FC2ブログ

詩歌句誌面

読解なくして論評あらず。

今週の「朝日歌壇」より(2020/4/12掲載)  当初から「かねのり」と読むと知つてゐた!彼は著名な学者であるから!  「梨子らしい短歌を詠め!」と叱咤する馬場先生と高野先生!

     馬場あき子選

〇  5センチのヒールと地図に戸惑って就活初日私らしい日  (富山市)松田梨子

 「私らしい」とは何なのか?
 「私らしさ」とは何なのか?
 そもそも「私」とは、どういう存在なのか?
 「私」は如何に在るべきか?
 松田短歌姉妹のお姉さんの松田梨子さんは、「就活」に入るに当たって、もう一度、「私」という事に就いて、じっくりと考えるべきでありましょう!
 「就活初日」に、「5センチのヒールと地図に戸惑」う事が、「私らしい」事なのでありましょうか?
 少女時代よりも下手な短歌を詠む事が「私らしい」事なのでありましょうか?
 否、そうではありません!
 間も無く大学を卒業して、実社会で働こうとしている大人の女性が!
 朝日歌壇に投稿して入選作に選ばれようとする歌詠みが!
 自らの少女時代よりも下手な歌を投稿したりしてはなりません!
 馬場あき子選の次席及び高野公彦選の六席。
     「梨子らしい短歌を詠め!」と叱咤する馬場先生と高野先生!  鳥羽散歩


〇  受験終え無意識に深呼吸する深い呼吸は久しぶりかも  (富山市)松田わこ

 馬場選の五席、及び高野選の九席。
 そうです!
 そうなんですよ!
 「受験終え無意識に深呼吸する」のも、「深い呼吸」をするのも「久しぶりかも」知れませんが、私・鳥羽散歩が、松田短歌姉妹の揃い踏みに出会うのも「久しぶり」なのかも知れませんよ!
     久しぶり!入試合格おめでとう!入学したのはどちらの大学?  鳥羽散歩


〇  廃炉には冥くて遠しと憂ひ詠む科学者歌人兼位(かねのり)氏逝く  (武蔵野市)三井一夫

 八席。
 「原発の燃料デブリに触れ初めたり冥くて遠き廃炉への道」は、この度ご逝去された、名古屋市にお住いの諏訪兼位さん作の、朝日歌壇の<高野・馬場・佐佐木の三選者・共選>の、入選作である!
 諏訪兼位さんのご逝去に取材した作品は、彼・諏訪さんが、著名な地球物理学者であり、朝日歌壇の入選常連歌人であったが故に、そのご逝去に当って、それを取材した作品が数多、朝日歌壇に投稿されたものと思われ、今回の入選作としては、掲出の三井一夫さん作、及び、永田和宏選の末席入選作の!即ち、埼玉県所沢市にお住いの横田富江さん作の「かねのりとお読みするんですね初めて知りし死亡欄に」が、本日付けの朝日新聞・朝刊の紙面に掲載されている。
     当初から「かねのり」と読むと知つてゐた!彼は著名な学者であるから!  鳥羽散歩
スポンサーサイト



コメント

追悼諏訪先生

科学者歌人の諏訪先生は奈良の直木先生と共に朝日歌壇の重鎮でおられた。私の先輩科学者からも「鉱物は群れてひとつの岩つくる賀川豊彦が愛でし岩石学」〈近藤芳美選1994〉は岩石学の業績につながる『岩石はどうしてできたか…岩波新書』の末尾に触れられた賀川豊彦の紹介文と合わせ読むべしと勧められました。私は諏訪先生のときに硬派な〔岩石学だけに)またときに軽妙な歌境を愛惜してやみません。松田姉妹・山添ファミリーの只事歌でジュニア短歌持て囃され気味の朝日歌壇に厳しい選歌眼に堪え読者を納得させるシニアの歌をと願うのは私一人でしょうか。すこし偉そうに書きましたな。ご容赦を。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

鳥羽散歩

Author:鳥羽散歩
自己紹介を要するほどの存在ではありません。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

短歌 (648)
俳句 (233)
随想 (11)
詩 (8)
川柳 (18)
「朝日新聞」を読む (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

designed by たけやん