FC2ブログ

詩歌句誌面

読解なくして論評あらず。

「今週の『朝日俳壇』」より  武満も音で静寂醸せずに和楽器の力を借りただけ

    高山れおな選

○  冬夕焼け浴びて来し蝶欲しくなる  (埼玉県寄居町)水野勝浩

 選評に「水野さん、原句の上五は<夕焼けを>。蝶=春、夕焼け=夏で季が曖昧なので右の通り改めた。<欲しくなる>に風狂の詩情あり」と在り。明らかに過大評価である。
     七億円含む連番超欲しく貯金叩いて十枚買った  鳥羽散歩


○  冬茜に染まず満月昇りけり  (富士宮市)高橋政光

 冬の西茜空に充分に抗し得るほどの冬月の澄み切った白さへの讃迎でありましょう。
     富士宮焼きそばレシピ不安定にしてなほ且つ高値なりき  鳥羽散歩


○  ツイッター・LINE・インスタ近松忌  (川越市)渡邉隆

 陰暦の十一月二十二日は、三拍子揃った近松門左衛門忌である。
     近松忌虚実皮膜の論深く吾ら如きは近寄り難し  鳥羽散歩


○  凍土を緑に変へる男逝き  (松阪市)石井治

 俳句で中村哲氏への悼句とはまさかとは思ったが、案に相違してその眞逆なり!
     辺野古の海土砂で埋める男逝け!彼の配下の某も逝け!  鳥羽散歩


○  ノヴェンバー静寂は音の結晶体  (宇城市)光永金司

 要するに、平家琵琶と尺八の魅力に降参しただけの事である。

 平曲を未だ超えざるノヴェンバー・ステップス作曲武満徹  鳥羽散歩
 武満も音で静寂醸せずに和楽器の力を借りただけ


○  容赦なき妻の散髪木の葉髪  (広島市)谷脇篤

 細君散髪屋の容赦の無さは、私が人一倍も三倍も知悉して居りまする!
 なにしろ、結婚以後、私は街場の散髪屋に足を運んだ事はありませんからね!
    容赦せず鬚切り落とすやら千切るやら妻の散髪痛くてたまらん  鳥羽散歩


○  顔見世や目玉大きも芸のうち  (北本市)萩原行博

 「目玉大き」こそはまさしく「芸のうち」でありましょう。
     仁左衛門、藤十郎に幸四郎いずれ劣らぬ大顔ばかり  鳥羽散歩


○  メルヘンの小さき入口かまくらに  (玉野市)勝村博

 ○手市のかまくらにはメルヘンもなんかこれっぽっちもありません!
 在るのは、破綻寸前の市財政と「山と川のある町」としての見栄と市民の生活の困窮だけである。
 「寄ってたんせ!お神酒こ飲んでたんせ!」なんちゃって小遣い稼ぎの横手のかまくら  鳥羽散歩


○  語るよに賀状認む一日かな  (大阪市)森本節子

 お歳が然らしむるのでありましょうか?
 斯く申す、私・鳥羽散歩も、祭文を語るが如くにこの拙い文章を認めているのであります。
     パソコンで賀状認むなら良いが喪中理由に賀状は出さぬ  鳥羽散歩
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

鳥羽散歩

Author:鳥羽散歩
卑しくも<詩歌ブログ>を名乗る以上は、イラストやカラー写真で以て読者に取り入ろうとしてはなりません。ましてや、田舎町の安手のレストランで食べた料理のカラー写真で以て読者を幻惑させようとするのは論外です!当ブログは、カラー写真やイラストの類の夾雑物は一切無しの<詩歌ブログ>です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

短歌 (869)
俳句 (339)
随想 (25)
詩 (8)
川柳 (18)
「朝日新聞」を読む (6)
昨日のトピック (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

designed by たけやん