雑物は一切無しの<詩歌ブログ>です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

短歌 (867)
俳句 (339)
随想 (25)
詩 (8)
川柳 (18)
「朝日新聞」を読む (6)
昨日のトピック (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

designed by たけやん