FC2ブログ

詩歌句誌面

読解なくして論評あらず。

「今週の『朝日歌壇』」より   閉店に間近き時刻になりぬれば50パー引きで筋子など売る

     馬場あき子選

○  海近き寺に住する僧の吾はしばしば魚を貰ひてさばく  (三原市)岡田独甫

 馬場選の首席。
 つい、うっかり、「生臭坊主め!、しかし貰う者も貰う者だが、呉れる方も呉れる方だ!」と口に出したくなるが、選者の馬場あき子氏が「寺に地元の産物を贈るのはきわめて当然の人情なのだ。第一首の御住職の生を養う魚捌きも許されるのではないか」と選評にて仰るのも当然の人情でありましょう。
 馬場あき子作に「一尺の雷魚を裂きて冷冷と夜のくりやに水流すなり」(『早笛』所収)という名歌在り。
     スーパーに間近き辺りに住み居れば三割引きの刺身など買う  鳥羽散歩
     閉店に間近き時刻になりぬれば50パー引きで筋子など売る


○  大雨に耐へ抜きつひに収穫の蜜透き通る上田の林檎  (さいたま市)齋藤紀子

 「上田の林檎」と言えば、長野県産の林檎!
 林檎の本場は青森県!
 いや、百歩譲って記せば、秋田県横手市の醍醐地区産の林檎もなかなか美味しい!
 作者は、「蜜透き通る上田の林檎」などと仰るが、そもそも、蜜の有無は林檎の美味しさとは殆ど関りがありません。
     そのかみの醍醐村字明澤の<葉取らずふじ>の美味しさ抜群  鳥羽散歩
     明澤の田中文子の作りたる<葉とらずふじ>を食べてみたんせ


○  箸渡し骨拾ひする平和ありジャングルに消えし戦死の父よ  (福島県伊達市)佐藤茂

 作中の「箸渡し」とは、「拾骨の作法で、骨上げの際に箸でつまんだ遺骨を、順に渡して骨壺に収めること」である。
 また、拾骨の作法の一つに、「二人同時に一つの骨を箸でつまむようにして行うこと」もあり、「男女でペアになり、男性が左を、女性が右を同時に拾い上げるという方法もあるなど、地方によってさまざまであり、宗旨宗派によっては、火葬場職員に任せて、箸渡しを行わないこと」もあるとか!
 第二次世界大戦時に、南国のジャングルで死んだ父を失った作者は、それから七十余年過ぎた今日、「箸渡し」で死者の遺骨を拾う作法に平和を感じているのでありましょう。
     骨上げを待つ間ギター奏でしは父の部隊の曹長なりき  鳥羽散歩


○  風のなか母に似た木が立っているゆがんだ幹をそのまま見せて  (丸亀市)金倉かおる

 「ゆがんだ幹をそのまま見せて」という下の十四音に現実感が感じられる。
    風の中吾に似た凧泳いでる表も裏も隠さず見せて  鳥羽散歩 


○  蟷螂がこんな所に卵産む明日は燃やす茄子の小枝に  (伊賀市)秋田彦子

 「明日は燃やす茄子の小枝」に「卵」を産む「蟷螂」の生もまた、私たち人間の生と同価値なのである。
     ニワトリがこんな所に卵産む寒天冷ましのぶりき罐の底に  鳥羽散歩

 
○  ちさき手のちさきバケツの木の実たちママと二人に柔らか冬日  (岡山市)曽根ゆうこ 

 「ちさき手のちさきバケツの木の実たち」にとっては、「ママと二人」で「柔らか冬日」を浴びるのが最も楽しきひとときなのでありましょう。
     無数なるバケツの木の実と手を繋ぐママはさぞかし千手観音  鳥羽散歩 


○  老いてなお二つの癌の克服の大志を抱き筋トレに励む  (いわき市)守岡和之

 「老年もなお大志を抱くべし」とか!
     老いてなお妻子抱けば死ねもせず癌克服の秘訣教えて  鳥羽散歩


○  教壇が取り払われて先生が少し小さく見えた寂しさ  (観音寺市)篠原俊則

 教室から「教壇」なる高みを追放するのが、昨今の義務教育現場の流行とか?
     教壇を取り除いても教団が妨げとなる教育現場  鳥羽散歩
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

鳥羽散歩

Author:鳥羽散歩
卑しくも<詩歌ブログ>を名乗る以上は、イラストやカラー写真で以て読者に取り入ろうとしてはなりません。ましてや、田舎町の安手のレストランで食べた料理のカラー写真で以て読者を幻惑させようとするのは論外です!当ブログは、カラー写真やイラストの類の夾雑物は一切無しの<詩歌ブログ>です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

短歌 (869)
俳句 (339)
随想 (25)
詩 (8)
川柳 (18)
「朝日新聞」を読む (6)
昨日のトピック (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

designed by たけやん