FC2ブログ

詩歌句誌面

読解なくして論評あらず。

今週の「朝日歌壇」より(2021/4/4)

     永田和宏選

○  水平に銃を構えて民を打つミャンマー兵を「国軍」と呼ぶ  (観音寺市)篠原俊則

 首席。
 猟師が鹿や猪や鴨などを狙って銃を構える時とは少し違っていて真剣味にも欠ける動作のようにも思われるが、「水平に銃」を構えるのが、反政府デモに結集するミャンマーの民衆に向かって威嚇射撃する時の「ミャンマー兵」たちに見られる定番的なスタイルである。
 そんな彼らが「国軍」であるミャンマーに毅然とした態度で接することが出来ない我が国!
 相手が我が国の国土を侵略する国であろうが、「水平に銃を構えて」自国民を虐殺する国であろうが、トヨタの自動車を売り、トヨトミの電気ストーブを売り、化石燃料発電システムを売って外貨を稼がねば立ち行かない我が国!
 あと一ヶ月あまりで八十一歳になり、その上、不治の病を抱えておろおろしている私・鳥羽散歩に、約束済みのワクチン注射を未だ打ってくれようとしない不実な我が国の自公連立政権!
 
  
○  つぎつぎと後尾の見えぬデモ隊も銃を構える兵らも若き  (静岡市)篠原三郎

 次席。
 「つぎつぎと」という連用修飾語が修飾相手を喪失してしまった一首である。


○  瓦礫にはブルーシートが被せられ聖火リレーのカメラ対策  (相馬市)根岸浩一

 三席。
 「臭い物には蓋をしろ」とは、昔からよく言ったものであるが、被災地フクシマに未だに山積している汚染物質を詰めたフレコンバックや瓦礫こそは、この夏にオリンピックを控えた我が国にとっての「臭い物」の最たる物でありましょう。


○  義姉の住むホームの前をひた走るこ度で最後のびわ湖マラソン  (大津市)野本武

 四席。
 「イタチの最後っ屁」とは、よく言ったものであり、湖からの風が激しく、しかも、気温が高くて記録的な期待は出来ないということで、記録狙いのランナーたちからは毛嫌いされていた今年が最後の「びわ湖マラソン」で、これまでは二流以下のランナーと目されていた鈴木健吾 (富士通)選手が、何と驚いたことに、二時間四分五十六秒という日本新記録で優勝しましたが、これまでの日本新記録優勝者ならば貰えてた賞金の一千万円は貰えませんでした!
     この度が最終最後の大会で鈴木選手の日本新記録!


○  高3をもう一度ちゃんとやりたいと色紙に残し卒業をしてゆく  (出雲市)塩田直也

 五席。
 我が国の公教育は今や、取り分けて高等学校に於いてのそれは、その中身の如何を問わず、入った者は必ず出す!、即ち、三年間在籍したならば、出席日数や学習成績の如何を問わずに卒業させる、というシステムに成り果ててしまいましたので、「高3をもう一度ちゃんとやりたいと色紙に」書き残したからとて、所詮、遊び事に過ぎません!

○  公証人が我が遺言を読みあげて「よろしいですね」と2度念を押す  (埼玉県)島村久夫

 六席。
 児孫に遺す遺産が有るとは、何と羨ましい埼玉県民ではありませんか!


○  記憶にない忘れましたとボケすすむ人らが国家の運営をする  (東京都)野上卓

 七席。
 ところで、本作の作者は、「ボケすすむ人らが国家の運営をする」この国で、今年も懲りずに行われた歌会始の儀の予備選歌に、今年もまた懲りずに勤しんだのでありましょうか?


○  ささやかに七歳祝う夕餉にも母はいなくてほほえむ遺影  (亀岡市)俣野右内

 八席。
 「母はいなくてほほえむ遺影」とあるが、「亡母=遺影」なのであり、「ささやかに七歳祝う」宴席には、二人の母が存在しているのである。


○  ぼく二かいいもうと四かいうしろとびかけっこだったらまけないのにな  (蒲郡市)みやしたせな

 末席。
 「うしろとび」で妹さんに負けちゃって悔し紛れに負け惜しみを言ってるのは、蒲郡市にお住まいのみやしたせな君である。
 でも、お兄ちゃんのくせに、「うしろとび」であろうが「かけっこ」であろうが妹なんかに負けたしてはいけませんよ!
 みやしたせな君よ!
 あんたは、スマホやタブレットをポケットに入れて国際ビジネス戦線に雄飛して、天皇陛下や彼の姪御さんご夫婦(海の王子ご夫妻)の醜の御楯とならなければならない日本男児なんですからね!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

鳥羽散歩

Author:鳥羽散歩
卑しくも<詩歌ブログ>を名乗る以上は、イラストやカラー写真で以て読者に取り入ろうとしてはなりません。ましてや、田舎町の安手のレストランで食べた料理のカラー写真で以て読者を幻惑させようとするのは論外です!当ブログは、カラー写真やイラストの類の夾雑物は一切無しの<詩歌ブログ>です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

短歌 (869)
俳句 (339)
随想 (25)
詩 (8)
川柳 (18)
「朝日新聞」を読む (6)
昨日のトピック (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

designed by たけやん