FC2ブログ

詩歌句誌面

読解なくして論評あらず。

今週の「朝日俳壇」より(2020/8/2掲載)

     大串章選

○   岩魚釣る鱒二龍太のよき日かな

 去る七月十日は井伏鱒二忌であり、飯田龍太の誕生日であった。
 井伏鱒二は、平成五年七月十日に、荻窪自宅近くの東京衛生病院で肺炎のため死去。享年九十五歳。
 「翌々日の七月十二日に、天沼教会で密葬が行なわれ、龍太はこれに参列している」との事である。
 「井伏鱒二と飯田龍太との付き合いは深くて長く、釣り好きの井伏の川釣りには、飯田龍太がしばしば同行した」との事である。

『逸題』  井伏鱒二

     今宵は仲秋名月
     初恋を偲ぶ夜
     われら万障くりあわせ
     よしの屋で独り酒をのむ

     春さん蛸のぶつ切りをくれえ
     それも塩でくれえ
     酒はあついのがよい
     それから枝豆を一皿

     ああ 蛸のぶつ切りは臍みたいだ
     われら先づ腰かけに坐りなほし
     静かに酒をつぐ
     枝豆から湯気が立つ

     今宵は仲秋名月
     初恋を偲ぶ夜
     われら万障くりあわせ
     よしの屋で独り酒をのむ


『緑蔭』  井伏鱒二   

     池の水ぎはの立札に
     「この池に投石すべからず―当寺住職謹言」
     と書いてある

     ところが池に石を投げこむと
     どぶんといふ音がする
     もう一つ投げこむと
     どぶんといふ音がする
     何か薀蓄ありげな音ではないか
     もう一つ投げこむと
     これまた奥妙なる音ではないか

     もう一つ大きな石を投げこむと
     がらりと庫裏の障子をあけ
     「こら待て、くせもの」
     老僧が帯をしめながら
     おつとり刀の格好でとび出して来た


『寒夜母を思ふ』  井伏鱒二

     今日ふるさとの母者から
     ちよつといいものを送つて来た
     百両のカハセを送つて来た
     ひといきつけるといふものだらう

     ところが母者は手紙で申さるる
     お前このごろ横着に候
     これをしみじみ御覧ありたしと
     私の六つのときの写真を送って来た

     私は四十すぎたおやぢである
     古ぼけた写真に用はない
     私は夜ふけて原稿かくのが商売だ
     写真などよりドテラがいい

     私は着たきりの着たきり雀
     襟垢は首にひんやりとする
     それで机の前に坐るにも
     かうして前こごみに坐ります

     今宵は零下何度の寒さだらう
     ペンのインクも凍りついた
     鼻水ばかり流れ出る
     それでも詩を書く痩せ我慢

     母者は手紙で申さるる
     お前の痩せ我慢は無駄ごとだ
     小説など何の益にか相成るや
     田舎に帰れよと申さるる

     母者は性来ぐちつぽい
     私を横着者だと申さるる
     私に山をば愛せと申さるる
     土地をば愛せと申さるる
     祖先を崇めよと申さるる

     母者は性来しわんばう
     私に積立貯金せよと申さるる
     お祖師様を拝めと申さるる
     悲しきかなや母者びと


『紙凧』  井伏鱒二

     私の心の大空に舞ひあがる
     はるかなる紙凧 一つ
     舞ひあがれ舞ひあがれ
     私の心の大空たかく舞ひあがれ


○  白梅のあと紅梅の深空あり     飯田龍太
○  なにはともあれ山に雨山は春
○  千里より一里が遠き春の闇
○  黒服の春暑き列上野出づ
○  ふるさとの坂八方に春の嶺
○  入学児脱ぎちらしたる汗稚く
○  いきいきと三月生る雲の奥
○  春の鳶寄りわかれては高みつつ
○  夕されば春の雲みつ母の里
○  嶺暸かに初夏の市民ゆく
○  かたつむり甲斐も信濃も雨の中
○  抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 
○  子の皿に塩ふる音もみどりの夜
○  どの子にも涼しく風の吹く日かな
○  炎天の巌の裸子やはらかし
○  毒茸月薄目して見てゐたり
○  黒揚羽九月の樹間透きとほり
○  鰯雲「馬鹿」も畑の餉に居たり
○  新米といふよろこびのかすかなり
○  母が割るかすかながらも林檎の音
○  亡き父の秋夜濡れたる机拭く
○  手が見えて父が落葉の山歩く
○  あをあをと年越す北のうしほかな
○  一月の川一月の谷の中
○  大寒の一戸もかくれなき故郷
○  亡きものはなし冬の星鎖をなせど
○  梅漬の種が真赤ぞ甲斐の冬
○  三伏の闇はるかより露のこゑ
○  元日の掌に鉄管の水ひびく
○  冬の雲生後三日の仔牛立つ
○  冬晴れのとある駅より印度人
○  冬深し巨船ひたすら南溟へ
○  冬耕の父母見下ろしに子が帰る
○  凍光や帰省す尿を大胆に
○  凧ひとつ浮かぶ小さな村の上
○  初夢のなかをわが身の遍路行
○  冬晴れのとある駅より印度人
○  ふるさとはひとりの咳のあとの闇
○  山河はや冬かがやきて位につけり


○   子は明日へ父は昨日へ草矢打つ  (京田辺市)加藤草児

 七席。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

鳥羽散歩

Author:鳥羽散歩
自己紹介を要するほどの存在ではありません。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

短歌 (648)
俳句 (233)
随想 (11)
詩 (8)
川柳 (18)
「朝日新聞」を読む (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

designed by たけやん