FC2ブログ

詩歌句誌面

読解なくして論評あらず。

今週の「朝日俳壇」より(2020/8/2掲載)

     高山れおな選

○   大出水暮し丸ごと流れ行く  (西海市)前田一草

 首席。
 「<暮し丸ごと>というやや商業コピー的な言い回しがここではなんとも痛切」との、選者・高山れおな氏の寸評には感服せざるを得ません。


○   雲の峰衰へもまた凄まじき  (東京都)望月清彦

 次席。
 「それに見入る心、その時間」との、選者・高山れおな氏の寸評は、掲句の魅力の全てを言い尽しているものとと思われる。

○   離れつつ揚がり花火の重なれる  (大阪市)今井文雄

 三席。
 「大らかかつ繊細な写生だ」との、選者・高山れおな氏の寸評には、付け加える言葉もありません。



○   端居して人傷つけぬやう歪む  (船橋市)斉木直哉

 四席。
 「詠まれているのは、一種の消滅願望にちがいない」と迄も断言とは、さすがに高山れおな氏の寸評である。
      他所様を傷付けぬやう振る舞ひて己が心を歪むる勿れ


○   耳元に夏の湖置いて寝る  (下野市)久保田清

 八席。
 「寝苦しい真夏の夜を屋外から聞えて来る湖の音に耳を澄ませて眠る」といった趣旨の一句でありましょう。
 中七「夏の湖」の「夏の」は不要かと思われるが、「夏の」が在る事に因って<夏の句>になっているのである。
      芦ノ湖の水面涼しき夏の夜を黒き卵をあてにし飲まむ


○   不揃いのコップが並ぶ祭の夜  (越谷市)新井高四郎

 九席。
 「不揃いのコップが並ぶ」とは、いかにも埼玉県越谷市の「祭の夜」に相応しい光景である。
     不揃いのコップ幾つも並べ置き祭り見に来るお客に備ふ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

鳥羽散歩

Author:鳥羽散歩
自己紹介を要するほどの存在ではありません。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

短歌 (648)
俳句 (233)
随想 (11)
詩 (8)
川柳 (18)
「朝日新聞」を読む (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

designed by たけやん